2006.11/29 (Wed)

叫び 



ブー(加トちゃん)はお喋り。

しょっちゅうニャーニャーと鳴いている。

何か話しかければ、ちゃんと返事もする。(笑)

しかも、ご飯を用意している時の声はハンパじゃなくデカイ!

「 早くくれ~! 」 と叫びまくっている。

ブー(加トちゃん)一人でもうるさいのだから、

キョウダイと共にいた時は、それはそれは騒音並みにうるさかった。

きっと今頃、ハルキ&アキト(旧:フー&ウー)は里親様宅で

食事時に騒ぎまくっていることだろう。

里親様、耳栓送りましょうか?(笑)




ブー(加トちゃん) : 「 ボクはお喋りじゃなく、話好き 」
2006_1129_1.jpg






「 鳴き声がうるさい子はイヤ! 」

そういう方もいるだろう。

しかし、保護ハハはブー(加トちゃん)の鳴き声が愛おしい。

なぜなら、その声こそが、

ブー(加トちゃん)達キョウダイの 「 生 」 の叫びだから。

その鳴き声がなければ、鬱蒼とした茂みの奥深くに捨てられた

こぶたトリオの存在に気付くことはなかった。

そこは決して人が近づかない、そして入って行かない場所。

敢えてそこを捨て場所として選んだ元飼い主の目的はただ一つ。





こぶたトリオを殺すこと。





しかし、こぶたトリオは力の限りに叫んだ。

「 ボク達はここにいる! 」 「 生きたい! 」 と。

そのこぶたトリオの必死の叫びが、

たまたまいつもとは違うコースを先住犬と散歩していた

保護ハハご一行様(笑)の耳にかすかに聞こえてきた。

それも、朝5時台という早い時間だったからこそ。

もう少し遅い時間だったら、近くの道路の交通量が増し、

車の走行音にかき消されて聞こえなかったはず。

いろいろな偶然が重なって、こぶたトリオを無事保護できた。

もし、気付かなければ・・・・・それは正直考えたくない。




無事に保護したこぶたトリオを家に連れ帰って愕然とした。

なぜなら、足元がおぼつかない乳飲み子だったから。

こぶたトリオの鳴き声は、とても乳飲み子とは思えない力強さだった。

恐らく、あらん限りの力を振り絞って必死に叫んでいたのだろう。

こぶたトリオがいかに必死に 「 生 」 を望んでいたか、

想像に難くない。

しかし、悲しいことにその叫びは元飼い主の心には届かなかった。





こぶたトリオの内、ハルキ&アキト(旧:フー&ウー)は

その 「 生 」 への力強い叫び、願いの全てを受け止めてくれる

素敵な里親様に巡り会えた。

後は、ブー(加トちゃん)だけ。

ブー(加トちゃん)の力強い叫びを受け止めてくれる里親様は

今どこにいるのだろう?





ではでは、ブー(加トちゃん)の鳴き声を動画でご堪能下さい。

一応解説しておくと。

網戸に登ろうと思いっきりジャンプしたものの、普通の窓ガラスだった

ため思いっきりコケまくり、「 登れないニャ~ 」 と鳴くブー。(笑)






スポンサーサイト
Edit  |  21:30 |  保護ニャン ブー&フー&ウー  | コメント(2) | Top↑

Comment

ブーちゃんの鳴き声 わくわくしながら 拝聴しました。鳴きながら 保護ハハさんの方に 「だめだったよ~ 」って 戻ってきてるようで かわいいですねー。
里親掲示板で いっぱいいる猫ちゃんの 写真拝見しますが 更新されて 新しく登場しても やっぱり ブーちゃんは目をひきますね。ちがう写真でも目にとまってしまう。ブーちゃんの なんともいえない顔立ちのせいかもしれないけど ほんとになんとも愛嬌がある。うーん。はやく ブーちゃんの里親さんになる方との出会いがありますように。きっとブーちゃんの里親さんになる方も まずは保護ハハさんの撮った写真で 縁がつながるでしょうからね。ブーちゃんの嫁ぎ先?が決まったら こうして ブログで保護ハハさんのブーちゃん日記 写真、動画が見られなくなるのかと思うと ちょっとさびしいような 複雑な気持ちも持ちつつ・・・出会いのそのときまで ブーちゃんの毎日 楽しみに拝見しながら 応援しています。写真撮影 ビデオ撮影 がんばってください。(^-^)/ 
ゆき |  2006年11月30日(木) 05:46 | URL 【コメント編集】

>ゆきさん
ブーの妖しい(?)魅力に引き込まれてますね。(笑)
何だか不思議な魅力がある子ですよね、ブーって。
間違っても美形じゃないのに。(爆)
ブーが素敵な里親さんの元へ行くまで、精一杯ブーの姿を紹介していきます。
楽しみにしていて下さい。
soratara(管理人) |  2006年12月01日(金) 23:27 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME |