--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.06/30 (Mon)

命の責任 



今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。

収容部屋を見学してきましたのでご紹介します。



【 1日目の部屋 】


捕獲トラックが戻っていなかったので収容犬はいませんでした。




【 2日目の部屋 】


7月3日収容期限の子たちです。



2008_0630_1.jpg




2008_0630_2.jpg




この部屋の子たちは皆、大人しくじーっとこちらを見つめていました。

首輪をしていない子の方が多かったのですが、人馴れはしているので

飼われていたのは間違いないでしょう。





【 3日目の部屋 】


7月2日収容期限の子です。



2008_0630_3.jpg




必死にこちらに向かってアピールする元気のいい黒ラブが1頭だけいました。





【 4日目の部屋 】


7月1日収容期限の子たちです。



2008_0630_4.jpg




2頭収容されていました。

エサ箱に入っている子は、もしかしたら一般譲渡希望の方に引き出して

もらえるかもしれないそうです。

何とか命が繋がってほしいです。




【 最終日の部屋 】


明日(7月1日)には殺処分となる子たちです。



2008_0630_5.jpg




2008_0630_6.jpg





恐らくキョウダイと思われるビーグル系MIX(?)
2008_0630_7.jpg





この子は飼い主にブラッシングしてもらったことはあるのでしょうか?
2008_0630_8.jpg





毛色の感じが、我が家から巣立った点(旧:テン)を彷彿とさせる・・・
2008_0630_9.jpg
後ろの子はもう諦めてしまっているのか、こちらを一切見ようともせず





お乳が大きいラブMIX(?)
2008_0630_10.jpg





飼い主に見捨てられてセンターに持ち込まれたダルメシアン
2008_0630_11.jpg
こんなにキレイな子なのに・・・






最終日の部屋だけ動画を撮ってきました。










千葉県動物愛護センターでは感染症発症の危険があるため、

引き出すには最低2週間の検疫期間を設けています。

その期間を無事に乗り切ればセンターを出て第二の犬生を歩む道が拓かれます。

その検疫部屋も見学しました。



それぞれ一般譲渡で引き出し予定のゴールデンMIX(?)
2008_0630_12.jpg




2008_0630_13.jpg




あとちょっとで新しい飼い主さんが迎えに来るからね。

輝かしい第二の犬生が始まるからね。

それまで頑張ろうね。




2008_0630_14.jpg




センター譲渡会用の子犬たちです。

この場所で生き残らないことには譲渡会には出られません。

何としても頑張るんだぞ!





先日センターを訪れた際、老犬に寄り添ったり、エサ箱で寄り添っていた

生後2~3ヶ月齢の子犬達。











この子たちは運良く検疫にかけられました。

しかし

残念ながら1頭を残し、皆パルボで亡くなったそうです。

その残った1頭が、この子!




2008_0630_15.jpg




子犬らしく丸々として、とても元気でした。

亡くなった子たちの分まで頑張って生き抜くんだぞっ!!





今回、たくさんの子犬がパルボで亡くなる現実を目の当たりにしました。

千葉県動物愛護センターでは、収容される子たちが絶えることは

1日たりともありません。

常に収容犬がいる状態では、当然のように消毒・殺菌は徹底できません。

だから、感染症を発症して命を落としてしまうのはセンターの責任なのか?



いいえ、全く違います!



なぜそんなにたくさんの子犬たちが、そして体力の弱い子犬たちが

センターに収容されなければならなかったのか?

飼い主が飼い犬に避妊・去勢手術を施し、不幸な命を生み出さなければ、

そして無責任にその命を放り出さなければ、

センターで命を落とす子など存在しないはずなのです。





全ては飼い主の無責任のせい・・・





この根本的な問題を見誤ってはいけない。

無念にも未来を奪われた多くの命を目の前にして、心から強くそう思います。





スポンサーサイト
Edit  |  23:30 |  動物愛護センター  | コメント(4) | Top↑

Comment

いつも読み逃げでごめんなさい。初めてコメントします。

満月さん、ぷりんママさんの手を経て、センターからディアナをうちの子にしました。
センターレポの記事、満月さんのURLといっしょに紹介させていただいてよろしいでしょうか?

わたしは、もうこれ以上は保護も預かりも無理なので、こんなことくらいしかできません。
大してお役に立てないかもしれませんが・・・。
猫の手 |  2008年07月02日(水) 12:13 | URL 【コメント編集】

>猫の手さん
初めまして。 書き込みをありがとうございます。
ディアナちゃんには、センター収容時に会っています。
幸せになってくれて本当に嬉しいです!

センター・レポはリンクして下さって結構です。
一人でも多くの方に、この現実を知って頂きたいので。
よろしくお願いします。
soratara@管理人 |  2008年07月02日(水) 21:21 | URL 【コメント編集】

少し前にセンターに行く前に泣きのコメントを入れて
sorataraさんに励ましていただきました、ぽちです。
お陰さまで、ゴールデンミックスちゃんを4日に我が家の子に迎え入れる事が出来ました。
やんちゃっ子を発揮して、先住猫たちを脅かしています。
センターに行けたこと、怖かったけどいい勉強になりました。どうもありがとうございました。
落ち着いたら、一時預かりも考えたいと思います。

一匹でも多くの子の命が救われますように。。。。
ぽち |  2008年07月06日(日) 11:41 | URL 【コメント編集】

>ぽちさん
ワンちゃんを無事に引き出せたんですね!
本当に良かったです。

>やんちゃっ子を発揮して、先住猫たちを脅かしています。
やはり・・・(笑)
センターで会った時も、私達の方へ行こうと繋がれているケース(?)を
もの凄い力で引っ張っていました。
一時体調を崩したと聞いていたので心配していたのですが、
それを見て安心しましたから(笑)
これからは幸せな犬生の始まりですね。
楽しい毎日が送れることを祈っています。
soratara@管理人 |  2008年07月06日(日) 21:49 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。