2008.06/19 (Thu)

センターへ行ってきました 



今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。

収容部屋を見学させて頂きましたのでご紹介します。




【 1日目の部屋 】


6月25日収容期限の子です



2008_0619_1.jpg




今朝早くに戻って来た捕獲トラックにたった1頭だけ入っていた子です。

ずっと怯えていて目を合わせようともしませんでした。

たった1頭で見知らぬ場所に収容されている恐怖はいかばかりか。





【 2日目の部屋 】


6月24日収容期限の子たちです。



2008_0619_2.jpg




今日は全体的に大人しい子が多かったです。

ラブ(ラブMIX?)は、ただひたすらじーっとこちらを見つめていました。

「 私をここから出して下さい 」

無言でありながら、祈りにも似た力強い思い、願いををヒシヒシと感じました。




2008_0619_3.jpg



ムクムクした可愛いキョウダイ子犬の姿もあります。

果たして子犬たちは自分達が置かれている状況を理解しているのでしょうか?




【 3日目の部屋 】


6月23日収容期限の子たちです。



2008_0619_4.jpg




キョウダイと思われる幼犬3頭がいました。(写真では2頭だけ)

なぜキョウダイ揃って収容されているのでしょうか?

室内飼育、あるいは外飼いであってもキチンと係留していれば

キョウダイ揃って捕獲されるような状況は起こらないはずです。

飼い主の意識の低さが現れています。




2008_0619_5.jpg




どの子も悲しい表情をしています。

センターに収容されていなければ、輝くような笑顔が見られるはずなのに・・・





2008_0619_6.jpg




しっかりと首輪が着いている子たち。

部屋の隅でひたすら飼い主が迎えに来るのを待っています。




【 4日目の部屋 】


6月20日収容期限の子たちです。



2008_0619_7.jpg




真ん中で横たわっているのは老犬です。

もう動く体力が残っていないのでしょうか?

その老犬の温もりを確かめるように寄り添う子犬たち。

今日収容されていた成犬たちは皆、子犬が寄り添ってきても嫌な顔ひとつしない

とても良い子たちばかりでした。

それが余計に辛く・・・




2008_0619_8.jpg




人間の温もりを求めるように足元に寄ってきた子犬。

この子の目が私たちに必死に訴えかけています。

この子の声が、叫びが、あなたには聞こえませんか?




2008_0619_9.jpg




エサ箱で身を寄せ合い、お互いの温もりを確かめ合う子犬たち。




2008_0619_10.jpg




この子は子犬だった昨年、センターの譲渡会で飼い主が決まった子です。

しかし・・・

その飼い主は、この子が手に負えなくなったからとセンターに戻しました。

手に負えなくなったのは犬の責任ですか?

いいえ、間違いなくキチンと躾を入れられなかった飼い主の責任です!

それなのに、なぜワンコが死ななくてはならないのでしょうか?

こういう人間に犬猫を譲渡しないよう、もっと審査を厳しくしなければなりません。

命に最期まで責任を持つ “ 終生飼養 ” を徹底させなければ!

譲渡の際の審査については、ボランティア側もお手伝いできる事だと思いますので、

センターに働きかけていきたいと思っています。




【 最終日の部屋 】


明日(6月20日)には殺処分となる子たちです。



2008_0619_11.jpg




大型犬1頭とキョウダイと思われる2頭がいました。

大型犬は、もう1頭の大型犬と共に同じ飼い主が飼っていたようですが、

なぜか揃って収容されました。

もう1頭の大型犬は一般の方が譲渡を希望しているらしく検疫中でした。

でも、この部屋に残った大型犬は明日には殺処分・・・

皮肉にもはっきりと明暗が分かれてしまいました。




2008_0619_12.jpg




キョウダイと思われるソックリな2頭。

左側が男の子で、右側が女の子です。

女の子の方は出産間近という大きなお腹をしていました。

今日はなぜか飼い主が揃って飼育放棄(?)したようなキョウダイ犬たちが

とても多かった気がします。

千葉県は飼い主の意識があまりに低すぎます。

何とかこの意識を上げていかなければ!





今日もたくさんの子たちが収容されていました。

それぞれの子たちに、それぞれの悲痛な心の叫びがありました。

センターへ行く度に写真などでセンターの状況をお伝えしていますが、

その心の叫びは伝えきれません。

やはり実際に目の当たりにしなければ!




皆さんには是非とも実際にセンターへ足を運んで頂き、

皆さんの感性で収容されている子たちの心の叫びを受け止めてもらいたい!

それが私の切なる願いです。

これは、私が最初にセンターを訪れた時からの変わらぬ想いです。

その時の記事は、コチラ




一年365日。

非常に残念なことですが、千葉県動物愛護センターで収容犬が途絶えることは

1日たりともありません。

そんな一年365日の内の1日、いえ数時間で結構です。

センターに収容されている子たちのために時間を割いて頂けないでしょうか?

人間に裏切られてもなお、必死に “ 今 ” を生きている子たち。

その生を、確かにこの世に存在する眩いばかりの命の輝き。

それをしっかりと目に焼き付けて頂けないでしょうか?

無念にも人知れず消えていく彼らのために・・・





あなたが勇気を出して踏み出したその小さな一歩が、

未来への大きな一歩へと繋がる。

私はそう思います。




スポンサーサイト
Edit  |  23:55 |  動物愛護センター  | コメント(10) | Top↑

Comment

痛い・・・。正直自信が全くありません。
私の住む県に最近立派な動物愛護センターができました。
一度センターに見学に行かなければ・・あの施設ができたら
行こう。去年そう思っていました。もうオープンしているのですが・・。
先延ばしにしている自分がいます。
みんな助けたいのに今の私には1頭すら保護することも出来ない。
なのに見学にだけ行ってどうする?
センターのことはいろんな人のブログで見たし・・。

今日はそんな気持ちを見透かされたような気がしました。
センターに見学のこと、問い合わせてみようと思います。
ぁ~書いちゃった(汗)

ぴくまま |  2008年06月20日(金) 09:49 | URL 【コメント編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008年06月20日(金) 17:47 |  【コメント編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008年06月20日(金) 21:16 |  【コメント編集】

>ぴくままさん
自信なんて私にも全くありませんよ(笑)

保護できないからセンターには行かない

そう思っている方は多いようですが、それは大きな間違いです。
センターを見学している間だけでもいいから
あの子たちの飼い主になってくれればそれで十分です。
人間に裏切られたまま、無視されたまま、その存在を否定されたまま
あの子たちを死に追いやるのはあまりに酷すぎます。
その生が意味あるものだったと、無駄死に、犬死ににはさせないと
伝えてやって下さい。
あの子たちの魂が少しは救われる気がします。
気休めかもしれないけど・・・

ぴくままさんの勇気を応援しています!
soratara@管理人 |  2008年06月20日(金) 22:09 | URL 【コメント編集】

>6/20 17:47の鍵コメさん
初めまして。 書き込みを有り難うございます。
鍵コメさんの行動が、勇気がとても嬉しいです!
最初は怖くて当然です。 私もそうでしたから。
でも、それ以上に怖い思いをしているのがセンターに収容されている子たちです。
勇気を出して一歩前へ進むことで、何かが変わるかもしれません。
何もしなければ何も変わりません。
鍵コメさんの勇気を精一杯応援させて頂きます。

ニャンコは・・・幸か不幸か最近は保護していません。
でも、仔猫の時期の今は、毎日散歩へ行くとドキドキしています。
ニャンコハンターのタラが活躍することのないよう祈るばかりです(笑)
soratara@管理人 |  2008年06月20日(金) 22:16 | URL 【コメント編集】

>6/20 21:16の鍵コメさん
人間は自分で人生の進むべき道を選べますが、
ワンコは選べない。
ワンコは飼い主次第で幸せにも不幸にもなる。
何ともやりきれません。

雑種を見下す人間の低脳ぶりはバカとしか言いようがありませんね。
(ぶっちゃけすぎ(笑))
雑種だろうと純血種だろうと、ただの“犬”。
金持ちだろうと貧乏だろうと、ただの“人間”。
それだけです。 上も下もありません。
鍵コメさんの仰る通り、姿形ではなく、どういう生活を送るのかという
中味を重要視してほしいですね。
そういう人間が増えるのはいつになることやら・・・

宝くじが当たるよう強力な念を送っておきます(笑)
当たれ~~~~~~~!!!
soratara@管理人 |  2008年06月20日(金) 22:27 | URL 【コメント編集】

あまりセンターの子達を見て、もう涙もでなくなりましたが
餌入れの上で坐っている子犬たちを見たら、泣けました。
私のブログでアップしていいですか?

千葉もまだまだ多いですね。
うちは、福岡ですが、まだまだ先は長いです。。
ニタコ |  2008年06月21日(土) 23:17 | URL 【コメント編集】

>ニタコさん
初めまして。 書き込みを有り難うございます。
写真はどうぞお使い下さい。

千葉も福岡もまだまだですね。
というより、日本全国でセンターが本当の意味での“愛護センター”の
働きをしている所は少ないでしょう。
非常に悲しいことですが。
先は長くとも前に進んで行くしかありませんね。
soratara@管理人 |  2008年06月22日(日) 20:19 | URL 【コメント編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008年06月24日(火) 19:30 |  【コメント編集】

>6/24 19:30の鍵コメさん
鍵コメさんの勇気が、決断がとても嬉しいです。
でも、心配ですね。
鍵コメさんの祈りが届くことを願っています。
私も強力な念を送りまくっておきます。 ききますよ~!(笑)

1頭だけと仰いますが、ゼロと1は大きく違います。
勇気を出して大きな一歩を踏み出した鍵コメさんを尊敬します。
私も鍵コメさんから勇気を頂きました。
ありがとうございます!
soratara@管理人 |  2008年06月24日(火) 23:13 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME |