2008.01/08 (Tue)

今更だけど・・・ 



放送後、多くのワンコblogで紹介されていて、当ブログを見に来る方たちはもう既に

それらを見て知っているだろうから敢えて紹介しなかったんだけど。

最近、ワンコ関係のブログはココしか見ていないという大変に奇特な方と会い・・・

え、え~っと・・・・・(汗)

当ブログよりも面白いワンコblogは他にも沢山あるんだからもっと視野を広げようよ。(笑)





まぁそんなことがあったので、「 もしかして他にもそういう方がいるのかな? 」 と思い、

こりゃイカン!ってことで今更ですがご紹介します。

2007年10月4日、日本テレビ系列の 「 スッキリ!! 」で放送された

現在の犬猫の殺処分の現状です。 ( 動画は二つに分かれてます )

是非とも多くの方に知ってほしい今の現実です。

















この動画を見て、何かを感じましたか?

これは誇れる現実ですか?

ここにあかるい未来はありますか?






この動画に映っている動物愛護センターは、恐らく一ヶ所ではない。

何ヶ所かのセンターに取材している。

名前を出してないから言っちゃいけないのかもしれないけど、私がいつも行っている

千葉県動物愛護センターも含まれていた。  担当の職員さんも映っている。





個人的には 「 無知は罪 」 だと思っている。

だから、どんなに悲惨だろうが辛かろうが、センターの今の現状は 「 事実は事実 」

として公開するべきだし、そして人間はそれを知るべきだと考えている。

しかし、現実には収容施設を一般公開していないセンターもあるようで・・・

そんな中、この取材を受けてくれたセンターの方々には心から感謝したい。

全ては 「 知ること 」 から始まるから。

そして、何の罪も無い犬猫を殺処分するという大罪を犯している人間は、

「 無知 」 「 無視 」 「 無関心 」 という罪を重ねないでほしいとも願っている。





スポンサーサイト
Edit  |  23:05 |  ひとりごと  | コメント(10) | Top↑

Comment

こうした放送があったことを知らなかったので、改めて掲示していただき、見せていただくことができたことを感謝しています。胸が詰まる思いで見ました。飼い主自らがこうした場所に連れて行くのだという現実に驚きました。道に捨てられたり、迷子になった犬や野良犬が保護されるのだと思っていました。そうした飼い主は、自分が一緒に過ごした犬や猫がどんな最期を迎えるのか知りつつ、そういう選択をするのでしょうか。もちろん、人それぞれいろいろな事情を抱えているとは思いますが、簡単な理由や決断でそうした道を選ぶことには抵抗を覚えます。<また今度飼う時は・・・>次に飼う時??その猫の、犬の命はひとつです。センターの方々もお辛いと思います。処分される犬猫の数が減ってきているという事実には少し安心しましたが、何十万という数はやはり尋常ではないと思います。よく心に留めておきます。ありがとうございました。
たみゅ |  2008年01月08日(火) 23:44 | URL 【コメント編集】

センターにはもう随分行っていないので、行くのが怖くなりました。
収容頭数を見ても相変らず多いし、、、
簡単に変えることの出来ない現実を、また改めて感じますね。
チロママ |  2008年01月09日(水) 08:12 | URL 【コメント編集】

いつも買い物に行くスーパー内にペットショップがあり、
常に人だかりが出来ています。それを見ると胸が苦しくなります。
純血種を買うのが悪い。と言うわけではないのですが、他にも
家族として犬猫をむかえる方法があるんですよ。とその場にいる
人たちに言いたくなります。とにかく、最後まで責任を持って飼う。
その一語に尽きると思います。この特集何度も放送して欲しいですね。
のぐっち |  2008年01月09日(水) 08:48 | URL 【コメント編集】

保護ハハ様、遅れましたがあけましておめでとうございます。

このレポート。
みぞは放送直後に見ました。
何とも不思議な気持ちでしたね。
みぞもセンターへ足を運びますが毎回毎回辛いですね。
今週も1度行く予定になっています。
年末年始にかけて一気に増えましたので。。。
市の方は私ともう一人のボラさんしか引き出しをしていないので。
でもお互い今はムリそうなんです。
何とか少しでも長い期間譲渡犬として保護して貰えるようにお願いに行きます。

「 無知 」 「 無視 」 「 無関心 」
本当に怖いことだと思います。
私は全ての子を救う事が出来るとはまったく思っていません。
それは理想でしかないと割り切っています。
それでも無視は出来ないし、無関心ではいられません。
もっと多くの人が知る機会をつくる事も大切だなと思いながらも今は何も出来ません。
う~ん。。。ジレンマですね。


みぞ |  2008年01月09日(水) 12:17 | URL 【コメント編集】

>たみゅさん
この放送、ご存じなかったんですね。
今更ですが掲載した価値があって良かったです(笑)
飼い主持ち込みの場合、センターでは飼い主に殺処分になることを説明しています。
それでも置いていく・・・
たみゅさんが仰る通り、命に 「 次 」 はない、やり直しは効かないのに。
何ともやり切れないです。
犬猫も人間も命の尊さは同じ
こんなごく当たり前のことを当たり前のこととして根付かせていく必要がありますね。
soratara(管理人) |  2008年01月09日(水) 21:52 | URL 【コメント編集】

>チロママさん
年末から正月にかけて収容頭数が増えてる気がする。
これからますます寒さも厳しくなっていくのに、
冷たいコンクリートの上で心も体も凍えている子たちがいる・・・
本当にやり切れない。
それでも頑張って前に進んでいかなきゃね。
soratara(管理人) |  2008年01月09日(水) 21:58 | URL 【コメント編集】

>のぐっちさん
ペットショップに群がる人たちは、やはり知らないんだと思います。
ペットショップ以外で犬猫を家族として迎える方法を。
だからこそ、その方法を広く伝えていく必要がありますね。
そのためにも、この放送は多くの人の目に触れるゴールデンタイムに放送してほしいです。
何度も再放送するのも効果的ですね。
とにかく「知る」ことが大きな一歩になると思います。
soratara(管理人) |  2008年01月09日(水) 22:09 | URL 【コメント編集】

>みぞさん
市のセンターも年末あたりからいきなり収容頭数が増えましたよね。
特に純血種の小型犬。
あと、親子で収容されるのも目立っていて怒りが・・・
みぞさんも大変でしょうが頑張って下さいね。

私もみぞさんと同じジレンマに陥ってます。
無理をすれば出来ないこともないでしょうが、自分で取れる責任以上の
無理をするのはやはり無責任だとも思いますし。
葛藤しつつも、一歩ずつ前に進んで行くしかないですね。
soratara(管理人) |  2008年01月09日(水) 22:17 | URL 【コメント編集】

こういう放送を見るべき人に限って見ないんだよね。
声高に叫ぶほど耳を塞がれてしまう。
いい啓蒙方法がないかと考えるんだけど、なかなか。。。
すぐにできる緩~い広報活動として、ステラを気に留めてくれた人には里親会の話をしたり、雑種もいいでしょうと見せびらかしてます。
私自身は自分のことでいっぱいいっぱいで預かりをしたら自分が潰れるだろうと想像に難くないので、こんな微力すぎることしかしていないので、ちょっと肩身が狭いですが。

ペットショップで売れ残ってしまった犬を見かねて引き取り、純血種を多頭飼いしている方も近所にいらっしゃいます。
飼育放棄された人気犬種を複数引き取った人は咬まれて傷だらけになりながらも辛抱強く面倒を見ています。
無理せず、できる範囲で、少しづつ、そして状況も良くなっていってほしいですね。
ホシカゲ |  2008年01月09日(水) 22:40 | URL 【コメント編集】

>ホシカゲさん
そうなのよ、見てほしい人に限って 「 見ざる、言わざる、聞かざる 」 なの。
そういう人たちにシッカリと伝えていくにはどうしたらいいのか。
いつも悩んでます。 何か上手い方法はないですかねぇ。

人それぞれキャパが違うんだから、自分に出来る範囲のことをすればいいと思います。
実際、私もそうだし。
そうする人が増えることによって状況は少しずつでも変わっていくはず。
10~20年前に比べれば、やはり状況は変わってきていると思うし。
長いスパンで見る必要があるでしょうね。
せっかちな私にはもどかしくて仕方がないけど、頭の中に常に 「 地道! 」
の文字を掲げて自分に言い聞かせてます。
あぁ、性に合わない(笑)
soratara(管理人) |  2008年01月09日(水) 23:16 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME |