2006.09/30 (Sat)

またしても・・・ 


物言えぬワンコ達が犠牲になっている。

ワンコ達の体、そして心に深く刻み込まれた傷を癒すのに、

一体どれだけの愛情、時間、お金が必要になるのか・・・・・

500頭以上のレスキュー。

正直、気が遠くなるほどの頭数。

関東であれば少しでもお手伝いに行きたいところだが。

さすがに広島は遠すぎる・・・

せめて心ばかりの寄付で協力するしかない。

医療費も物資もかなり不足しているらしい。

ほんの少しの寄付でも、重度の貧血に苦しむワンコ達の点滴代、

骨と皮だけの体に栄養をつけるフード代の足しになるかもしれない。

我が家では要らない毛布類が、ワンコ達の痩せ細った体と心を

温かく包み込む毛布になるかもしれない。





最近、今回のドッグパークやブリーダーの崩壊など、

多頭のレスキューが頻発している気がする。

どの現場も目を背けたくなるほどの惨状。

“ 命 ” を扱う経営者達に思うこと、言いたいことは山ほどある。

しかし、今はとにかく心と体に傷を負ったワンコ達を救うことが先決!

今の私に出来ることは何なのか?

もっとよく考える必要があるかもしれない・・・




広島ドッグパーク崩壊






広島ドッグパークのレスキューを行っている団体(ARK-ANGELS)のHPは、コチラ

ARK-ANGELS 広島支部長さん(しなこさん)のblogは、コチラ

実際のレスキュー状況を知ることが出来ます。



なお、団体HPのトップページにも注意書きがUPされていますが。

今回の広島ドッグパークのレスキューに対する募金を送金する際は、

必ず コチラ で振込口座を確認して下さい。



スポンサーサイト
Edit  |  21:05 |  ひとりごと  | コメント(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME |