2007.09/23 (Sun)

なかよし動物フェスティバル2007 



昨日は千葉県動物愛護センターで開催された 「 なかよし動物フェスティバル2007 」 に

行って来た。



2007_0923_1.jpg




写真にはパラパラとしか人が映ってないけど(笑)、本当はもっとたくさんの来場者がいた。

個人的な感想を言わせてもらえば、予想以上に来場者が多くてビックリ!

それより何より驚いたのが、愛犬を連れてやった来た人がとても多かったこと。

いろいろな動物関係の催し物を開催しているから遊び感覚で来ているんだろうけど。

みんな普段センター内では何が行われているか知っているんだろうか?

正直なところ、行事が開催されていようと何であろうと、

私はそら、タラ、ランには絶対にセンターの門をくぐらせたくない!




センターから保護した子を預かっている時は、お世話になったセンター職員の方に

ピカピカワンコに変身した姿 ( 実物 ) を見てもらいたいという気持ちが強くある。

あるけど・・・・・やっぱり連れて行けない。

保護した子が辛い思いをしたセンター。

たとえ行く目的が違えど、二度とセンターの地を踏ませたくない!

そして、仲間たちの殺処分が行われている場所へそらとタラも絶対に連れて行きたくない!




ラン : 「 地獄には戻らないわよん! 」
2007_0923_2.jpg





せっかく行事を開催していて来場者が多いんだから、収容施設も開放して

みんなに見学してもらえばいいのに、なぜか収容施設には鍵がかかり閉められてた。

この 「 臭いものには蓋 」 的な発想はどうにかならないのかな?

現実は現実として知る必要、知らせる必要があるんだから、闇に光を当てるためにも

センターは開かれた施設であるべきだと私は考えているんだけど・・・・・




外ではいろいろな行事が開催されて、明るい太陽の下、人間も犬も笑顔なんだけど、

収容部屋にいる犬たちは明かりも点いていない暗い闇のような部屋に閉じ込められていた。

同じ敷地内でありながら、まさに 「 光と闇 」 で何とも皮肉な対比。

その闇をしっかりと見つめるべく、閉められている収容施設を開けてもらい、

満月さん
チロママさん達と共に見学してきた。




【 1日目の部屋 】


2007_0923_3.jpg



とっても性格の良さそうなラブMIX(?)がいた。  黄色の首輪をしている。

体もキレイだったから、それほど放浪してないんじゃないかな?

早く飼い主さんが迎えに来てくれるといいんだけど・・・・・




2007_0923_4.jpg




今にも仔犬が生まれそうな大きなお腹をした子が収容されていた。

妊娠したから捨てられてしまったんだろうか?

避妊手術さえすれば済むことなのに・・・・・





【 2日目の部屋 】


茶色い子が1頭だけいて確かに写真を撮ったはずなのに撮れていない。

ごめんよ~!(滝汗) 

でも、何で???





【 3日目の部屋 】 


2007_0923_5.jpg



2007_0923_6.jpg




首輪をしている子がとても多い。

飼い主さん、早く迎えに来て下さい!

「 いつか戻って来る 」 と思っている間にあなたの愛犬は殺処分されてしまいますよ!

センターに収容されたら、命の期限はたった5日間しかないのだから。





【 4日目の部屋 】


収容犬はいませんでした。





【 最終日の部屋 】



2007_0923_7.jpg



2007_0923_8.jpg



2007_0923_9.jpg




収容数が多くてビックリ!  特に仔犬が多いことに驚いた。

センターの収容犬情報に載っていない子もいた。  

千葉県内の殺処分施設のない保健所などに収容されていた犬猫たちは、

収容期限が過ぎると殺処分施設のあるこのセンターへと運ばれてくる。

だから、その子たちが加わっているのかも。

あとは、飼い主持ち込み。  

基本的に飼い主持ち込みの場合は翌日殺処分なので、最終日の部屋に収容される。  





2007_0923_10.jpg




老犬がいた。  首輪をしているので飼われていたのは間違いない。

今まで共に暮らし、楽しいことも、嬉しいことも、悲しいことも全て分かち合ってきたであろう

この子をなぜガス室で苦しませて死なせるのか?

せめて飼い主の腕の中で眠りにつく安楽死という方法を選ぶのが、この子に対する敬意だと

私は思うのだけど。





今回は最終日の部屋だけ動画を撮ってきた。

これが今の現実。

あなたが生きている今この瞬間と同じ時間を分かち合っている子たちの姿。

そして、この子たちは25日(火)午前8時半にはガス室でその命の灯火を消す。

この子たちがどんなに心から望もうとも、もう私達と同じ時間を分かち合うことは許されない。

天寿を全うすることなく、不本意のうちにその “ 生 ” を終える。

恐らくこの動画は、この子たちが “ 生きている ” 最後の姿になる。



この動画を見る見ないはあなたの判断にお任せします。

ただ、私が思うこと。

今の現実から目を逸らすということは、その現実に生きている自分自身をも否定している。

そう思います。









この子たちの叫びはあなたの心に届きましたか?






2007_0923_11.jpg




ランを引き出した時
にも検疫部屋にいたコーギーMIX。

引き出し要請をしたボランティアは、結局この子の吠え声の大きさに引き出しを諦めたらしい。

この子はただ今、預かり先を募集中。

センターから引き出す子は数多くのリスクを抱えている可能性が高い。

そのリスクを背負う覚悟がないのであれば、安易に引き出し要請をすべきではない。

センターは殺処分を目的として作られた施設であるだけに、その施設から出て行くことが

全く考慮されておらず、ただでさえ異常に少ない検疫部屋。

そこが塞がってしまうということは、他に救える命があっても救えなくなってしまうのだから。



ボランティアは引き出し要請をかけた時点から、その子の命に責任を持つ。



これはボランティア側の最低限のモラル!

私はそう考えていたんだけど・・・・・違うのか???

吠え声が大きいからと見捨てられてしまったこのコーギーMIX。

昨日は全く吠えず、大人しい、大人しい。

その代わり、同じ検疫部屋にいたM.ダックスがギャンギャン吠えまくっていた。

何だか皮肉。





2007_0923_12.jpg




この仔犬はただいま検疫中。

元気が良すぎて検疫スペースから脱走し、通路にいる私たちに愛想をふりまきまくり。

とっても可愛いしアピール上手な子なので、センター譲渡会できっと里親さんが見つかる。

絶対に幸せになるんだよ!





2007_0923_13.jpg




この子たちはすでに検疫を終え、子犬舎にいる子たち。  

次回のセンター譲渡会に参加するはず。

毛色も顔も全く違うけど、この子たちはキョウダイらしい。

たぶん生後2ヶ月位じゃないかと思うけど、2頭共と~っても細くて小さい。

譲渡会で素晴らしいご縁があることを祈っているからね。





2007_0923_14.jpg




その子犬舎の目の前にある慰霊碑。

今まで無念のうちに亡くなっていった子たちのために手を合わせてきた。







収容施設を見学しようとセンターの受付で待っていた時、おばさんがやって来て

センター職員と何やら話をしていた。

猫の持ち込みだった。

どうも野良猫にご飯をあげていたらその野良猫が居ついて仔猫を産んでしまったらしい。

センター職員は最初仔猫だけの持ち込みと思って話を聞いていたけど、

実は親猫も一緒に持ち込みと知って驚いたら、



「 だって親猫がいたら、また赤ちゃんを産んじゃうじゃない 」



全く悪びれる様子もなく、ごくフツーに淡々と話すおばさん。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



コイツ、シバキ倒していいですか???

たぶん、その時一緒にその様子を見ていた皆がそう思ったんじゃないかな?

あれっ!?  私だけかな?(汗)




そのおばさんは最初は野良猫が可愛くてご飯をあげていたのだろう。

でも、その野良猫が仔猫を産んだら邪魔者扱いでゴミ同然に捨て、いえ殺す。

おばさんが野良猫にご飯をあげなければ、その野良猫は死んでいたかもしれない。

でも、そうであれば野良猫は仔猫を産まなかった。

おばさんは1匹を助けるつもりが、逆に親猫+仔猫というより多くの命を奪っている。

しかも、そのことに対する罪の意識が全くない。

たぶん何も気付いていないんだろうな。

自分が誰よりも一番残酷なことをしているということを。




罪の意識が無いだけに、このおばさんはきっとまた同じ事を繰り返す。

そして、また多くの猫の命が奪われる。

この悪循環が延々と続く。

暗澹たる気持ちのままセンターを後にした。





スポンサーサイト
Edit  |  13:25 |  動物愛護センター  | コメント(14) | Top↑

Comment

しっかり、見ました

 昨年秋より、主に千葉わんの預かりボラさんたちの
ブログにたどり着き、知らなかった世界に目が開きました。
 ですが、わずかな知人に、存在を紹介するばかり。
 正直、体調のすぐれない日が多い私は、センターリポートの
タウントダウンに画像は、目を閉じてしまいました。
 まさに「臭いものに蓋」で、まぶたを閉じてしまえば見えない。ソラタラママさまは、強い信念をお持ちのすごい方だと、影ながら尊敬しておりました。
 でもやっぱり、ここは、ペット自慢のたのしいばっかりの
愛犬ブログじゃないんですね。
 旧姓ブッチーちゃんのセンターでの写真を拝見してからといいうもの、考えを改めました。>今の現実から目を逸らすということは、その現実に生きている自分自身をも否定している。
 深いところで、グッサときました。

るる |  2007年09月23日(日) 18:34 | URL 【コメント編集】

私はてっきり収容施設も開放するのだと思っていた。
そうでなければ、こんな機会を設けても半分、
いやもっと意味ないじゃん。
なんでこんな人が集まる絶好の機会に開放しないのだろうか。

例えどんな状態であろうと、引き出し要請した子については
必ず引き出さないといけないと私も思う。
そこにどんな事情があろうと。
コズエ |  2007年09月23日(日) 18:37 | URL 【コメント編集】

行きましたよ!

我が家はパパ&2人の子供で行ってきました。(ママは仕事で行けなくて残念でした。)サッチュがいたところを見てこようと・・・。首都高べた込みで1時過ぎてしまったようですが、色々見てきたようです。中は、職員さんに頼んだようですが、忙しいからダメといわれとそうです。
小4の娘はチロママさんを尊敬していて、クラスの小さな発表でも一生懸命千葉わんさんのことを発表しています。先日も里親会のことを伝えていました。  「千里の道も一歩から」   皆さんのまいた種は子供達に伝わっていますので、頑張ってください!
はま&サッチュママ |  2007年09月23日(日) 19:56 | URL 【コメント編集】

・・・。

胸の奥がいろんな思いでしめつけられます。深い悲しみと、どこにもぶつけられないこみあげてくる怒り。助けられない自分の無力さへの怒り、どんな理由があろうとも命を捨てる人間への怒り。この現実を知れば知る程その果てしなさに圧倒されてしまいます。終わりはあるのか・・。
ぴくまま |  2007年09月24日(月) 11:10 | URL 【コメント編集】

これが現実なんですよね

保護ハハ様のセンターレポを見ると、毎回気が引き締まる思いがします。
命に責任を持つ事の重大さ。
この事を楽観視する人間の多いこと多いこと。。。
何故、センターはこの機会に収容施設を公開しないのか?
やはり疑問ですね。
同じ施設内なのに、外には楽しげな家族や犬達が居て、中には明日にも不条理に命を奪われる犬猫が山の様に居る。
この事実を知らせる事が、行政の最大の義務ではないのだろうか?
この子達の命の叫び声が元の飼い主達に届く事は無いのだろうか?
辛すぎる現実を見せたくないから見せないという人間達も同罪の様な気がしてならない。

猫を持ち込んだおばさん。
祟られてしまえ。
保護ハハ様がシバかなくても間違い無く、いい目は見ないでしょう。

私のところにも今、1頭預かりっ子が居ます。
この子も本来なら19日(水)には存在しない命になるところでした。
この子の命に責任を持って素敵なレディになる様に頑張ります。
ランちゃんも保護ハハ様の愛を痛いほど味わって頑張ってね。
みぞ |  2007年09月24日(月) 12:46 | URL 【コメント編集】

ほんとこれが現実

最終日の子の多いことにびっくりしたよ。。
なんでだしてくれないの!?っていってるみたいだった
白いわんこ。力なくしっぽ振ってる子、まだあどけない子犬。
みんな、なーんにも悪いことしてないのに、全部人間のエゴ
の結果だよね。
子供たちにも「ここは、大人が飼えなくなった犬や猫を持ち込んで
殺してもらうところなんだよ」って教えてほしいよ。

猫持込のばばぁ。許せん。
そういう無責任なえさやりには非常に腹が立つ!
まじめに取り組んでいる方ももちろんいるんだけど、ある意味
自己満足でいいことしてる気分を味わって、困ったら持ち込む
って一番罪深いよね。

いつも以上に腹が立っているのは、へその緒つきの子猫を
先週2匹拾ったから。。会社の前の歩道と道路の間ではいずり
回ってたさ・・
捨てられたのか、母猫が道路工事ががんがんに始まって
居場所がなくてつれて来たのか。。
絶対丈夫に育てて、幸せな里親さん見つけちゃる!
ミヨママ |  2007年09月24日(月) 19:27 | URL 【コメント編集】

行かれてたんですね

私も行ってました。
実際にセンターへ行ってみての感想があります。
それは、子供達や一部の大人達は、センターを犬猫の楽園だと勘違いします。持ち込みされたマルチーズが躾け指導のモデルとして出演してましたが、「ここにくれば可愛がられて、あんな良い子にしてもらえる」などと・・・。

それと、保護ハハさん、センターを出る事ができた子供達のピカイチ姿を職員さん達に是非見せてあげてはいかがでしょう?職員さん達の励みになると思います。

私は、「この子はここのセンター出身の子です!!」とケントのことを職員さんに感謝の意を込めて見てもらいました、どうしても見てもらいたかったんです。
「そうですか~」とケントを見た男性職員さんの嬉しそうな表情が印象的でした。
Wendy |  2007年09月24日(月) 22:09 | URL 【コメント編集】

>るるさん
本当は楽しいことばかりのブログにしたいんですけど・・・
残念ながら現実はそうではないのがとても辛いし悲しいですね。
だからと言って目をつぶっていても何も解決にもならないので
まずは知ることから!
そこから何かが変わって大きな力になると思います。
これからも応援をよろしくお願いします。
soratara(管理人) |  2007年09月24日(月) 22:25 | URL 【コメント編集】

>コズエさん
そうなのよ!  今見せないでいつ見せるんだ!って感じ。
ちょっと、いやかなりガッカリな内容だったかな、この行事は。
まぁ、まずはセンターに足を運んでもらうことに意味があるのだろうから
焦らずにやっていくしかないのかも。
しかし、お役所はホントに “ お役所 ” だわ。
ツッコミどころ満載で、私は暴力オンナに変身するところだったよ。(笑)

soratara(管理人) |  2007年09月24日(月) 22:28 | URL 【コメント編集】

>はま&サッチュママさん
初めまして。 書き込みをありがとうございます。
収容施設は半ば無理矢理開けてもらって見学してきました。
オバチャン達の押しの強さには怖いもの無し!です(笑)
チロママさん宅からワンコを迎えられたんですね。 
お嬢様がシッカリと里親制度を理解されていることに希望が持てます。
それもこれも親であるはま&サッチュママさんの教育・しつけの賜物ですね。
世の中の親が皆、はま&サッチュママさんのような方だと良いのですが・・・
soratara(管理人) |  2007年09月24日(月) 22:35 | URL 【コメント編集】

>ぴくままさん
やはりいろいろな感情が心の中で渦巻きますよね。
正直、出口は見えないです。
でも、どこかに出口はあると思って前進するしかないのだと思います。
日々消えていく命のためにも。
soratara(管理人) |  2007年09月24日(月) 22:37 | URL 【コメント編集】

>みぞさん
命に責任を持つ
このごくごく簡単なことをどう伝えていけばいいのか。
正直、今はすごく悩んでます。
それは、猫を持ち込んだおばさんのあまりに平然とした態度を見たから。
か~な~りショックでしたね、あれは。
私達が相手にしなければならないのは、あぁいう人種なのか、と。
もう根本の感覚がまるっきり違うので、糸口が見つからないです。
それでも前に進むしかないのですが。

みぞさん宅にも預かりっ子がいるんですね!
お互いに素敵な里親様と巡り会えるように頑張りましょう!
soratara(管理人) |  2007年09月24日(月) 22:43 | URL 【コメント編集】

>ミヨママさん
ホント、猫を持ち込んだおばさんには腹が立ったのもあるけど
こういう人種にどう教えたらいいだ?って思った。
ご飯をあげた時点でオマエに命の責任があるんだってことを。
でも、それを全然解かってないんだよね。 どうする、コレ???

キャー! へその緒ついてるってまだ生後間もないじゃない!!
でも、ミヨママさんに保護してもらえて本当に良かった・・・
ミヨママさんは神様だぁ~!!!
まだまだ小さいから体調の変化に気が抜けないだろうけど頑張れ!
何か手伝えることがあれば遠慮なく言ってくださいまし。
soratara(管理人) |  2007年09月24日(月) 22:49 | URL 【コメント編集】

>Wendyさん
Wendyさんもケントくんと共に行かれていたんですね。
センター職員の方はさぞ喜ばれたでしょう。
本当は私も連れて行きたいんです。  でも・・・・
引き出す時、ガス室に送られると勘違いして怯える子を見てしまうと
やっぱりセンターには二度と行かせたくないと心から強く思います。
だから、センター職員の方には写真を持って行ってます。

センターの行事は不満だらけですが、まずはセンターへ足を運ぶこと
それから始めないといけないのである意味仕方がないのかもしれません。
そこからもっと奥へと進めるようになると良いのですが・・・
soratara(管理人) |  2007年09月24日(月) 23:00 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME |