--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.05/11 (Fri)

命の責任 



先住犬そらのワクチン接種のため、かかりつけの病院へ行った。

その病院では、いつも保護した子たちもお世話になっている。

ケント(旧:セイ)の里親様が決定したことを報告したら、

先生たちも看護士さん達も皆、喜んでくれた。

「 ウチも頑張らなくちゃ! 」

先生がポツリとそう言ったので、「 えっ??? 」 と思い訊いてみた。



最近、病院前にダンボールに入れられた仔猫3匹が捨てられていたらしい。

しかもキャットフード(ドライ)付き。

確信犯かよっ!(怒)



病院前への放棄、そしてキャットフード付きってことは、

元飼い主には多少なりとも仔猫たちに対して良心の呵責があったのだろう。

しかし・・・・・

結局、命を捨てたことに変わりはない!!!

「 仔猫を捨てるくらいならちゃんと親猫の避妊手術しろっ!! 」

と怒った私を見て先生も

「 そうなんですよねぇ。  しかもドライフード付けたって仔猫たちは

  まだ食べられる月齢じゃないのに・・・・・ 」



軽~い目まいを覚えつつ、しかし嘆いてばかりいても仕方がない。

その病院にはいつもお世話になっていることだし、里親募集など何か手伝える

ことがあるか訊いてみた。

3匹中1匹はすでに里親さんが内定しているらしい。

しかし、残り2匹は結膜炎が酷い状態なので、今は里親募集よりも治療が優先

とのことだった。

早く良くなって、良い里親さんが見つかるといいな。




ハァ~、しかしねぇ・・・・・

いつになったら自分の飼っている犬猫の命に対してキチンと責任を持つ

世の中になるのかな???

ごくごく単純な、ごくごく当たり前のことだと思うんだけど。

そんなことを考えながらそらとタラを連れて散歩に行ったら・・・・・



ジャ・・・ジャイアン!?



その話はまた明日・・・・・




タラ : 「 オレ知らね~っと! 」
2007_0511_1.jpg




スポンサーサイト
Edit  |  23:15 |  ひとりごと  | コメント(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。