2012.07/25 (Wed)

センターへ行って来ました 



冷房をつけてても汗が大量に噴き出るような暑さの中、
千葉県動物愛護センターへ行って来ました。
相変わらずデジカメが絶不調なのでブレブレ写真ばかりです(汗)。

今回のシャンプーには、
千葉県動物愛護ボランティアのFさんとIさんが参加してくれました。
うだるような暑さの中、本当にありがとうございました!


●子犬舎
元気な7頭の子犬たちがいました。
(1頭だけいたビビリの子の写真を撮り忘れ:汗)
明日(26日(木))は譲渡会が開催されます。
みんなに良いご縁が繋がりますように。


生後2~3ヵ月くらいの子犬たち
2012_0725_1.jpg

2012_0725_2.jpg

2012_0725_3.jpg

2012_0725_4.jpg

2012_0725_5.jpg

生後6ヵ月くらいの子
2012_0725_6.jpg
体重5~6キロくらい

歯がほとんど生え変わってます。
月齢を考えると、成犬時は10キロ弱くらいと予想。
お口がちょっとだけアイーンなのがチャームポイント(笑)。



●収容棟

★譲渡室

人懐こそうな柴犬
2012_0725_7.jpg
体の大きさに似つかわない太い首輪をしてます


可愛い顔をした柴犬
2012_0725_8.jpg


不安そうな表情
2012_0725_9.jpg


譲渡先募集中のコーギー
2012_0725_10.jpg
もうだいぶ前からいます


体重10キロくらい(痩せ気味)の女の子
2012_0725_11.jpg

この子には前回訪問時にも会ってます。
子犬の頃に着けられた首輪が成長すると共に首に食い込み、
首の肉がえぐれていました。
センターで治療してもらい、すっかり良くなりました。
人馴れ抜群で性格花丸の良い子です♪


★鑑定室
鑑定室に入った途端、目に飛び込んできたのは・・・


子犬ちゃん
2012_0725_12.jpg

鑑定室内をウロウロしているのでビックリ!
小さすぎて、ケージの柵の間から出てしまったようです。

ケージ内に留まる子の姿も
2012_0725_13.jpg

子犬たちがいるケージの中には・・・


母犬の姿が
2012_0725_14.jpg

このお母さん
子犬たちが生まれたばかりの頃は
子犬を守るためにかなり気が立っていましたが、
子育てが一段落して落ち着いたのか、
本来の人懐こい性格が出て来ました。
人が来ると構ってほしくて大喜び。
体重10キロ弱くらいと小ぶりで美人さん♪

子犬たちがもう少し成長したら
母犬と子犬(3頭)はセンター譲渡会に参加するようです。
良いご縁が繋がりますように。

それにしても子犬ちゃんたち。
自分から進んでケージの外に出る好奇心旺盛な子もいれば
ケージ内にいて動かず、ずっと母犬の側にいる子もいて、
こんなに小さいうちから性格の違いがハッキリと出てます。


生後2~3ヵ月くらいの仔猫たち
2012_0725_15.jpg
2012_0725_16.jpg

アメショーっぽい柄の子は、目から膿が出て
今にも閉じてしまいそうです。
センターで治療し、治ったら譲渡会に参加するそうです。


負傷猫(7月30日収容期限
2012_0725_17.jpg


この子も負傷猫(収容期限を確認し忘れ:汗)
2012_0725_18.jpg


チワワ
2012_0725_19.jpg


トイ・プードル
2012_0725_20.jpg
両目が白内障になっているのでシニアのようです




★子犬室
子犬ではなく、小型犬たちが収容されていました。
今回はここに収容されているヨーキーとマルチーズMIX(?)2頭を
シャンプーしました。

ヨークシャー・テリア(男の子)
2012_0725_21.jpg

元気でとっても人懐こい子です。
でも、首元にシャワーが当たるのはお気に召さないようです(笑)。
歯石は付いてますが、まだ若い気がします。


マルチーズMIX?(女の子)
2012_0725_22.jpg

見た目よりもずっしりと重いポッチャリちゃん。
歯が白くてキレイなので、まだ1~2歳。
でも、出産経験のある乳首をしてました。
ドッグバスから飛び出すほど元気者ですが、
とっても人懐こい子です。


マルチーズMIX?(男の子)
2012_0725_23.jpg

この子もポッチャリちゃん。
ちょっとビビリのようですが、人懐こい良い子です。
歯石が付いているので、上の写真の子よりは年上です。


マルチーズMIX(性別不明)
2012_0725_24.jpg

この子はかなりのビビリちゃん。
怖くてお口が出ちゃいます。
なので、今回はシャンプーしませんでした。
でも、この子はセンターという環境に怯えているので
家庭に入れば変わる気がします。

上のマルチーズMIX(?)3頭は、
一人暮らしのお年寄りが飼っていて、
福祉施設への入居により飼えなくなるため
収容されたそうです。

センター職員さんの話によると、
こういうケースは最近とても多いとのこと。
高齢化社会が進む現状では、今後も増えていくことでしょう。

歳をとって一人暮らしが寂しいのは解かります。
でも、後に残された動物の命、気持ちは無視ですか?
自分さえ寂しくなければそれでいいのですか?

動物を飼うということは、
その命に最後まで責任を持つということ。

その命に責任が持てないのなら、
最期まで看取ることが出来ないのなら、
動物を飼うべきではありません。

「動物は飼わない」

その選択をすることも大きな愛情です。



★選定室

体重7キロくらいと小ぶりな子(女の子)
2012_0725_25.jpg
年齢は1歳前後、もしくは1歳未満

ケージから出して様子を見ようとしたところ・・・

ケージの奥で固まる
2012_0725_26.jpg

ちょっとだけビビリちゃんのようです。
でも、攻撃的なところは全く無いので
グリグリ撫でまわしてきちゃいました(笑)
たぶん1歳未満だと思います。


左目が塞がったビーグル
2012_0725_27.jpg
ケージの柵が邪魔で目が見えない(汗)


小ぶりなビーグル(女の子)
2012_0725_28.jpg

どちらの子も性格が良く、まだ若そうです。


お目々クリクリの可愛い子
2012_0725_29.jpg
たぶん明日の譲渡会に参加すると思います


いきなり地味な顔立ち(笑)
2012_0725_30.jpg
騒ぐことなく大人しくて落ち着いた良い子です♪




★収容部屋
引き受け先が無いと思われる子を中心に紹介します。

7月26日収容期限
2012_0725_31.jpg
2012_0725_32.jpg

ちょっとビビリらしく、ずっとケージの奥で固まっていたので
無理にケージからは出しませんでした。
半長毛でお目々クリクリの可愛い顔立ちをした子です。


7月26日収容期限
2012_0725_33.jpg
2012_0725_34.jpg
ドーベルマン

相当ノドが乾いていたらしく、
お水を上げると一心不乱に飲んでいました。


7月26日収容期限
2012_0725_35.jpg
2012_0725_36.jpg

出してほしいのか、ちょっと吠えてました。
写真を見れば分かる通り、この子の首には
自転車のダイヤル錠が装着されています。
何でこんなモノが・・・
ダイヤル番号が分からなければ外せません。


7月30日収容期限
2012_0725_37.jpg
2012_0725_38.jpg
体重12キロ位の男の子

キレイな虎毛模様の子です。
人懐こく、性格も良さそうです。


7月26日収容期限
2012_0725_39.jpg
2012_0725_40.jpg
キレイな虎毛模様の女の子

ケージの奥で固まっていたのですが、ケージから出してみました。

床に這いつくばる
2012_0725_41.jpg

てっきりビビリなのかと思っていたのですが、
しばらくしたら・・・

お股をおっぴろげ(笑)
2012_0725_42.jpg

美形です♪
2012_0725_43.jpg

でも、撫でられてウットリしてる時はブチャイク(笑)
2012_0725_44.jpg

尻尾ブンブンで人懐こいとっても良い子♪
最初だけちょっとシャイなようです。
歯も真っ白なので1歳前後、もしくは1歳未満と若いです。
我が家のサキと同じくらいの体格なので
体重は10キロ弱くらいかな。



【4日目の部屋】

セッターが2頭いました
2012_0725_45.jpg
2012_0725_46.jpg

上の写真の白い子は大人しく、
下の写真の黒ブチの子はひたすら動き回る元気者。
下の子は皮膚が赤く、痒みもあるようなので
皮膚病を患っているようです。



【最終日の部屋】
27日(金)早朝に殺処分予定

人馴れ抜群の子
2012_0725_47.jpg
体重17~18キロくらい


上の写真の子がいなくなるとそっと寄って来る控えめな性格の子
2012_0725_48.jpg
体重17~18キロくらい


上の写真の子と似た感じ(キョウダイ?)
2012_0725_49.jpg


部屋の隅で寄り添って固まる2頭
2012_0725_50.jpg
血縁関係ではないと思います

左側の薄茶の子は体重10キロ弱と小ぶり。
右側の鼻黒の子は明らかに子犬。
ビビリだから、もしくは月齢が大きいので
譲渡対象から外れてしまったのでしょうか?
これからいくらでも変われる子犬なのに・・・


少し足元がおぼつかない老犬
2012_0725_51.jpg



検疫部屋にはエアコンがついていますが
収容部屋にはエアコンがありません。

コンクリートで覆われた部屋は
外にいるよりはいくらか涼しいですが
やはり暑いです。
8月は猛暑になるという長期予報も出ました。

うだるような暑さの中
収容されている子たちは、
ひたすら飼い主さんのお迎えを待ち、
外に出られることを願っています。
自分に命の期限がつけられている事も知らずに。


2012_0725_52.jpg


スポンサーサイト
Edit  |  23:55 |  動物愛護センター  | コメント(2) | Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012年07月26日(木) 23:58 |  【コメント編集】

◆鍵コメさん
嬉しいお知らせをありがとうございます!
将来ある子犬が収容されているのを見るのも辛いですが
余命幾ばくもない老犬が収容されているのを見るのが
正直一番辛いです。
なぜ頑張って生きてきた犬生の最期がガス室なのか、と。

手を挙げるのは本当に勇気がいったことと思います。
でも、勇気を振り絞って手を挙げて下さり
本当に本当に嬉しいです! ありがとうございます!!
あの子はとっても穏やそうな感じの子です。
きっと鍵コメさん宅でも穏やかに暮らすことでしょう。
あの子にも、そして鍵コメさんご家族にも幸多いことを
心からお祈りしております。
soratara@管理人 |  2012年07月28日(土) 00:15 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME |