--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.05/23 (Wed)

センターへ行って来ました 



今日は千葉県動物愛護センターへ行って来ました。
今回、デジカメが絶不調でロクな写真が撮れていません。
おまけに間違えて消しちゃった写真もあるし(汗)。

一緒に作業をしたボランティアのブログの方が
キレイに写真が撮れていると思いますので
そちらも合わせてご覧下さい。
色即☆是空
Dear my friends


●子犬舎
9頭の元気な子犬たちがいました。
明日(24日(木))開催のセンター譲渡会に参加します。
良いご縁に巡り会えますように!

前回訪問時もいた耳が脱毛しているキョウダイ
2012_0523_1.jpg
2012_0523_2.jpg
2012_0523_3.jpg
確か2頭とも女の子

先月は耳がツルッパゲで痛々しい感じだったけど
今回はかなり毛が生えてきてました。
恐らく栄養状態が悪くて脱毛していたのでしょう。

このキョウダイはちょっとビビリ。
人が近づくと逃げちゃいます。
でも、攻撃的な素振りは一切なし。

笑っちゃうことに、こちらから近づくと逃げるけど、
離れると私たちが見えるところまで近づいて来て
ずっと側にいる(見てる)。
人恋しいけど、どう接していいか分からないだけなんだよね。
こういう子たちは家庭に入ればすぐに馴れます。

歯が生え替わり始めてるので生後4ヵ月くらい。
体重4~5キロくらいなので、成犬時は10キロ前後と予想。
良いご縁に巡り会って、愛情と栄養をたっぷり貰えることを
切に願っています。


生後3ヵ月くらいのキョウダイ
2012_0523_4.jpg
左側の茶色い子は女の子、右側の黒い子は男の子だったかな?

柴犬系のめっちゃ元気なキョウダイ。
健康状態も良いらしく、体つきもしっかりしてお腹パンパン(笑)。


生後3ヵ月くらい
2012_0523_5.jpg

めっちゃ大人しくてされるがままのとっても良い子。
ちょっとビビリなのかな?
でも、極度にビビる様子はなかったので、
元々大人しい性質で飼い易いタイプの子なのだと思います。


生後2ヵ月くらいの子たち
2012_0523_6.jpg
2012_0523_7.jpg
2012_0523_8.jpg
ただただめっちゃ元気な子犬様(笑)



前回訪問時もいたポチ目の女の子
2012_0523_9.jpg

先月より脱毛部分が広がっていました。
皮膚疾患治療中とのことで今回はシャンプーせず。
譲渡は見合わせていたようですが、明日の譲渡会は参加するのかな?



●猫部屋

前回訪問時もいた親子猫
2012_0523_10.jpg
2012_0523_11.jpg

思わずヨダレがダラダラ出そうなほど(笑)
仔猫たちは可愛く成長していました。
母猫といい、仔猫たちといい、めっちゃ美形。
人が近づいても誰もシャーと威嚇したりしないので
やはり母猫がとても穏やかで性格の良い子なのでしょう。
この親子猫は6月のセンター譲渡会に参加するそうです。
良いご縁に巡り会えることを切に願っています。



●収容棟

引き受け先がないと思われる子を中心に紹介します。

★譲渡室

シーズーMIX?
2012_0523_12.jpg
体重5~6キロくらいの女の子

この子は明日の譲渡会に参加するのでシャンプーしました。
あまり世話されていなかったのか、それともしばらく放浪していたのか、
大きな毛玉が出来ていたのでちょっとカット。
歯が真っ白でキレイなので1歳前後だと思います。
ちょっとだけビビリだけど、大人しくてとっても良い子。
ペキニーズのような鼻をしていて、
しょっちゅうブーブーいってました(笑)。


シーズー
2012_0523_13.jpg
体重7~8キロくらいの女の子

この子も明日の譲渡会に参加するのでシャンプーしました。
ちょっとだけ小さい毛玉が出来ていたのでカット。
でも、カットや爪切りはあまり好きじゃないらしい。
噛みつく素振りは全然なかったけど。
この子も歯がキレイなので1~2歳くらい。
とっても人懐こくて元気な子です。


めっちゃ元気なスピッツ(?)
2012_0523_14.jpg
この子は先月もいた


個人的にめっちゃタイプ♪
2012_0523_15.jpg
譲渡室にいるってことは引き受け先があるのかも!?




★鑑定室

生後1~1.5ヵ月くらいの仔猫キョウダイ
2012_0523_16.jpg
譲渡用になるそうです


恐らく負傷犬として収容された子
2012_0523_17.jpg
体重13キロ前後くらい

右前足の先が今にももげてしまいそうな怪我をしていました。
恐らくトラバサミにかかってしまったのだと思われます。
トラバサミの使用は禁止されているのに、
千葉県の田舎の方では未だに仕掛けるアホがいるんです!(怒)

目を背けてしまいたくなるほど酷い怪我をしているのに
この子はめっちゃ人懐こくて元気な良い子。
それが余計に痛々しい。

センターではとても治療しきれない怪我なので、
早く飼い主さんが迎えに来て病院に連れて行ってあげてほしいです。



★収容部屋

5月24日収容期限
ポインター
2012_0523_18.jpg
2012_0523_19.jpg
大人しくて落ち着いていました



5月24日収容期限
コーギー
2012_0523_20.jpg
2012_0523_21.jpg
樽のような超おデブちゃん

ケージ越しに手を近づけるともの凄い勢いで咬みつこうとしてきました。
めっちゃおデブな体型&攻撃的な様子を見る限り、
飼い主は咬みつくこの子のご機嫌をとるためにご飯やオヤツなどを与え続け、
挙句の果てに手に負えなくなって捨てたのではないかと思います。

どの犬、どの犬種にも言えることですが、
特にコーギーは育て方を間違えてしまうと難しい犬種です。
この子はまさにその悪い見本になってしまったようです。
飼い主がコーギーという犬種の特性について
しっかりと勉強して育てていれば
こんな風にはならなかったはずなのに・・・。


5月24日収容期限
顔を見せるのを頑なに避けていました
2012_0523_22.jpg
2012_0523_23.jpg
人と暮らした経験がないのかも



5月28日収容期限
人馴れしていて落ち着いた感じの子
2012_0523_24.jpg
2012_0523_25.jpg
体重13キロ前後



5月28日収容期限
落ち着いた大人しい子
2012_0523_26.jpg
2012_0523_27.jpg
体重13キロ前後



5月28日収容期限
キャバリア
2012_0523_28.jpg
2012_0523_29.jpg
人恋しくてずっとピーピー鳴いてました



5月28日収容期限
とっても穏やかそうな目をした子
2012_0523_30.jpg
2012_0523_31.jpg
体重18キロ前後くらい



5月28日収容期限
目を合わせようとしない
2012_0523_32.jpg
2012_0523_33.jpg
恐らく1歳前後とまだ若いけど、あまり人馴れしていない




5月28日収容期限
恐らく上の写真の子とキョウダイ
2012_0523_34.jpg
2012_0523_35.jpg

ケージの扉の側にいて落ち着いていたので
ケージから出して様子を見てみようとしたら
ビビってケージの奥に逃げてしまいました。
やはりあまり人馴れしていないようです。
野良にしてはキレイなので、ほとんど人と接することなく
育てられたような気がします。


5月24日収容期限
黒柴っぽい子
2012_0523_36.jpg
2012_0523_37.jpg
人恋しさからか、吠えていました



5月28日収容期限
体重20キロ弱と大きめなコーギーMIX
2012_0523_38.jpg
2012_0523_39.jpg
落ち着いていました



5月28日収容期限
オールドイングリッシュシープドッグ(?)
2012_0523_40.jpg
2012_0523_41.jpg
もしくはベアデッドコリー???

犬種が謎です(笑)。 断尾されてます。
体つきはガッシリしていて体重20キロくらいはありそうです。
人馴れは問題なし。



【4日目の部屋】

目がクリクリとして性格の良さそうな子
2012_0523_42.jpg
恐らく検疫中




【最終日の部屋】

明日(24日(木))早朝殺処分予定
この子だけがいました
2012_0523_43.jpg
体重15キロ弱くらいの男の子

私たちの姿を見てビビって後ずさり、尻尾を格納してました。
ちょっと秋田犬が入っていそうな感じの可愛い顔をしています。



今回、センターの玄関にはセンターのモデル犬たちがいました。
2012_0523_44.jpg
2012_0523_45.jpg

2012_0523_46.jpg
2012_0523_47.jpg

2012_0523_48.jpg

千葉県動物愛護センターは、元々収容状況の公開に前向きですが、
更に可視化を進め、現状を広める努力をしているようです。


最近センターへ行く度に、センターが変わろう、
変えようと努力している姿勢を目の当たりにします。

今回は、職員さん達が収容犬を散歩に連れ出したり、
譲渡しやすいよう躾を入れる姿が見られました。
収容犬の譲渡を更に積極的に進めるため
職員さん達が一丸となって頑張っているのです。

辛く悲しい現実を変えるためには
センター側、そして実際に犬猫と暮らす私たち
双方の努力が必要です。

センターは今、必死に変わろう、変えようと努力しています。
では、実際に犬猫と暮らす私たちは?

いろいろと考えさせられる今回の訪問でした。


スポンサーサイト
Edit  |  23:50 |  動物愛護センター  | コメント(2) | Top↑

Comment

オールドイングリッシュシープドッグ

はじめまして。
関根と申します。
オールドイングリッシュシープドッグの詳細しりたいのですが、どのようにすればいいでしょうか?
よろしければご返事ください。
関根 |  2012年05月25日(金) 06:48 | URL 【コメント編集】

◆関根さま
メールさせて頂きました。
soratara@管理人 |  2012年05月25日(金) 22:00 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。