--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.04/25 (Wed)

センターへ行って来ました 



今日は千葉県動物愛護センターへ行って来ました。

一緒に作業をしたボランティアのブログも
合わせてご覧下さい。
チロチロ日記
色即☆是空

●子犬舎
20頭(だったかな?)の元気な子犬たちがいました。
明日(26日(木))はセンター譲渡会が開催されます。
1頭でも多くの子に良いご縁が繋がりますように!

体重7キロ前後
2012_0425_1.jpg
アイラインばっちりで細身の美犬ちゃん


体重8~9キロくらい
2012_0425_2.jpg
笑っちゃうくらい小さいポチ目がチャームポイント(笑)

上記2頭はいずれも生後6ヵ月くらい。
2頭ともちょいビビリだけど、
ちゃんと人の側に寄って来るので人馴れは問題なし。
むしろこのくらいのビビリの方がやんちゃ過ぎなくて飼い易い。

いや~、それにしてもポチ目の子は男の子だと思ってたのに
女の子だったのには笑った。見事な残念顔(笑)。
でも、今回のシャンプーメンバーには大人気。
なぜか見てるとクセになる顔の子です(笑)。


以下は、生後2~3ヵ月くらいの子たちです。
2012_0425_3.jpg

2012_0425_4.jpg

2012_0425_5.jpg

2012_0425_6.jpg

この子は耳の脱毛が痛々しい感じ
2012_0425_7.jpg
2012_0425_8.jpg
早く引き出して治療してもらえるといいね

2012_0425_9.jpg

2012_0425_10.jpg

2012_0425_11.jpg

2012_0425_12.jpg

2012_0425_13.jpg

2012_0425_14.jpg


「子犬はペットショップで買うもの」

そう思っている方はまだまだ多いです。
そして、センターの存在すら知らない方も多いです。

周りで子犬を家族として迎えようとしている方がいたら
センターから迎える方法もあることを是非知らせて下さい。
貴方のその一言で救われる命があるかもしれません。


●収容棟

★猫部屋
1歳未満と思われる長毛の女の子
2012_0425_15.jpg

写真を見れば分かる通り美猫ちゃん。
近づいて来ることはありませんでしたが
ずっとグルグルと喉を鳴らしていました。
たぶん人懐こい子なんじゃないかな?
この子は明日のセンター譲渡会に参加します。
良いご縁が繋がりますように!


親子猫
2012_0425_16.jpg

14日にセンターで出産してしまったそうです。
親猫は仔猫を守るために威嚇することが多いですが
この母猫にはそんな素振りは全く無し。
元々性格の優しい人馴れした子なのでしょう。
子育てを終えた後、母猫、仔猫ともに
良いご縁がありますように!


★譲渡室

体重12~13キロ位のまだ若そうな男の子(1歳前後?)
2012_0425_17.jpg
2012_0425_18.jpg

ケージの扉が閉まっている時は「構って、構って~」
って感じで積極的にアプローチしてきたのに、
いざケージの扉を開けたら、ちょいとビビッて
ケージの奥に移動。どういうこっちゃ!?(笑)
でも、人馴れは問題ない子です。
この子は 譲渡先・預かり先募集中 です。


★鑑定室

負傷猫なのかな?(男の子)
2012_0425_19.jpg

見た目には負傷している感じは見受けられず。
人が近寄っても威嚇することもなければ、動じることもなし。
目がとってもキレイな子です。


体重18キロくらい
2012_0425_20.jpg
細身で筋肉質タイプの子



★子犬室

今日は多くの子が無事に検疫を明けて子犬舎へ移動したのに
それでもまだ沢山の子たちが残っていました。
この子たちも無事に検疫が明ければ子犬舎へ移動し、
次回のセンター譲渡会に参加します。
みんな頑張って検疫を乗り切るんだよ!

2012_0425_21.jpg

2012_0425_22.jpg

2012_0425_23.jpg

2012_0425_24.jpg

2012_0425_25.jpg

2012_0425_26.jpg



★選定室

柴犬(?)の男の子
2012_0425_27.jpg

ずっとこのフセの体勢のままで落ち着いた雰囲気の子。
この子は明日のセンター譲渡会に参加します。
良いご縁が繋がりますように!


今日収容されたと思われる子犬
2012_0425_28.jpg
2012_0425_29.jpg

どんなに避妊・去勢の必要性を説いても
収容される子犬はなかなか減りません。
それでも諦めずに説得していかなければ
収容される子犬はもっと増えてしまいます。

死ぬためだけに生まれてくる子犬がいなくなるよう
皆さんも根気よく周りの方々を説得してみて下さい。


★収容部屋

引き受け先が無いと思われる子を中心に紹介します。

4月27日収容期限
2012_0425_30.jpg
2012_0425_31.jpg

収容犬情報には「マルチーズ」となってますが
恐らくマルチーズとシーズーのミックスだと思います。
トリミングしたばかりのようなので、
迷子になってしまったんじゃないかな。
飼い主さん、貴方のワンちゃんはここにいますよ~!


4月27日収容期限
まだ生後6ヵ月前後と思われる子犬
2012_0425_32.jpg
2012_0425_33.jpg
とっても元気で人懐こい子です



4月27日収容期限
パグ(もしくはパグMIX)
2012_0425_34.jpg
2012_0425_35.jpg
体重7~8キロくらいの男の子

つい最近満月さん宅を卒業した毛目子ちゃんにソックリ!
ちょっとビビリさんでケージの奥で固まってました。
手を差し出してみたけど、威嚇したり噛みつく素振りは無し。
たぶんセンターの環境に怯えてるだけじゃないかな。
歯がキレイなので、たぶん1~2歳くらい。


4月26日収容期限
体重18キロくらい
2012_0425_36.jpg
2012_0425_37.jpg
大人しく、優しそうな顔をした子です



4月26日収容期限
テリア系
2012_0425_38.jpg
2012_0425_39.jpg
ケージから出してほしくて吠えてました



4月26日収容期限
黒柴かな?(男の子)
2012_0425_40.jpg
2012_0425_41.jpg
2012_0425_42.jpg

体重7キロ前後くらいと小ぶりの体格だけど
ガッシリとした筋肉質体形なので、
実際はもうちょっと体重があるかも!?
歯石が着いているので、年齢は6歳前後くらいかな?
落ち着いていて、人馴れは全然問題なし。


4月26日収容期限
体重18キロくらいの男の子
2012_0425_43.jpg
2012_0425_44.jpg
ケージの奥で固まってました



4月26日収容期限
毛がボサボサのシーズー(男の子)
2012_0425_45.jpg
2012_0425_46.jpg
小型犬の純血種なので、飼い主が現れなければ譲渡用になるはず



4月26日収容期限
体重12キロくらいの男の子
2012_0425_47.jpg
2012_0425_48.jpg
2012_0425_49.jpg

人馴れしていて、常に尻尾ブンブン。
少し歯石が着いているので、年齢は4~5歳くらいかな?
元気だけど、年齢的に落ち着きも出て来てて
バランスが取れた子だと思います。


【4日目の部屋】
元気で、まだ若そうな秋田犬がいました
2012_0425_50.jpg
たぶん検疫中



【最終日の部屋】
4月27日早朝殺処分予定

お昼の時点で3頭の犬がいました。
いずれも体重11~12キロくらい。
3頭とも大人しくて穏やかそうな感じ。
ちょっとビビリかな!?
でも、どの子も部屋の扉のところまで近づいて来たので
人馴れは問題ないと思います。

2012_0425_51.jpg

2012_0425_52.jpg

2012_0425_53.jpg


この子たちの何とも寂しそうな瞳の先に映るのが
冷たい殺処分機ではなく、
気持ちの良い青空でありますように!



★★ 動物看護師(嘱託職員)募集 ★★

現在、千葉県動物愛護センターでは
動物看護師(嘱託職員)を募集しています。


嘱託職員(動物看護師)の募集


千葉県動物愛護センターは、譲渡に前向きですし、
登録ボランティアが増え、以前に比べれば引き出される犬猫の数は
増えたと思います。
しかし、残念ながら引き出される前に命を落とす子も多いです。

少しでもケアできる人手が増えれば、命を落とすことなく
センターを出て第二の犬生を謳歌できる子が増えることでしょう。

動物看護師の資格をお持ちの方
ぜひ貴方の力を千葉県動物愛護センターで生かして下さい!


スポンサーサイト
Edit  |  22:55 |  動物愛護センター  | コメント(2) | Top↑

Comment

いつの日か

センターに行かれたのですね。
相変わらず、とてもたくさんのワンコたちですね。

やっぱり不妊去勢手術を、義務付けるしかないのでは。

災害時にペットを連れての避難が問題になっていますが、手術をしていない動物達が狭い範囲に集まると、大変なことになると思います。
最後まで家族として行動を共にしたいのなら、手術をさせる事こそが最低限の愛情ではないでしょうか。

動物税を徴収するのもいいかもしれません。

税金が勿体無いと思うような人は、動物が病気になっても治療費が勿体無いと思うでしょう。

そんな人間は最初から飼う気を起こさせないようにするのも、一つの方法かもしれません。

いつの日か愛護センターが暇になり、飼い主さんと動物の「躾訓練所」のようになれたらいいですね。
茄子 |  2012年04月27日(金) 09:21 | URL 【コメント編集】

◆茄子さん
不妊手術は義務化したいし、動物税もぜひ取り入れて
動物たちのためになることに使ってほしいです。
でも、いろいろな思惑が絡んで実現はなかなか難しいかもしれません。
動物たちのことを一番に考えなくてはならないのに
人間の利害が優先される現状が本当に腹立たしいです。
いつの日かセンターが本来の名前の通り“愛護”目的となり、
処分施設からシェルターに変わってほしいです。
soratara@管理人 |  2012年04月29日(日) 23:35 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。