--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.10/25 (Tue)

センターへ行ってきました 



今日は久しぶりに千葉県動物愛護センターへ行ってきました。


●子犬舎

元気な5頭の子犬たちがいました。
明後日(27日(木))開催されるセンターの譲渡会に参加します。
良いご縁に恵まれますように!

生後3~4ヶ月の男の子
2011_1025_1.jpg


上の子とキョウダイの男の子
2011_1025_2.jpg
見事に同じ顔だ(笑)


この2頭、まぁ元気! 元気!!
少しラブの血が入ってるかな?って感じ。
顔つきもそうだけど、ちょっとアホっぽいところが
ポックルを彷彿とさせる可愛い黒毛キョウダイです。



「いい湯だな♪」
2011_1025_3.jpg
桶に大人しく入ってシャンプーされるとっても良い子♪


ぬ~ん!
2011_1025_4.jpg
上の写真と同じ子(耳デカすぎ:笑)



上の写真の子のキョウダイ
2011_1025_5.jpg
この子も大人しくてされるがまま


「構ってちょ♪」
2011_1025_6.jpg
上の写真と同じ子


この2頭は生後3~4ヶ月くらいのキョウダイ。
かなりスリム(というか痩せすぎ)で脚が長く、
我が家のタラ系ワンコ。
顔つきを見て男の子だと思っていたら女の子だった。(苦笑)

2頭ともちょいとビビリ。
でも、固まったり噛んだりするような極度のビビリではない。
写真を見れば分かるように、子犬舎では自分から寄って来る。
こういうちょいビビリって子が実は一番飼いやすいタイプ。

子犬舎の窓枠に登っちゃうようなヤツらだけど(汗)
2011_1025_7.jpg
まぁ、これはご愛敬(苦笑)




生後2~3ヶ月くらい(性別を確認するのを忘れた:汗)
2011_1025_8.jpg


「な、何ですか?」
2011_1025_9.jpg


写真を見れば分かる通り、この子もちょいとビビリ。
笑っちゃうくらいされるがままで、緊張してずっと固まってた。
この子、実物はメチャクチャ可愛いのに、写真映り悪過ぎ。(汗)
実物はデカパピっぽい感じの可愛い子です。




●収容棟

センター職員さんに確認をとれなかったので
譲渡先の有無は不明です。


★譲渡室

白柴っぽい子(男の子だったかな?)
2011_1025_10.jpg


譲渡希望者がいたのですがキャンセルになり、
もう2ヶ月くらいセンターにいるそうです。
ずっとこの狭いケージの中ではストレスも溜まる一方でしょう。
「出してほしい」と必死に訴えていました。
この子は 譲渡先、預かり先を募集中 です。


生後6ヶ月前後と思われる人懐こい子犬
2011_1025_11.jpg


2011_1025_12.jpg


2011_1025_13.jpg


大ぶりなポメラニアン
2011_1025_14.jpg
写真を見る限り、歯がキレイ(=若い)かも!?


トイ・プードル?
2011_1025_15.jpg
白内障になっているのでシニアと思われます


ヨーキー
2011_1025_16.jpg
落ち着いて大人しい感じの子


白柴っぽい子以外の子は、譲渡先の有無は不明です。
純血種(小型犬)の子たちは、センター譲渡会に参加するのかも!?




★鑑定室

体重7キロ前後と小ぶりで大人しい男の子
2011_1025_17.jpg


部屋に入った時、その存在に気づかなかったほど大人しい子。
落ち着いた感じで、人懐こくて性格が良さそう。
写真だと分かりづらいけど、右後ろ足が欠損してます。
人間で言えば、膝から下が無い感じ。
でも、ワンコって3本足でもフツーに生活できるし、
走り回るのなんて余裕のよっちゃん。


2011_1025_18.jpg


2011_1025_19.jpg


2011_1025_20.jpg


2011_1025_21.jpg



猫もいました
2011_1025_22.jpg


2011_1025_23.jpg


2011_1025_24.jpg


たぶん生後3~4ヶ月くらいの仔猫
2011_1025_25.jpg
なぜかグショグショに濡れている


目ヤニで目がグチャグチャ
2011_1025_26.jpg
具合も悪そう




★子犬室

2011_1025_27.jpg


2011_1025_28.jpg


2011_1025_29.jpg


みんな大人しくて、心なしか元気が無いような気がしました。
体調が悪いのでなければいいのですが。




★収容部屋

譲渡先が決まっていない子を中心にご紹介します。

【1日目の部屋】

赤いヒモ(譲渡先あり)のついている子たちが収容されていました
2011_1025_30.jpg




【2日目の部屋】

10月24日収容、10月31日収容期限

ジャック・ラッセル(男の子)
2011_1025_31.jpg


ブリタニー・スパニエル
2011_1025_32.jpg

写真では分かりづらいですが、このブリタニー
首輪を何重にも着けていて、カウベルも着いてるし
発信器(?)のような物も着けている。
これだけ沢山着けてるのに迷子になったのかな???
飼い主さんが探してくれているといいのですが。




【3日目の部屋】

赤いヒモ(譲渡先あり)のついている子たちが収容されていました
2011_1025_33.jpg





【4日目の部屋】

10月20日収容、10月27日収容期限
10月28日早朝殺処分予定


今回一番気になった子
2011_1025_34.jpg
体重11キロ位の男の子


上の写真と同じ子
2011_1025_35.jpg
人の目をじっと見つめる


騒ぐでもなく、ただひたすら大人しくじっと見つめる子です。
穏やかで落ち着いた雰囲気があり、性格も良さそう。
諦めてはいないと思うけど、
何とも寂しそうな、悲しそうな瞳が印象的でした。



体重14キロ前後と固太り体型の男の子
2011_1025_36.jpg

人の姿が見えると吠えていました。
威嚇ではなく、人恋しくて吠えているようです。




【最終日の部屋】

10月19日収容、10月27日収容期限
10月28日早朝殺処分予定


部屋の隅から人恋しそうにじっと見つめる子
2011_1025_37.jpg
右後ろ足を怪我しているのか、びっこを引いていました


ひたすら薄茶の女の子のお尻を追いかけ回す黒い男の子
2011_1025_38.jpg

あまりに執拗に追いかけ回されるので
薄茶の女の子は精神的に参ってしまい、ヨダレを垂らしていました。
その後、薄茶の女の子は他の部屋へ移動になりました。


収容頭数が多く、また収容施設が古い(老朽化している)
このセンターではオスメスを分けて収容することが出来ず、
このような事態が発生してしまいます。



命を救うことが大切なのはもちろんですが、
その命を救うことが出来ないのなら
せめて殺処分になるまでの間、
心穏やかに過ごせる環境を作ることも
今後の大きな課題のひとつです。



というか
センターに収容されないことが何より一番なんだけどねぇ。




今日、一緒に作業をした他ボランティアのブログも合わせてご覧下さい。

色即☆是空
Dear my friends
もんもり家族


スポンサーサイト
Edit  |  23:45 |  動物愛護センター  | コメント(2) | Top↑

Comment

脳味噌小っちゃくてゴメン(>_<)

嗅いだこと

ある気がするな

この匂い

いつかどこかで

なんでだろうな

全てのU^ェ^U(=^・^=)一同 |  2011年10月27日(木) 22:50 | URL 【コメント編集】

脳味噌小っちゃいから(>_<)

いつかどこかで ⇔なんでだろうな

全てのU^ェ^U(=^・^=)一同 |  2011年10月27日(木) 23:11 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。