--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.08/10 (Wed)

センターへ行ってきました 



クラクラと目眩がする程、うだるような暑さの中、
今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。


●子犬舎

元気な5頭の子犬たちがいました。
明日(11日)開催される譲渡会に参加します。
良いご縁に恵まれることを祈るばかりです。

生後4ヶ月くらい(体重5キロ前後)の男の子
2011_0810_1.jpg
モゲだ(笑)

センター職員さん曰く「お口が出る」とのことだったけど
ガシガシとシャンプーしても噛まれませんでした。
ビビリまくってたけど。

他のワンコに噛まれたのか、頭や首、背中に大きなカサブタあり。
検疫中は個別のケージに1頭で入っていたそうなので、
センター収容前に噛まれて、その恐怖でビビッてるのかも!?

抱っこすれば大人しく体を預けて、人の目をじっと見つめる
お目々クリクリのと~っても可愛い子。
極度のビビリではないので、一般家庭に入ればすぐに慣れそう。
一刻も早くボランティアが引き出してくれるといいのですが。


生後6~7ヶ月(体重5キロくらい)の女の子
2011_0810_2.jpg
大人しくてキレイな顔立ちをしてる

写真だと大きく見えるけど、かなり細身で小ぶり。
驚いたことに歯が全部生え変わっているので、
月齢から考えても成犬時は10キロ弱くらいかな。


生後3~4ヶ月くらいの男の子
2011_0810_3.jpg
前回訪問時、両目が白濁していた子のキョウダイ

落ち着いた雰囲気の子だけど、同室の子がいなくなると
ピーピー泣く寂しがり屋。


上の写真の子とキョウダイかな?
2011_0810_4.jpg

写真だと分かりづらいけど、両目が白濁してます。
でも、視力はあるようです。
この子、検疫中は白濁してなかったと思うんだけどなぁ。

ちなみに、前回訪問時に両目が白濁していた子犬は、
片目の白濁が治って視力が戻り、保護団体が引き出してくれました。
ってことは、上の写真の子も白濁が治る可能性があるのかな???


生後2~3ヶ月くらいの人懐こい子犬らしい子犬
2011_0810_5.jpg
この子は間違いなく譲渡会で決まるでしょう





●収容棟

見学途中でデジカメのバッテリーが切れてしまったので
撮れた子たちだけ紹介します。


★譲渡用の仔猫

生後2ヶ月弱くらいの仔猫たち
2011_0810_6.jpg

2011_0810_7.jpg

この三毛はとっても人懐こい
2011_0810_8.jpg

2011_0810_9.jpg




★譲渡室

小ぶりで可愛いコーギー
2011_0810_10.jpg
譲渡先募集中のようです

何だかここ最近、やたらとコーギーが収容されてます。
それぞれ捕獲場所は違うけど、こんなに集中してコーギーばかりが
捕獲されるのはどう考えてもおかしい。
収容されるコーギーは体格や顔つきが似ているので
悪質なブリーダーか無責任な飼い主が分散して捨ててるのかも!?


M.ダックス(レッド)
2011_0810_11.jpg


M.ダックス(クリーム)
2011_0810_12.jpg

相変わらずM.ダックスが収容されていない日はありません。
今現在、7頭(だったかな?)のM.ダックスが収容されています。
どの子も人懐こくて性格は良さそうですが
いずれも譲渡先は決まっていないようです。


ちょいとおデブな黒ラブMIX(かな?)
2011_0810_13.jpg
譲渡先募集中のようです





★鑑定室

目が白内障になっているのでシニアと思われるヨーキー
2011_0810_14.jpg
でも元気いっぱい!


ここにもM.ダックスが
2011_0810_15.jpg


大人しい老犬
2011_0810_16.jpg
15歳だそうです

この老犬は、嬉しいことに見学中、飼い主さんが迎えに来ました!
写真を撮った時は落ち込んでいたのか、ほとんど動かず
元気がなくて心配したんだけど、飼い主さんが迎えに来たら
それはそれは嬉しそうに声を上げて鳴いてました。
やっぱりみんな飼い主さんが迎えに来るのを待ってるんだよね。




★収容部屋

まだ引き出しの声が掛かっていない子を中心に紹介します。


【1日目の部屋】

赤いヒモ(譲渡予定アリ)がついている子が1頭いました。




【2日目の部屋】

8月9日収容、8月15日収容期限

体重15キロ弱くらいの男の子
2011_0810_17.jpg

怪我をしたのか、それとも先天的なのか
左後ろ足のつま先部分が欠損しているように見えました。
そのせいか、痛そうに歩く姿が印象的でした。


体重15キロくらいの女の子
2011_0810_18.jpg
出してほしいと扉の側をウロウロしてました


前回訪問時にもいた、爪が異常に長く伸びてる子
2011_0810_19.jpg
体重13キロくらいの女の子(かな?)

この子はどうも飼い主が分かっているようなのですが
その飼い主が一向に迎えに来ないようです。
このままだと殺処分もあり得るかもしれません。




【3日目の部屋】

8月8日収容、8月15日収容期限

体重12~13キロくらいの男の子
2011_0810_20.jpg
歯がとってもキレイなので、まだ1~2歳くらい

出してほしくて立ち上がってアピールしてました。
人懐こくて性格も良さそう。


セッター2頭
2011_0810_21.jpg

右側の白黒のセッターはこの後、赤いヒモがつけられ検疫に回りました。
頑張って検疫期間を乗り切るんだよ!


部屋の奥でうずくまる子
2011_0810_22.jpg





【4日目の部屋】

8月12日(金)早朝に殺処分予定の子たち

皮膚病の老犬(?)
2011_0810_23.jpg
こんな状態になるまで飼い主は一体何をしていたのか?


部屋の奥で不安そうな表情を浮かべる子
2011_0810_24.jpg


セッター
2011_0810_25.jpg

この子は全身が脱毛し、皮膚に赤みがあって痒がっていたので
恐らく疥癬(かいせん)ではないかと思います。
思わず「腫瘍か!?」と見間違うほどにお乳が垂れ下がり、
何度も無理な出産を重ねさせられてきたことを窺わせます。
でも、この子はこの後、赤いヒモがつけられ、検疫に回りました。
何とか無事にセンターを出られますように。




【最終日の部屋】

8月12日(金)早朝に殺処分予定の子たち

体重12~13キロくらいの女の子
2011_0810_26.jpg
いつも人の姿を目で追う人懐こそうな子

細身でスタイルの良い体にダンボのような大きな耳。
そのアンバランスさが何とも可愛い、明るく性格の良さそうな子です。
見た目はまだ若そうです。
なぜか体格に不釣り合いな太い首輪を2つも着けてました。
首輪が着いてても迷子札が着いていなければ何の意味もありません。


体重10キロくらいの女の子
2011_0810_27.jpg
写真では黒毛に見えますが、実際は虎毛です


奥は、女の子のような可愛い顔をした体重10キロ弱の男の子
2011_0810_28.jpg
手前は、テリアMIXかな? ずっと寝てました


部屋の奥から動かないテリアMIX
2011_0810_29.jpg


同じ場所(銚子市川口)で捕獲されたM.ダックス2頭(男の子)
2011_0810_30.jpg
もしかして飼い主に捨てられたのかな?


手前の壁際からひっそりと見つめる子
2011_0810_31.jpg
体重15キロくらい






夏休み中のせいか、今日は親子体験教室が開催されていて、
うだるような暑さの中、
沢山の親子連れがセンターを見学していました。

子供に辛い現実を見せるのはちょっと・・・
と言う方がいますが、それは大きな間違いです。

子供は大人が思う以上に冷静に現実を見つめ、受け止めます。
また、その手助けをするのが大人の役目です。

これからの未来を担う子供たちの目に
今の現実はどう映っているのか?

子供たちに対して堂々と誇れる現実ですか?




スポンサーサイト
Edit  |  23:45 |  動物愛護センター  | コメント(2) | Top↑

Comment

暑い中、本当にお疲れさまです。いつもありがとうございます。

(私は子育て経験がありませんけど)こどもって大人が考えているほどこどもじゃないですよね。
この時期に感じた気持ちや想いがきっと将来の日本を変えてくれると思います(でかい・笑)
miz |  2011年08月13日(土) 08:39 | URL 【コメント編集】

◆mizさん
私も子育ての経験はありませんが、自分が子供の時のことを考えると
非常に冷めてましたね、今よりも何倍も。(笑)
大人や余計な先入観で物事を見がちですが、子供はまっさらな気持ちで見るので、
大人よりも本質を見抜く力があるように思います。
soratara@管理人 |  2011年08月16日(火) 23:37 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。