2011.06/21 (Tue)

センターへ行ってきました 



今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。

先日、沢山の方からご寄付頂いたバスタオルも届けてきました。
ご協力に心から感謝いたします。

今日は早速そのバスタオルを使い、
明後日(23日(木))開催されるセンターの譲渡会
参加する子犬たちをシャンプーしてきました。


●子犬舎

元気な子犬7頭がいました。
(1頭だけ写真を撮り忘れ:汗)


生後4ヶ月弱くらいの女の子
2011_0621_1.jpg


上の写真と同じ子
2011_0621_2.jpg



たぶん上の写真の子とキョウダイ(女の子)
2011_0621_3.jpg

この子たち、個人的にめっちゃタイプ♪
これで立ち耳なら完璧。(立ち耳好きなもんで:笑)
我が家のタラのようなワンコで、鳶色の瞳がエキゾチック。
タラ同様、どちらもかなり細身なのに、抱っこするとズッシリ。
恐らくハウンド系の血が入ってるんじゃないかな?

どちらも人馴れは全く問題なし。
シャンプーや爪切りも大人しくやらせてくれるとっても良い子たち。
ぶっちゃけ、我が家に預かりっ子がいなければ連れて帰ってた。(笑)



生後3~4ヶ月くらい
2011_0621_4.jpg
性別は・・・忘れた(両方とも男の子だったような気が・・・汗)

右側の子はシャンプーも爪切りも大人しくやらせてくれたけど、
左側の子は、シャンプーも爪切りもやだー!と大騒ぎ。
今日一番の元気者でございました。(笑)



生後2~3ヶ月くらいの男の子
2011_0621_5.jpg

このキョウダイは固まるビビリちゃん。
極度に固まるワケではなく、月齢も幼いので、
早く引き出して一般家庭で人馴れさせれば大丈夫じゃないかな。

チワワの血でも入っているような顔立ちで小さめなので
成犬時は10キロ弱くらいの小ぶりな感じにまとまるかも!?

このキョウダイは全体的に毛が薄く、所々脱毛もあり。
痒がっている様子は無いので、疥癬(かいせん)ではなく
真菌か何かの皮膚病かも!?
それとも栄養状態が悪いせいかな?
ちなみに、疥癬(かいせん)も真菌も治療すればちゃんと完治します!

人馴れや治療のことを考えると
一刻も早くボランティアが引き出してくれるといいのですが。




●収容棟


譲渡用の仔猫たち
2011_0621_6.jpg


2011_0621_7.jpg

いつもより仔猫の数が多く、仔猫シーズンに入ったことを実感しました。
でも、こうやって譲渡用に回される仔猫は、
収容される仔猫の中のごくごく一部。
この子たちの後ろでは、膨大な数の仔猫たちが処分されている現実を
忘れてはいけません。



★譲渡室

担当職員さんに確認をとれなかったため、譲渡先の有無は不明です。


生後6ヶ月前後の子犬2頭(男の子)
2011_0621_8.jpg
6月17日収容、6月23日収容期限

あぁ、またしても好みの子たちが・・・。
この子たちは銚子市猿田町で捕獲されたキョウダイじゃないかな?



セッター(セッターMIX?)
2011_0621_9.jpg
小ぶりで大人しそうな子



珍しい毛色のM.ダックス
2011_0621_10.jpg





★子犬室

みんな元気そうでした。

2011_0621_11.jpg


2011_0621_12.jpg


2011_0621_13.jpg


2011_0621_14.jpg





★検疫室(選定室)

トイ・プードルかな?
2011_0621_15.jpg
白内障になってるので、たぶんもうシニア

お口が出てしまうとのことだけど、よく見るとブルブル震えてる。
臆病だから怖くて怖くて、ついお口が出てしまうって感じ。

離れた場所で手を出したら、尻尾を振って自分から寄ってきた。
でも、こちらから手を近づけるとかすかに「ヴゥ~」。
本当は人に甘えたいんだけど、寄って来られるのは怖いんだろうね。
犬の扱いに慣れた人なら特に問題もなく飼えるでしょう。



チワワ2頭
2011_0621_16.jpg
どちらもたぶんシニアじゃないかな





■収容部屋

検疫中の印である赤や青、緑などのヒモがついていない子たち
を中心に紹介します。


【1日目の部屋】

ヒモがついている子たちが収容されていました。




【2日目の部屋】

6月20日収容、6月27日収容期限

穏やかそうな感じの男の子
2011_0621_17.jpg
歯がキレイなので、まだ若いかも!?


上の写真と同じ子(体重15キロくらい)
2011_0621_18.jpg
とても可愛い顔をしてます

この部屋は男の子が多かったけど、特に争いは起きず、
この子も穏やかで飄々とした感じでした。




【3日目の部屋】

6月17日収容、6月23日収容期限
6月24日早朝殺処分予定


生後6ヶ月前後の男の子
2011_0621_19.jpg
扉に張り付いて、必死に「出して!」と訴えていました



この子もたぶん生後6ヶ月前後の女の子(上の子とキョウダイ?)
2011_0621_20.jpg
ずっと不安そうな表情を浮かべていました



どちらも10キロ弱と小ぶりな大人しい子たち
2011_0621_21.jpg



部屋の奥から不安そうにじっと見つめる子たち
どの子も10キロ弱と小ぶり
2011_0621_22.jpg


2011_0621_23.jpg





【4日目の部屋】

6月16日収容、6月23日収容期限
6月24日早朝殺処分予定


体重10キロ弱の女の子
2011_0621_24.jpg
扉に張り付いて、必死に「出して!」と訴えていました


上の写真と同じ子
2011_0621_25.jpg
歯がキレイなので、まだ若いかも!?



体重5キロ位とかなり小ぶりな男の子
2011_0621_26.jpg
ずっと丸まったまま顔を上げてくれませんでした



ボーダーコリーMIX?
2011_0621_27.jpg

一旦は引き出しの声が掛かったのですが、
年齢が若くなさそうということでキャンセルになってしまったそうです。
この子はちょっと具合が悪そうに見えました。
この部屋には血便の痕があり、
もしかしたらこの子が体調を崩してしまったのかもしれません。



エサ箱を占領する子
2011_0621_28.jpg

誰かが少しでもエサ箱に近づこうものなら
この子は威嚇しまくっていました。
そのため、この部屋に収容されている子たちはご飯が食べられません。





【最終日の部屋】

6月15日収容、6月23日収容期限
6月24日早朝殺処分予定


M.シュナウザー
2011_0621_29.jpg
飼い主持ち込みかな?



M.ダックス
2011_0621_30.jpg
ボロボロの首輪をしています



静かに見つめる子
2011_0621_31.jpg
体重10キロ弱くらい



寂しそうな目でじっと見つめる子
2011_0621_32.jpg
体重12キロくらいの男の子
顔つきがまだ幼いような気がするのですが



収容部屋に収容されている子たちは多かれ少なかれ、
不安そうな表情を浮かべています。


その先にあるのは、暗黒の闇(=死)だから。


この子たちが求めるモノは、ただ一つ。
それは・・・


希望の光



スポンサーサイト
Edit  |  23:30 |  動物愛護センター  | コメント(6) | Top↑

Comment

愛護センター

sorataraさん、毎回お疲れ様です。
ため息しか出ませんね・・・

私は川崎市に住んでいます。
川崎市動物愛護センターは、業務内容が公表されています。

一昨年は250匹近くの犬が収容されています。
持込と、迷子と、事故にあった犬も16匹いました。
ほとんどが返還されたり、団体さんが引き出してくれたりですが、センターで死んだ子も58匹います。
収容時点で亡くなっていた子や、病気で持ち込まれてそのまま亡くなった子、そして処分された子達です。
ちなみに、もう何年も子犬の収容は0です。

猫はもっと恐ろしい数です。
なんと816匹が死んでいます。
7~8割は子猫だそうです。

なんとかセンターで亡くなる子が0になるように、頑張りたいです。

sorataraさんは、もう充分頑張っているので、これ以上体を壊さないようにしてくださいね。
茄子 |  2011年06月22日(水) 09:34 | URL 【コメント編集】

はじめまして

「いつでも里親募集中」からムクちゃんファンになり、2回ほどお邪魔していました。「今日のムクちゃんはどうかな~」ってうきうきしながら見せていただいたのですが、愛護センターの記事は辛かったです。うちにも保護犬が2匹いるのですが、収容されているワンちゃんの顔が、ときおり見せるうちの犬にも似てて、涙が出てきました。でもこんな情報が一般公開できるほど、愛護センターが開けてきたのはすごくいいことですね。辛いけど、目をそらさずに立ち向かっていきたいと思います。
ムクちゃん、超超可愛い!!いい里親さんと巡り合えますように・・・(^^

ジュリ |  2011年06月22日(水) 22:18 | URL 【コメント編集】

季節

保護ハハさん、

こんばんは。

センターへ行かれたのですね。
暑い中本当にお疲れ様です。

まだ6月とはいえ、夏至も過ぎ季節はもう夏。
センターにいるコたちにとって、また作業をする方たちにも
過酷な季節になりましたね。

タオル届けて頂きありがとうございます。
ピカピカにしてもらって、センターから一匹でも多くの犬たちがあかるい未来へと向かうことを願ってやみません。

毎月、このセンターのご報告に気持ちがピッと正される思いです。
いつもありがとうございます。
頑張りすぎてお体こわしませんように…
purusunmama |  2011年06月23日(木) 00:25 | URL 【コメント編集】

◆茄子さん
川崎市と千葉県の収容数等を比べると、桁が違いますね(汗)
千葉県は多すぎです。
子犬の里親希望者がいても子犬がいない自治体もあれば
一方では、子犬でさえ処分せざるを得ない自治体もある。
行政同士で横の繋がりがあれば、もっと助かる頭数が増えると思うのですが。

どの自治体も猫の処分数(ほとんどが仔猫)は多いですね。
個人的には、犬よりも猫の方が深刻な問題だと思っています。
野良ネコや無責任な餌やりさんの存在を何とかしないと
処分数が減ることはないでしょう。

少しでも良い方向に向かうよう、お互いに頑張りましょう!
soratara@管理人 |  2011年06月23日(木) 23:28 | URL 【コメント編集】

◆ジュリさん
初めまして。 コメントをありがとうございます。
ムクのことを気に入って下さって嬉しいです♪
ムクが幸せになれるよう頑張ります!

愛護センターの記事は辛いですが、目の前にある現実ですので
少しでも多くの方に知ってほしいです。
その意味でも、収容状況を公開している千葉県動物愛護センターのことを
他の愛護センターも見習ってほしいです。
すべては「知る」ことから始まりますから。
soratara@管理人 |  2011年06月23日(木) 23:32 | URL 【コメント編集】

◆purusunmamaさん
こんばんは。
その節はバスタオルをありがとうございました!
皆さんの温かいお気持ちが伝わるよう、ガッツリとシャンプーしてきました(笑)

これからますます暑くなるので、作業する人間は熱中症などが心配ですが
収容されている子たちにも辛い季節になります。
個人的には、凍てつく冬よりはまだマシかな、とは思いますが。

少しでも多くの子が無事にセンターを出られるように、
というより、少しでもセンターに収容される子が少なくなるよう頑張ります!
これからも応援をよろしくお願いします。
soratara@管理人 |  2011年06月23日(木) 23:39 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME |