2011.04/22 (Fri)

病院へGO! 



今日は、そら、タラ、サキ、ポックルの4頭を引き連れて
フィラリア検査のため病院へ。


本日の体重測定

そら:12.6キロ
タラ:14.9キロ
サキ:9.5キロ
ポックル:14.5キロ


この時期は、狂犬病予防注射やフィラリア検査などで動物病院は激混み。


待合室がいっぱいだったので、最初は病院の外で待機
2011_0422_1.jpg
病院の雰囲気を察して、サキはもうすでにビビリまくってる



やっと待合室に入ると、サキは緊張の大アクビを連発
2011_0422_2.jpg
でも、以前のように待合室のベンチの下に隠れることはなくなった。 
サキは少しずつだけど着実に強くなってるね。エライぞ!



ポックルは他のワンコさんが気になって引っ張りまくり。
その度に「ゴラァ~!」と保護ハハに怒られる。


ポックル:「へへっ、怒られちった」
2011_0422_3.jpg
でも、全然ヘコたれないポックル




診察室にて
ただいま聴診中
2011_0422_4.jpg
緊張のあまり思わず舌が出ちゃった、そら




ポックル:「次はオレの番っスか!?」
2011_0422_5.jpg
緊張しすぎて目がイッちゃってます(笑)



残念でした、次はタラちんです
2011_0422_6.jpg



タラ:「採血やだなぁ・・・」
2011_0422_7.jpg


タラの採血がイヤなのは獣医さんの方だよ。
タラは血管がかなり細いらしく、ちゃんと血管に注射針が入ってるのに
血が出てこない曲者で獣医さん泣かせ。

でも、今回は脚1本だけで採血できた!(いつもは脚2~3本)
血がなかなか出てこないもんだから
規定量が採血できるまですんげ~時間がかかったけど。(苦笑)
でも、その間、暴れることなくじっとしてたタラはエライ!!




ポックル:「今度こそ次はオレの番っスか!?」
2011_0422_8.jpg
そらもポックルも笑ってるように見えるけど
実は緊張しすぎてテンパってます(笑)



サキ:「アタシの番じゃないよね」
2011_0422_9.jpg
笑ってるように見えるけど、緊張しすぎて魂が飛んでるサキ(笑)





残念でした、サキの番です
2011_0422_10.jpg
サキ:「何でこんなことに・・・」




サキ:「まだ終わらないの?」
2011_0422_11.jpg
ただいま採血準備中です





ポックル:「やっとオレ様の番」
2011_0422_12.jpg
ただいま採血中



ポックル:「アハハハハ~♪」
2011_0422_13.jpg
完全に魂がぶっ飛んでイッちゃってます(笑)


ポックルは混合ワクチン接種の時期でもあったので
採血の後、9種混合ワクチンも接種。

ポックルのカルテを見た看護士さんは
「え~、ポックルってもう1年経っちゃったんだぁ」

えぇ、そうです。
気がつけばポックルの預かり期間はとっくに1年を超えてましたよ。(汗)
昨年の今頃は、まさか今年も我が家で混合ワクチンを接種するとは
夢にも思ってなかった。(苦笑)

とんでもなくアホだし、ヘタレだし、イタズラ小憎だけど
性格は素直ですごくいいヤツなのになぜかご縁が無いんだよねぇ。



ポックル:「それって全然褒めてない」
2011_0422_14.jpg


まっ、ご縁はタイミングもあるし、
繋がる時はササッとあっという間に繋がるモンだから
それまでは我が家でゆっくりしてけばいいよ。
(↑こういう考え方だから里親さんが見つからないって噂も:笑)




そんなこんなで全員の採血が無事終了~♪
みんな診察中は大人しくじっとしていたので、先生も看護士さんも
「いい子たちだよねぇ」
と感心することしきり。
我が家の子たちは皆、ビビリだから固まってただけなんだけどね。
それもカチンコチンに。(笑)

でも、先生や看護士さんの話によると、
暴れまくったり、吠えて騒ぎまくったり、咬みまくったりする子も
結構多いらしい。
それを考えるとビビリってホント楽チン♪



で、
肝心のフィラリア検査の結果。
全員陰性でした~!


毎年ちゃんとフィラリア予防はしてるけど
やっぱり結果が出るまではドキドキしちゃう。
でも、これで一安心♪
大勢の諭吉が豪快に飛んでいったことだし(泣)
今年もしっかりフィラリア予防するぞ~!



スポンサーサイト
Edit  |  23:50 |  保護ワン ポックル  | コメント(4) | Top↑

Comment

みんな陰性でなによりでした。ちょっと痛かったり怖かったりを我慢するかいがありましたね。お財布も痛そうですけど。(T_T)
昔、知り合いから飼い犬がフィラリアで死んだ話を聞いた時、号泣する飼い主につい同情したのですが、どうやら多忙とお金を理由に予防接種をさぼっていたらしい(注射をしても必ずしも効果は無いとか何とか言ってたなぁ…)。昼間は外で夜だけ玄関に入れていた犬が、最期は苦しくて敷物をかきむしって夜のうちに死んでいたそうな。それを看取ってやれなかったと泣く姿に、凄く可愛がっていた事は本当だったんだろうけど…と、後から何となくもやもやした気分になった事を思い出しました。
ぽち |  2011年04月23日(土) 21:59 | URL 【コメント編集】

◆ぽちさん
お知り合いのワンコさんは本当に可哀想なことをしましたね。
フィラリアはきちんと予防すれば100%防げる病気です。
病気から予防するのも飼い主の責任、愛情ですよね。
そのお知り合いの心にワンちゃんの苦しみ、悲しみが届いているといいのですが。
我が家はしっかりと予防に励みます!
soratara@管理人 |  2011年04月24日(日) 22:46 | URL 【コメント編集】

…反省[e:734]

ン十年前に8年間、我が家にいてくれた秋田犬。
今思えば、秋田犬とは思えないくらいおとなしい良い子だったのに、あげてたご飯は、いわゆる味噌汁ぶっかけご飯。私達が食べてた残り物ばっかり。
予防接種は年に一度の狂犬病予防接種だけ。
…フィラリアなんて全然知らなかった。

3年前に今のワンコを譲っていただく際に、保護主様に教えていただき、毎年のワクチン、フィラリア検査・予防接種、もちろん、ノミダニ予防も欠かさずやってます。

秋田犬の死因もわからないままなんだけど、もしかしたらフィラリアではなかったかと思います。
ちゃんとしていれば後5年かそれ以上は生きていてくれたんじゃないかと後悔しきりです。

今、我が家にいる2匹にはしっかり天寿をまっとうしてもらうべく、共に生活していきます。
大豆の母 |  2011年04月25日(月) 02:35 | URL 【コメント編集】

◆大豆の母さん
ン十年前なら、ご飯は味噌汁ぶっかけご飯、注射は狂犬病予防注射だけ
というのは結構当たり前だったと思います。我が家もそうでした。
ほとんどの方が知らない、意識が低かった時代でしょう。
千葉の田舎の方は今でもその時代のままなので困っているのですが(苦笑)

今は人間の意識も上がってきて、いろいろな知識もついてきたので
ワンコにとっては本当の意味で天寿を全う出来る時代になってきたかもしれません。
無知はワンコを不幸にしますので、人間は日々勉強しなければなりませんね。
そらやタラ、預かりっ子たちを守るためにも私ももっと勉強しなければ!
soratara@管理人 |  2011年04月25日(月) 22:27 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME |