--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.04/13 (Wed)

センターへ行ってきました 



今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。
震災の影響で、先月はシャンプーボランティアに行けなかったので
久しぶりのセンター訪問。
明日は譲渡会が開催されるので、
張り切ってシャンプーしようと子犬舎に行ってビックリ!


デカッ!!


しばらく見ない間にみんな成長しまくったのか?(笑)
そう思うくらい月齢の大きい子、成犬時は大きめになりそうな子など
15頭ほどの人懐こく元気な子たちがいました。



【子犬舎】

生後4ヶ月くらいのキョウダイ
2011_0413_1.jpg
両方とも女の子だったかな?


以下2頭も確か生後3~4ヶ月くらいのキョウダイ
2011_0413_2.jpg

2011_0413_3.jpg


以下2頭も生後3~4ヶ月くらいのテリア系キョウダイ
2011_0413_4.jpg

2011_0413_5.jpg



以下は、生後4~6ヶ月くらいと月齢の大きな子たち
2011_0413_6.jpg


2011_0413_7.jpg


2011_0413_8.jpg


2011_0413_9.jpg


2011_0413_10.jpg


2011_0413_11.jpg


2011_0413_12.jpg


個人的にお気に入りのコーギーMIX
2011_0413_13.jpg
歯が全て生え替わっているので生後6ヶ月くらいの男の子

上の写真と同じ子
2011_0413_14.jpg
体重10キロ位のズッシリ&短足のドスコイ体型
個人的に“オッサン”と呼んでました(笑)


今回は体格が大きめの子たちが多かったので、
2人がかりでシャンプーしないと暴れて大変だろうと思ったのですが、
ところがどっこい!
みんな大人しい、大人しい。
1人でも余裕で洗えるほど大人しくてイイ子たちばかりでした。
重かったけど。(笑)

家族の一員として迎えてくれる良いご縁に巡り会えることを
祈るばかりです。


なお
今年4月より譲渡会は下記の点が変更になりました。
詳しくは、コチラ


≪変更前≫
・不定期開催
・譲渡会参加には事前申し込みが必要
・子犬のみ参加


≪変更後≫
・毎月第2、第4木曜の固定開催(祝日を除く)
・事前申し込みは必要なし(但し、譲渡申請書を当日持参のこと)
・子犬だけでなく、成犬も2~3頭参加予定

千葉県在住の成人の方で犬を家族として迎えようとお考えの方は、
ぜひセンターの譲渡会に足を運んでみて下さい。
あなたにとって運命の子との出会いがあるかもしれません。




◎収容棟

検疫部屋などにレイアウト変更、改装があり、
感染症が蔓延しないよう工夫されていました。
感染症拡散防止のため見学順も決まりました。
その順にご紹介します。


●譲渡室

生後1ヶ月位と思われる仔猫3匹
2011_0413_15.jpg




ちょこまか動き回る人懐こいポメラニアン
2011_0413_16.jpg


チワワとパピヨンのMIXかな???
2011_0413_17.jpg
体重5~6キロと大きめですが性格は良さそう


ボロボロだけど人懐こいヨークシャー・テリア
2011_0413_18.jpg


ケージの奥で唸りながら固まるビビリのチワワ
2011_0413_19.jpg


ペキニーズ
2011_0413_20.jpg
左目がブルーの瞳で少し飛び出てるような気が


大人しく小ぶりでキレイなM.ダックス
2011_0413_21.jpg


上記6頭のワンコは譲渡先が決まっていないそうです。
里親さん、預かりさん募集中です。


ビビリの子犬(生後5ヶ月くらい)
2011_0413_22.jpg
毛布の上にキチンと乗っているのでキレイ好きじゃないかな





●鑑定室

思わず息を呑むほど大きな腫瘍があるボロボロの老犬
2011_0413_23.jpg
どれだけ放置したら腫瘍がこんなに大きくなるのか
4月12日に銚子市余山で捕獲された子かな?


体重7~8キロと小ぶりで可愛いビーグル(男の子)
2011_0413_24.jpg
右前足に小さい怪我があります
ビーグルの割りに全然吠えない大人しい子


M.ダックス
2011_0413_25.jpg
鼻の頭に擦ったような小さな傷があり、アバラや腰骨が浮き出るほど痩せてます
一声も鳴かず、とても暗い表情をしていて、体調的にも精神的にもちょっと心配。
早く譲渡先が見つかると良いのですが





●子犬室

清掃ボランティアさん達が清掃中でした。




●検疫室

以下に紹介する子たちは譲渡先が決まっていないそうです。
里親さん、預かりさん募集中です。
但し、スタンダード・ダックス以外の子たちはまだ検疫中です。


飼い主持ち込みで5歳のスタンダード・ダックス(男の子)
2011_0413_26.jpg
全く吠えず、顔つきからも分かるように穏やかそうな子です
体重10キロちょっとって感じかな


収容部屋から検疫にかけられた人懐こい子犬2頭(キョウダイではないようです)
2011_0413_27.jpg
黒い子は歯が全て生え替わっているので生後6ヶ月くらい
白い子はまだ乳歯が残っていて足が太いので成犬時は大きめ中型犬かな?


キョウダイ・・・なのかな?
2011_0413_28.jpg
生後4~5ヶ月くらい


上の2頭と一緒に捕獲された子ですが隔離されてました
2011_0413_29.jpg


なぜなら疥癬(かいせん)だから(手前の子)
2011_0413_30.jpg
すでに治療を始めているそうです


上の写真で、奥で気配を消しているビビリの子
2011_0413_31.jpg
野良の子のようです


人馴れしておらず、譲渡向きではないとのことで
一旦は殺処分対象になったようですが
フツーに触れたし、噛む素振りもなければ、
ビビッて極度に固まりまくっている感じもない。
ただ知らない人間が怖くてビビッているだけ。
譲渡担当職員さんは何とか譲渡用として残したいそうです。

まだ子犬だし、一般家庭に入ればすぐに人馴れしそうな感じなので
ボランティアさんが早く引き出してくれればいいなと思っています。
この子のビビリ程度で殺処分になってしまうのなら
我が家にいるサキやポックル、卒ワンのタイ(旧:ラク)などは
完全に殺処分です。(苦笑)




●収容部屋

譲渡予定アリの印であるヒモがついていない子たちを紹介します。


【1日目の部屋】

譲渡予定アリの子たち3頭が収容されていました。




【2日目の部屋】

4月12日(火)収容 4月21日(木)収容期限


ちょっとおトボケっぽい感じの男の子
2011_0413_32.jpg
体重20キロ弱と大きめ


部屋の奥からじっと見つめる体重10キロくらいの可愛い男の子
2011_0413_33.jpg


部屋の隅から動かない体重10キロくらいの大人しい女の子
2011_0413_34.jpg


セッター
2011_0413_35.jpg
もう検疫が明けてるのかな?





【3日目の部屋】

4月11日(月)収容 4月21日(木)収容期限


人が来ると扉の側まで寄って来てオスワリしてじっと見つめる子
2011_0413_36.jpg
目ヂカラが強い体重12キロくらいの女の子


この子も人が来ると扉の側まで寄って来てじっと見つめる
2011_0413_37.jpg
ポメラニアン系の雑種かな?(体重10キロくらいの男の子)


体重20キロ弱の穏やかそうな男の子
2011_0413_38.jpg


老犬らしく足元がおぼつかない様子の女の子
2011_0413_39.jpg
体重15キロくらい





【4日目の部屋】

4月11日(月)収容 4月21日(木)収容期限


部屋の隅で背を向けたまま眠る子
2011_0413_40.jpg
4月11日に四街道市和良比で捕獲された女の子かな?


セッター
2011_0413_41.jpg
検疫が明けてるかな?





【最終日の部屋】

4月15日(金)早朝殺処分予定の子たちです


間違いなくまだ子犬
2011_0413_42.jpg
成犬時は大きめ中型犬になりそうな子(男の子かな?)


立ち上がって出してほしいと訴える女の子
2011_0413_43.jpg
老犬かと思いきや、そんなに歯は汚れていない。中年くらいかな?


鳶色の瞳がとってもキレイな男の子
2011_0413_44.jpg
体重15キロくらいで、たぶんまだ若いです

上の写真と同じ子
2011_0413_45.jpg
足がスラッと長く、恐らく洋犬系の雑種
人の目をじっと見つめる落ち着いた感じの子


とにかく出してと忙しなく動き回る陽気な性格の子
2011_0413_46.jpg
間違いなくアホキャラ(笑)

上の写真と同じ子
2011_0413_47.jpg
体重20キロ弱で、たぶん1歳くらいとまだ若い


ひたすら静かにじっと見つめる男の子
2011_0413_48.jpg
体重15キロくらい

上の写真と同じ子
2011_0413_49.jpg
とても落ち着きのある子


クリクリの大きな瞳といい、毛色の感じといい、体格といい、
卒ワンのボンに雰囲気がとてもよく似ていてハッとしました。
卒ワンのボンは最終部屋で落ち着きなく動き回る子でしたが
この子は全く動じず、ただひたすらじっと見つめてきました。






今日、センター前の公園の桜は満開でした
2011_0413_50.jpg


センターに収容されている子たちの命は、
桜の花の如く儚く散ってしまうのか。

それとも
桜の花の如くその命を今後も咲き誇らせることが出来るのか。

センターの外に桜があることすら知らない子たちが
美しく咲き誇る桜と抜けるような青空を見られることを
心から願っています。



スポンサーサイト
Edit  |  23:50 |  動物愛護センター  | コメント(6) | Top↑

Comment

ご苦労様です

センターに行かれたのですね。
何度も何度も、大変ですね。

どうして、毎度毎度こんなにも収容犬が多いのでしょう。
全国どこでもそうかもしれませんが、千葉県は多すぎるように思います。

もっとも少ないから良い、というものではありませんが・・・

ワンチャンを飼ったら、行政が多額の預かり金を払わせるというのはどうでしょうか。
不妊虚勢手術をしたら返金すれば、少しはいいかも。
茄子 |  2011年04月15日(金) 17:09 | URL 【コメント編集】

どんな天災よりも残酷です

いつも、ありがとうございます。
毎度の様子、たくさんの仔達がいますね。
地震に遭ったわけでも津波に飲み込まれたわけでもないのに
命を落とさなければならない仔達。

どんなに酷い天災よりも一部の人間のやっている事のほうが
残酷、そんな人間がいなくならない限り、この仔達のような仔がゼロに
なる日は来ないのでしょう。
本当に悔しく、腹立たしい事実ですね。

ダンとカノコの母 |  2011年04月15日(金) 22:40 | URL 【コメント編集】

◆茄子さん
仰る通り、千葉県は収容頭数が多すぎます。
全国でもワーストの収容頭数です。
千葉県人として本当に恥ずかしい限りです。

多額の預かり金を支払わせれば効果はあるかもしれませんね。
でも、高齢や病気などで不妊手術が出来ない子もいますから
一律に実施するのは難しいでしょう。
人の意識をスパッ!と変えられるワザはないもんですかねぇ・・・
soratara@管理人 |  2011年04月16日(土) 23:32 | URL 【コメント編集】

◆ダンとカノコの母さん
仰る通り、この世の中で人間が一番残酷かもしれません。
でも、その一方で懸命に救おうとする人間もいる。
どちらも同じ人間。
どちらの人間に関わるかによって犬猫の運命が変わってしまうのは
やはり納得いきません。
soratara@管理人 |  2011年04月16日(土) 23:35 | URL 【コメント編集】

何とかしたいです

はじめまして
いつもブログ拝見させていただいてます
センターの様子、まっすぐにこちらを見つめる目・・・
何とか一頭でも預かりたいと思うのですが・・・・・
ただ、現在はうちの子が癌の治療をしているのでそちらを優先しています。
あの大きな腫瘍のある子、なんとか医者の治療を受けさせたいですね。
手術できるならさせてあげたい。
あの子、なんとかしてあげたいですね。
ノエルママ |  2011年04月17日(日) 07:51 | URL 【コメント編集】

◆ノエルママさん
初めまして。コメントをありがとうございます。
ワンちゃんの癌治療は大変ですね。
良くなることをお祈りしています。

腫瘍のある子に限らず、センターに収容されている子は皆
何とかしたいです。
でも、その気持ちだけでは救えません。
命に期限があることがもどかしいです。
soratara@管理人 |  2011年04月18日(月) 00:51 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。