--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.08/20 (Fri)

センターへ行ってきました 



今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。

今回、卒わん ポンポン(旧:ポン)の里親様ご夫妻が
センター見学と子犬舎のシャンプーボランティアへの参加を希望され、
朝早くから遠い所をわざわざいらして下さいました。
本当にありがとうございます!



●子犬舎

検疫部屋から移動してきたばかりの生後3ヶ月前後の子犬達がいました。

2010_0820_1.jpg


2010_0820_2.jpg


2010_0820_3.jpg


2010_0820_4.jpg


2010_0820_5.jpg


ちょっと前に感染症が猛威を奮い、沢山の子犬たちが命を落としました。
この子たちはその後、検疫に入り、無事に子犬舎へ移動できた子たちです。
譲渡会で良いご縁に恵まれることを祈るばかりです。





◎収容棟

●鑑定室

全身に草の実がついた生後4ヶ月前後と思われる子犬
2010_0820_6.jpg
体重4~5キロくらいの男の子


この子はビビリらしく、ケージの隅に固まって背を向け
顔を見せてくれませんでした。
たぶん固まるタイプのビビリかな?
この子は、里親さん、預かりさんを募集中です。
センターという環境に怯えている部分もあると思うので
一般家庭に入り、少しずつ心を開いてくれたらいいなぁ。



この子も生後5ヶ月前後の子犬と思われます
2010_0820_7.jpg
体重6~7キロくらい


この子もケージの奥で固まっていたのでビビリかも!?
でも、人の目を力強く見つめる子です。





●収容部屋

【 1日目の部屋 】

検疫中の子たち(首に赤いヒモがついている)が収容されていました。
その中で唯一赤いヒモがついていない子がいました。
もしかするとまだ引き受け先が決まっていないのかもしれません。


セッター(だよね?)
2010_0820_8.jpg
体重10キロあるかどうかという小ささ


セッターにしては小さすぎるし、顔つきも若く見えるので
まだ子犬の可能性もあるかも!?
とてもキレイな子です。





【 2日目の部屋 】

8月26日(木)収容期限 (8月19日収容)


生後4ヶ月前後と思われる綺麗なアイスブルーの瞳の子犬
2010_0820_9.jpg
センターにいる不安と恐怖からか、激しく警戒吠えをしていました



体重12キロ前後くらいの落ち着いた成犬2頭
2010_0820_10.jpg
2頭とも人の目をじっと見るだけの大人しい子たちです



以下2頭は譲渡予定があると思われる子犬
2010_0820_11.jpg


2010_0820_12.jpg





【 3日目の部屋 】

8月26日(木)収容期限 (8月18日収容)


体重10キロくらいの可愛い子
2010_0820_15.jpg
顔つきは若く、2~3歳くらいに見えます


上の写真と同じ子
2010_0820_16.jpg
収容犬情報によると男の子ですが、女の子のような顔つきです



この子は少し年齢が高めな気がします
2010_0820_17.jpg
体重20キロ弱とちょっと大きめ



以下は譲渡予定があると思われる子たち
2010_0820_18.jpg


2010_0820_19.jpg


2010_0820_20.jpg


生後3~4ヶ月くらいのキョウダイ4頭
2010_0820_13.jpg
体重3~4キロくらいとスリムな体型


4キョウダのうちの1頭
2010_0820_14.jpg
成長すると、我が家のタラのようなカッコイイ系になる気がします(親バカでスミマセン(笑))





【 4日目の部屋 】

収容犬はいませんでした。





【 最終日の部屋 】

8月23日(月)収容期限、24日(火)朝に殺処分


人の目をしっかりと見る落ち着きのある穏やかそうな子
2010_0820_21.jpg


上の写真と同じ子
2010_0820_22.jpg
歯があまり汚れていないので推定2~3歳、体重13キロ程度


部屋の扉を開けるとゆっくりと近づいてきて立ち上がり甘えてきました。
そして、何とも悲しそうな声で泣き始めました。
こんな場所から出て、もっと生きたいよね。



下半身が汚れている子
2010_0820_23.jpg
この子も顔立ちはまだ2~3歳くらいと若いです



悲しそうな目でじっと見つめる子
2010_0820_24.jpg


いつもそうなのですが
最終日の部屋にいる子は、自分の置かれている状況を悟っているのか、
騒ぐことなく大人しい子ばかり。
諦めているのか・・・
その静けさが余計に辛いです。





●検疫部屋

前回センターを訪問した時は、感染症で沢山の子犬が命を落とし、
ガラガラだったステンレスケージ。


残念ながらそれは束の間の出来事でした・・・


ステンレスケージには、もうすでに沢山の子犬たちの姿が!


2010_0820_25.jpg


2010_0820_26.jpg


2010_0820_27.jpg


2010_0820_28.jpg


2010_0820_29.jpg




引き出しても引き出しても
次から次へと収容される現実。

蛇口を閉めなければ
元を断たなければ
根本的な問題は何も解決しません。


飼い犬に避妊・去勢手術をすれば
センターに収容される子犬、殺処分される子犬は “ 確実に ” 減ります。


センターに収容される子は首輪をしている子が多いです。

鑑札、迷子札、マイクロチップ

このどれか一つでも着いていれば、
家に帰れる子が “ 確実に ” 増えます。


あなたの周りで、
飼い犬に避妊・去勢手術をせず、
安易に子供を産ませようとしている人はいませんか?

首輪だけ着けていれば大丈夫!
そう勘違いしている人はいませんか?


「 それは違うよ! 」


そういう人たちにそれを地道に知らせていくことで
将来センターに収容されてしまうかもしれない子たちを
“ 確実に ” 救うことが出来ます。


今の現実を嘆いているだけでは未来は何も変わりません。
しかし
あなたの行動ひとつで、未来は “ 確実に ” 変わります。


あなたに出来ることは何ですか?



スポンサーサイト
Edit  |  23:45 |  動物愛護センター  | コメント(2) | Top↑

Comment

今日 殺処分のワンちゃん

今日 ブログで 今朝殺処分の所で 胸が 潰れそうです
アップの白いワンちゃん あと1日早くみてたら 引き取れたのに
予定通り 決行されてしまったのでしょうか?
美鈴 |  2010年08月24日(火) 14:26 | URL 【コメント編集】

◆美鈴さん
千葉県動物愛護センターでは、月曜は殺処分が行われませんので
火曜の朝は確実に処分機が稼働します。
soratara@管理人 |  2010年08月26日(木) 00:04 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。