--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.05/20 (Thu)

センターへ行ってきました 



今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。


●子犬舎

生後3~4ヶ月くらいの子たち
2010_0520_1.jpg
このテリア系の子は先月もいた気がする


2010_0520_2.jpg


2010_0520_3.jpg


ポックル似の黒い子犬は相変わらず多いなぁ
2010_0520_4.jpg
左側の子は個人的に好みのタイプ♪


この子はほんのちょっとだけビビリ
2010_0520_5.jpg
でもすぐに慣れてくれる楽勝タイプの子(笑)


ポックル似の黒い子だけが男の子で、それ以外は女の子だったと思います。



生後2~3ヶ月くらいの子たち
2010_0520_6.jpg


2010_0520_7.jpg



みんな人懐こくて元気いっぱいでした。
センターでは、事前登録が必要ですが不定期に子犬の譲渡会を開催しています。

犬・ねこ等の譲渡

千葉県在住で子犬を家族に迎えようとお考えの方は、
ぜひセンターからの譲渡も選択肢に入れて下さい。





●収容棟


【 譲渡用の仔猫たち 】

生後1ヶ月程度の子たちばかり
2010_0520_8.jpg


2010_0520_9.jpg


2010_0520_10.jpg


このキレイな瞳の子だけ成猫
2010_0520_11.jpg



幼い仔猫が多く、春の仔猫シーズンに入ったことを実感しました。
仔猫シーズンになると、毎日数十匹単位で幼い仔猫が収容されます。
そのうち譲渡用に回してもらえる子はごくごく僅か。
仔猫たちは本当に奇跡のような確率でしか生き残れません。





◎収容部屋

センター職員さんが多忙で確認がとれなかったため
引き出し要請の有無は不明です。


【 1日目の部屋 】

5月26日(水)収容期限


恐らく今日捕獲された子たちだと思います
2010_0520_12.jpg
テリア系の雑種と思われる落ち着いた雰囲気の子



今日は雨だったせいか、ずぶ濡れで泥だらけ
2010_0520_13.jpg





【 2日目の部屋 】

5月25日(火)収容期限


子犬? 成犬?
2010_0520_14.jpg
小ぶりで幼い顔立ちのとっても可愛い子



怖いのか、部屋の隅で固まる子
2010_0520_15.jpg



エサ箱に誰かが近づくと怒ってました
2010_0520_16.jpg



ガリガリに痩せこけたビーグルMIX
2010_0520_17.jpg



もう1頭ビーグルが!
2010_0520_18.jpg



パピヨン、もしくはポメラニアンの血が入っていると思われる子
2010_0520_19.jpg


この子は飼い主、もしくは譲渡希望者が現れたのか
見学中に収容部屋から出されました
2010_0520_20.jpg
職員さんに連れられて収容部屋を出て行く嬉しそうな後ろ姿





【 3日目の部屋 】

5月24日(月)収容期限


この部屋は収容頭数が多かったです
2010_0520_21.jpg



ニコニコ笑顔満開で性格の良さそうな子
2010_0520_22.jpg
体重12キロ位で、たぶん男の子


歯が真っ白なのでまだ若い子だと思います(上の子)
2010_0520_23.jpg




ちょいとおデブさんだけど柴犬じゃないかな?
2010_0520_24.jpg



人の目をじーーっと見つめる子
2010_0520_25.jpg



警戒しているのか、部屋の隅から遠巻きに見つめる子
2010_0520_26.jpg



ビビリなのか、黒白の子はずっと壁に張り付いていました
2010_0520_27.jpg



毎回と言っていいほど収容されているラブラドール
2010_0520_28.jpg
この子は検疫中かな?



生後5ヶ月前後と思われる子犬
2010_0520_29.jpg



上の子とキョウダイ!?
生後5ヶ月前後と思われる子犬
2010_0520_30.jpg
あぁ、好みのタイプが・・・(泣)





【 4日目の部屋 】

5月24日(月)収容期限


黒ラブ
2010_0520_31.jpg



怯えているのか、部屋の隅から動かない子
2010_0520_32.jpg
収容犬情報によると左目を怪我している模様





【 最終日の部屋 】

明日(21日)の朝、殺処分になる子たちです


2010_0520_33.jpg


2010_0520_34.jpg


2010_0520_35.jpg


2010_0520_36.jpg


2010_0520_37.jpg


2頭ともまだ生後4~5ヶ月の子犬です
2010_0520_38.jpg



この子たちはもう引き出すことが出来ません。
それでも・・・

この子たちが確かにこの世に存在していたこと
私たち人間が罪もない命を死に追いやること

それを心に深く刻み込むためにも
この子たちの生きている最後の姿を目に焼き付けることも
“ 貴方に出来ること ” の一つだと思います。









◎検疫部屋

相変わらず子犬だらけ
2010_0520_39.jpg


2010_0520_40.jpg


2010_0520_41.jpg


2010_0520_42.jpg


2010_0520_43.jpg



以下3頭は生後7ヶ月前後の姉妹です
2010_0520_44.jpg


2010_0520_45.jpg


2010_0520_46.jpg


なぜ生後7ヶ月前後だと思ったかというと、
歯が全て生え替わっていたから。
でも、ステンレスケージに入ったままなのに何で歯が分かるの?
それはね・・・














唇がめくれてキラリ~ンな歯が見えたから(笑)
2010_0520_47.jpg
この子、面白すぎる(笑)



この3姉妹は足が細くてスラッと長く、体つきもスレンダー。
どこかでイタグレの血でも入ったかな?と思うような体型。
体重6キロ前後だと思うので、恐らく成犬時は10キロいかないと思います。
3姉妹とも里親さん&預かりさんを募集中です。




満杯のステンレスケージの反対側では・・・



ステンレスケージ入居予備軍が!
2010_0520_48.jpg


この子犬たちは恐らく今日センターに収容された子たちだと思います。
次から次へと途絶えることなく収容される子犬たち。
気が遠くなるほど続く負の連鎖。
この連鎖はどこかで断ち切らなければ!



ステンレスケージには子犬たちに混ざり
M.ダックスやチワワの姿も。


2010_0520_49.jpg


2010_0520_50.jpg


このチワワはかなり気が強いです
2010_0520_51.jpg


今現在、センターにはM.ダックスが5頭収容されていて、
いずれも里親さん&預かりさんを募集中です。


M.ダックスもチワワもちょっと前までは人気犬種でした。
その犬種が自分の生活形態、環境に合うのかも考えず、
その犬種についての予備知識も勉強せず、
ただ人気犬種というだけで飼い始め、
自分の飼育能力(躾など)は棚に上げて全てを犬のせいにし、
その結果が殺処分というのはあまりに身勝手すぎないでしょうか?


人間はいつか動物たちから大きなシッペ返しをくらう
そんな気がします。

いえ、
むしろそうあるべきなのかも。

自分も含め、他者の痛みを理解できない人間を見るにつけ、
自分自身が身をもって痛みを知るべき。
そう思います。



スポンサーサイト
Edit  |  22:00 |  動物愛護センター  | コメント(8) | Top↑

Comment

sorataraさま
腰の具合はいかがですか?
読み逃げばかりですが、いつも拝見させていただいてます。

あるNPO法人愛護団体のシェルターでボランティアをはじめたことがきっかけで、動物たちの未来を真剣に考えはじめ今に至っています。

その類の本をたくさん読んでは涙し、そしてセンターの子たちのまっすぐな瞳をみては涙し。。。
「そんなに悲しいことなら見なければいいのに。。。」と人は言いますが、だからこそ目を背けてはいけないと私は考えます。

明日にはもうこの世にはいないかもしれない収容部屋の子たち。
その子たちの生きていた証を、たとえ知らない子であっても目に焼き付けておく。

それも今の自分に今出来ること。
sorataraさんが書かれている通りだと思います。

人間が動物からのしっぺ返し。
多分、今の「口蹄疫」もそのひとつだと思ってます。
どういう理由であれ、どういう状況であれ、「殺処分」というのは地獄絵のようです。

もしかしたら、牛・豚・羊・鹿・・・が日本からいなくなってしまうかもしれませんネ。
ワンニャンからも、きっと何らかのカタチで近い将来「お返し」がくるような気がしてなりません。
yukari |  2010年05月21日(金) 01:47 | URL 【コメント編集】

sorataraさん、昨日はありがとうございました。

引き出しもできないし、行ってもおじゃまじゃないかな~と思いながら
限られた今できることをとにかく続けなくちゃと思っています。
そんなわけなので、これからも都合のつく限りは参加させてくださいね。

写真やっぱりすごくきれいですよね。イチデジじゃなかったですよね。
猫の手 |  2010年05月21日(金) 18:01 | URL 【コメント編集】

教えていただいてありがとうございます。
以前鍵コメにて、「サキちゃんのファンです。」と言う旨を書かせていただいたことがありました。
機会がありましたら、是非行かせていただきますね。
ありがとうございました。
さーやん |  2010年05月22日(土) 16:10 | URL 【コメント編集】

◆yukariさん
初めまして。 コメントをありがとうございます。
yukariさんもボランティアをされているんですね。 心強いです!

殺処分となる子たちは、人間に裏切られてしまった子たちです。
その存在から目を逸らしたり、否定してしまうのは
あの子達に対し二重の裏切りを与えてしまう気がするのです。

私たち人間が犯した罪をしっかりと受け止めて
あの子達の死が無駄死ににならないよう、
未来が少しでも明るくなるよう前進していかなければならない。
そう思っています。

動物たちから人間のへの「お返し」。
思い上がった人間が多い以上、甘んじて受けなければなりませんね。
人間だけの世界ではないということを自覚するためにも。
soratara@管理人 |  2010年05月22日(土) 20:29 | URL 【コメント編集】

◆猫の手さん
先日はお疲れ様でした~。
邪魔だなんてとんでもないです!

何かをしなきゃ!と思いながらもなかなか行動に移せない人が多い中、
勇気を出してその一歩を踏み出して下さったのが本当に嬉しいです♪
これからも頼りにしていますので(笑)、よろしくお願いします!
そうそう、レインコートは島忠ではなく100均ですよ~(笑)

私の写真はショボいコンデジです。
ビンボー我が家にはデジイチなんて夢のまた夢です(苦笑)
soratara@管理人 |  2010年05月22日(土) 20:35 | URL 【コメント編集】

◆さーやんさん
今頃になって思い出しました。
以前コメントを下さっていましたね。
大変失礼致しました(汗)

ご紹介したドッグランはいろいろな広場がありますので
機会があればぜひ行ってみて下さい。
でも同じ千葉県なのに遠いですよね(苦笑)
soratara@管理人 |  2010年05月22日(土) 20:37 | URL 【コメント編集】

ボランティアなんてやって緩く生きて行けるあんたらが
上から目線で偉そうにいうこっちゃないな。
思うのは勝手だが、不特定多数の人間が見れるとこに書くべきじゃないよ。
s |  2010年05月26日(水) 16:18 | URL 【コメント編集】

◆sさん
初めまして・・・でしょうか?
たぶん違う気がしますが。

>ボランティアなんてやって緩く生きて行けるあんたらが

この言葉は私の生活状況を知ったうえでのコメントでしょうか?
まっ、知ってたらこの言葉は絶対に出てこないはずですが(笑)
というより、sさんは今どき珍しく

ボランティア=暇とお金を持て余している人がやること

そう思っている古い固定観念をお持ちの方のようですね。
現実を知らないというのは不幸ですよ。

そして
ボランティアなんてやらずに緩く生きて行ける貴方が
上から目線で偉そうにいうこっちゃないです。

>思うのは勝手だが、不特定多数の人間が見れるとこに書くべきじゃないよ。

この言葉、そのままそっくりお返し致します。
貴重なお時間を割いてまで当ブログをご覧下さり、
そして貴重なご意見をありがとうございました。
soratara@管理人 |  2010年05月26日(水) 20:19 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。