--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.10/29 (Thu)

センターへ行ってきました 



今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。


【 子犬舎 】

生後2~3ヶ月位の子たち
2009_1029_1.jpg


2009_1029_2.jpg




かなり前から子犬舎にいる虎毛模様の可愛いキョウダイ
2009_1029_3.jpg
この子たちは今日、保護団体に引き出されたかも!?




生後3ヶ月位のジャックラッセルテリアのような模様の子
2009_1029_4.jpg




生後2ヶ月位の子たち
2009_1029_5.jpg


2009_1029_6.jpg


2009_1029_7.jpg


皆とても人懐こく、可愛い子たちばかり。

来週、譲渡会が開催されるそうなので、良いご家族とご縁が繋がりますように。

子犬を迎えようとお考えの方は、ぜひセンターにいる子たちも検討して下さい。

譲渡会に参加したい方は、事前に申請(登録)が必要です。

「 こんな子が欲しい 」 という希望も聞いてもらえますよ。





●鑑定室

高齢と思われるポメラニアン
2009_1029_8.jpg


センター職員さん曰く、8歳位じゃないかとのことです。

個人的にはもうちょっといってる気も・・・

でも、とっても元気な子です。






●収容棟

引き出しの声がかかっていない子たちを紹介します。


【 2日目の部屋 】

11月4日(水)収容期限です。

首から背中にかけて皮膚病のせいで脱毛しています
2009_1029_9.jpg


クリクリの大きな目が印象的な子です。

皮膚病を治療し、毛さえ生えてくれば、それはそれは可愛い子だと思います。



体重10キロ前後の白柴のような子
2009_1029_10.jpg




体重20キロ前後と大きめですが、とても穏やかそうな子
2009_1029_11.jpg




ビーグルMIXかな?
2009_1029_12.jpg
ドアに駆け寄り、必死に出してくれと訴えていました






【 3日目の部屋 】

11月2日(月)収容期限です。

ラブMIXのような子
2009_1029_13.jpg


この子はずっと部屋の隅に座ったまま、うつらうつらと舟を漕いでいました。

緊張のため横になることが出来ず、でも眠気にも勝てず、という感じ。



垂れ耳の子
2009_1029_14.jpg
体重20キロ前後と大きめですが、落ち着いた雰囲気がある子です




部屋の奥から動かない子たち
2009_1029_15.jpg




この体勢のまま、目だけで私達の動きを追っていました
2009_1029_16.jpg




我が家の卒ワン ボンにそっくりで思わず息を呑みました
2009_1029_17.jpg




卒ワン チップにそっくりな子もいてビックリ!
2009_1029_18.jpg
この子は引き出しの声がかかっているそうです



センターを何回も見学すると、以前にも見たことがあるような子、

似ている子が収容されるのを目にすることが多いです。

今回のボンやチップにそっくりな子たちもそう。


「 同じ飼い主が捨ててるんじゃないの? 」


そんな思いが頭をよぎります。





【 4日目の部屋 】

11月2日(月)収容期限です。

細い首に不釣り合いなほどブカブカな赤い首輪をした子
2009_1029_19.jpg
ビビリらしく、部屋の奥で固まっていました







【 検疫中の子犬たち 】

2009_1029_20.jpg


2009_1029_21.jpg


幸運にも処分を免れ、生きることを許された子たち。

大きな幸せを掴むため、頑張って検疫を乗り切るんだぞ~!







ここ最近、収容頭数がかなり増えています。

職員さんの話によると、毎年春と秋は収容頭数が増えるそうです。

春は 「 引っ越すから 」 とか、ふざけた理由で飼育放棄する人が多い。

秋は・・・職員さんに理由を訊くのを忘れた。(汗)

いずれにしろ、理不尽な理由でしょう。




本来、守るべきはずの家族(命)。

それを捨てる人間は、飼い主失格である前に人間失格。

そう思います。

私は、人間でありたい。(たまに鬼になるのはご愛敬(笑))





スポンサーサイト
Edit  |  23:55 |  動物愛護センター  | コメント(12) | Top↑

Comment

昨日の幸せ旅行ご報告の、チップちゃんとそっくりな子が、
収容されていて、びっくりドキッとしました。
 よくみれば、仔犬たちにも、今までにみたような子がいるような・・・。
 何度も持ち込むひとの追跡調査したいくらいです。
 動物愛護法、適切飼育の違反で50万円罰金ですよね。
 民主党のマニフェストのなかに、
犬猫殺処分数の減数化というのがありましたので、
 政治が変わり、行政が変わることを期待していますが。
 もどかしいです。

実際にセンターに足を運び、酷い現実を目撃しておられる
 sorataraさんには、犬(家族)を捨てた、鬼と化した人間への怒りは、想像するにあまるものがあると思います。
 
 
るる |  2009年10月30日(金) 10:24 | URL 【コメント編集】

◆るるさん
仔犬は特に似てる子が多いです。
同じ飼い主が不妊手術をしないで産ませては捨ててる気がしてなりません。
殺処分数を減らすには、犬猫を飼ううえでの意識変革が必要ですが、
それはとても時間がかかるので、まずは法律の厳罰化など制度を整えて
手のつけられるところから徐々に改革していく必要がありますね。
その意味では民主党に何とか頑張ってもらいたいです。
不本意に命を絶たれた子たちの死を無駄死ににしないためにも。
soratara@管理人 |  2009年10月31日(土) 01:02 | URL 【コメント編集】

そうですね。しっかり法の整備をしていただきたいです。
チップちゃんの兄弟が、収容されているんだとしたら・・・。
センターへ命を連れてくる人には、自分がどんな残酷な事をしているのか早く気づいて欲しい。

どのこもみんな一つの命を持って生まれてきます。
人間だけじゃない、みんな同じです。
それを奪う権利なんて誰も持っていません。

もし、自分のもとに命があって、それ以上増えると困るなら、増やさない努力をしてください。

自分のもとに命があって、その命を一生愛せないなら、自分のもとに命を引き寄せないでください。

命は物ではありません。あなた自身と同じように感情を持ち、喜んだり、怒ったり、愛したり、悲しんだりします。

センターに預けた後、その命がどんな苦しい目にあうのか知ってください。命が消える時どんなに苦しみもがくのかを知ってください。

最後は決して「眠るように」ではありません。

その命が無くなっても灰になってこの世に残ります。

命は一つしかないから変わりもありません。

どうか、気が付いてください。
どうか、お願いです。お願いです。
 |  2009年10月31日(土) 13:01 | URL 【コメント編集】

◆名無しさん
本当に仰る通りです。
誰にでも等しくある“命”。
その大切さに早く気付いてほしいです。
残念ながら現実は、犬猫を“命あるもの”としてではなく
単なる“モノ”、“道具”としてしか見られない人がまだまだ多いです。
その根本的な考え方を変えていくにはどうしたらいいのか。
課題は多いです。
soratara@管理人 |  2009年11月01日(日) 01:23 | URL 【コメント編集】

虎毛模様

初めまして。
なかなかお声が掛からずちょっと育ってきちゃってる
『虎毛模様』の2匹、我が家でお預かりしてます♪
他団体なんですけど、
その目で見て来た仔達は特にその後が気がかりかと思い
お知らせさせて頂きました☆
ご報告まで(^^)/
おかん |  2009年11月01日(日) 06:02 | URL 【コメント編集】

腹立たしい

おはようございます!毎度のことながらセンターに居る子達の悲しい目を見る度捨てた飼い主、探さない飼い主に腹が立ち怒りが治まりません!皆んなまとめてガス室へ入れてやる刑でも作って欲しいです!座ったまま寝てしまっているラブミックスの子、悲しすぎる。。。どこの団体からも声掛かっていないのですか?。。。
りりまむ |  2009年11月01日(日) 10:51 | URL 【コメント編集】

◆おかんさん
初めまして。
わざわざお知らせをありがとうございます。
虎毛キョウダイはやっと家庭犬としての道を歩めるのですね。
2頭の預かりは大変でしょうが頑張って下さい。
soratara@管理人 |  2009年11月02日(月) 00:23 | URL 【コメント編集】

◆りりまむさん
関わった人間によってその運命が左右されてしまうワン・ニャン。
人間の罪は重いですね。
私がセンターへ行った時点では、ラブMIXには声は掛かっていませんでした。
soratara@管理人 |  2009年11月02日(月) 00:26 | URL 【コメント編集】

くやしい・・・だけです。

はじめまして、
私、今年の5月から里親になりました。

いろいろなボランティア団体さんのHPを拝見させて頂いておりますが、何故ワンちゃん、猫ちゃん達はこのようなつらく、悲しい思いを
しなければいけないのでしょうか。
悔しくて、悔しくて・・・

きっと人間にバチがあたります・・・
それまでお互いに頑張りましょう。
座間のクー父 |  2009年11月19日(木) 22:26 | URL 【コメント編集】

◆座間のクー父さん
初めまして。 コメントをありがとうございます。
日本における犬猫の現状は本当に嘆かわしいです。
死に追いやった人間にはバチが当たるべきだと思います。

ただ・・・
果たしてワン・ニャンがそれを望んでいるか?
ワン・ニャンは未来に目を向けて生きる動物で、決して後ろ向きではありません。
人間が見習うべき姿がそこにあります。
人間もあかるい未来を目指してしっかりと前を向いて進んで行きましょう!
soratara@管理人 |  2009年11月19日(木) 23:56 | URL 【コメント編集】

ちばわんで引き出した座って寝ていた子を預かっています
写真をBlogに頂きました
とってもよい子です
応援宜しくお願いします
そら 久遠 |  2009年11月30日(月) 14:38 | URL 【コメント編集】

◆そら 久遠さん
あの子は無事に引き出されたんですね。
良いご縁があることを祈っています。
写真は事前に転載許可をとって頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
soratara@管理人 |  2009年11月30日(月) 22:33 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。