--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.09/25 (Fri)

現実を変えるチカラ 



今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。


●子犬舎

センター主催の譲渡会で新しい家族との出会いを待っている子たちです。


鼻黒の子は生後4~5ヶ月くらいかな?
2009_0925_1.jpg
手前の子は体がちょっと脱毛しています(痒がってはいません)




生後3ヶ月位の虎毛模様が可愛いキョウダイ
2009_0925_2.jpg




生後2~3ヶ月位のとっても人懐こい子たち
2009_0925_3.jpg




ガリガリの男の子
2009_0925_4.jpg
オットセイみたいな声で鳴いてました(笑)




生後3ヶ月位の男の子(だったかな?)
2009_0925_5.jpg






●譲渡用の仔猫たち

生後1~1.5ヶ月位の子
2009_0925_6.jpg
可愛い顔に全然似合わないダミ声で鳴いてました(笑)




生後1ヶ月程の黒白ちゃん
2009_0925_7.jpg







●収容棟

センター職員さんが多忙で確認がとれなかったため、

引き出し要請の有無は不明です。



【 1日目の部屋 】

引き出し予定があると思われる子たちが収容されていました。





【 2日目の部屋 】

9月30日収容期限です。


窓をガリガリして必死に出してくれと訴える子
2009_0925_8.jpg
体重20キロ前後とちょっと大きめの子です



途方に暮れている子
2009_0925_9.jpg






【 3日目の部屋 】

9月29日収容期限です。


ちょっとおとぼけ顔の可愛い子
2009_0925_10.jpg




不安そうな表情を浮かべる子
2009_0925_11.jpg




人の目をシッカリと見つめる子
2009_0925_12.jpg




エサ箱で寛ぐ子
2009_0925_13.jpg




みんなと離れ、部屋の隅で独り寂しく丸まる子
2009_0925_14.jpg




左側の子犬はあまり人馴れしていない感じ
2009_0925_15.jpg






【 4日目の部屋 】

収容犬はいませんでした。





【 最終日の部屋 】

今朝は殺処分が行われなかったため、午前中にもかかわらず

かなりの頭数が収容されていました。


強い意志を感じさせる目をした子
2009_0925_16.jpg




立ち上がって出して欲しいと訴える子
2009_0925_17.jpg
顔の真ん中の白い線は模様ではなく、日差しです




とても穏やかそうな子
2009_0925_18.jpg
痩せていますが、適正になれば恐らく20キロ前後になる子




この子もちょっと大きめですが、穏やかそうな子
2009_0925_19.jpg




左側の子はお乳が垂れ下がっていました
2009_0925_20.jpg




20キロ弱とちょっと大きめですがキレイな子
2009_0925_21.jpg




差し込む光の中で丸まる子
2009_0925_22.jpg
あまり人馴れはしていない感じ




老犬かな?
2009_0925_23.jpg





最近は収容頭数が少ない日が続いていたのですが、

今日は 「 う~ん、多いな・・・ 」 と感じる日でした。

夕方になれば千葉県内の各保健所等で収容期限の切れた子たちが

殺処分されるために富里のセンターへ移送されてきますので

週明けの殺処分頭数はかなり多くなると思われます。






先般フジテレビ 『 ニュースJAPAN 』 の “ 時代のカルテ ”

というコーナーで動物愛護週間にちなんだ特集が組まれていました。

見逃してしまった方も多いと思いますので

youtubeにUPされた動画をご紹介しておきます。




命の現場1  深夜眠れぬ子犬たち






命の現場2  子犬工場 悪質業者の闇






命の現場3  最後の願い 殺処分の現実





正直、最後の動画は見るのが辛いです。

でも、この残酷な現実を全国ネットのニュースで報道したという意味、意義は

非常に大きいと思います。

恐らく 残酷な現実に目を背けるバカな人間の クレーム覚悟で放送したであろう

フジテレビ報道関係者の信念に個人的には賛辞を送りたいです。

また、この辛い現実を安っぽいお涙頂戴モノにすることなく、

しっかりと伝えた滝川クリステルにも好感が持てました。

それだけに彼女の番組降板は残念としか言いようがありません。





この残酷な現実は、貴方のすぐ傍で、そして毎日のように行われている

ある意味 “ 日常 ” です。

こんな “ 日常 ” はおかしいと思いませんか?

それも私達の貴重な税金を使って行っている “ 日常 ” です。

これをおかしいと思わない人間がいるとしたら、それは・・・

貴方がおかしい!(あっ、断言しちゃった(笑))





今の現実がおかしいと思ったら・・・

「 おかしい 」 と声に出して意思表示すればいいんです。

ニュースJAPANへの意見・感想は、コチラ から。





その声が、反響が大きければ大きいほど、

他の番組でも取り上げてもらえる可能性が出てきます。

視聴者の多いゴールデンタイムに放送されれば、

より多くの人が今の残酷な現実を知ることが出来ます。

沢山の声が集まれば、大きな力となって変化を起こします。





貴方の “ 声 ” が現実を変えるかもしれません・・・




スポンサーサイト
Edit  |  23:50 |  動物愛護センター  | コメント(12) | Top↑

Comment

おはようございます!毎回センターレポートは辛く悔しい思いで観させて頂いています。現場へ足を運ばれるボラの方々はもっと辛い思いだと頭がさがります。テレビしっかりと見てあの子たちの瞳、姿を目に焼きつけました!一生忘れない映像でした。以前よりマスコミで取り上げる事が多くなった気がしますがまだまだ現実を知らない人が沢山います。毎週番組として取り上げてやっていただきたいですよね。テレビ局に意見します!以前、朝の{とくだね}という番組にメールしたり{きょうのわんこ}に不幸な犬達の事も取り上げてほしいと手紙を出したことがあります!もっと沢山の人達が要望すれば叶いそうな気がします。
りりまむ |  2009年09月26日(土) 10:38 | URL 【コメント編集】

こんにちは。
私も、命の現場みました!たしかに、全国放送で遅い時間でしたが放送され、多くの人がこの残酷な日常を、非現実じゃなく、しっかり現実として見ることができたと思います!
YoutubeにUPされていたんですね!私もブログにはります!
ありがとうございます。
そして、いつも愛護センターレポート、私行ったことないのですごく為になります。
りり |  2009年09月26日(土) 13:06 | URL 【コメント編集】

こんにちは!教育として我が子に一番教えたい事は「命」です。
おもちゃ同様に犬を欲しがっていた我が子を保健所へ連れて行き、
譲渡で子犬を頂きました。そしてこの動画を見せました。
子供なりに理解してくれたようで我が家にやってきたチャロを抱きしめていました。

是非ゴールデンタイムに放送してほしい。
残酷かもしれないけど、もっと多くの子供たちにも観て欲しいと思います。
チャロまま |  2009年09月26日(土) 14:32 | URL 【コメント編集】

私も見ました。
そして ニュースjapanメールしました。
こういうものを ゴールデンタイムで放送して欲しい・・・可愛い子犬や子猫の紹介で視聴率を取るのではなく クレームが来たとしても現実を知らない人に教えてほしいと。メディアの力はスゴイから。
以前に比べたら こういう放送が増えたとは思うけど センターや悪徳繁殖業者の実態 もっとやってほしいです。
ジジ&くるみ |  2009年09月26日(土) 16:57 | URL 【コメント編集】

sorataraさん、初めまして。

「いつでも里親募集中」でポンちゃんのお笑い100%な姿を発見以来、足しげくこちらにお邪魔していつも楽しく拝見させて頂いています。
(ペット可住宅ではないので、いつも見ているだけなのですが・・・)

「いのちの現場」の特集は色んな動物愛護団体さんのサイトでも取り上げられていて、拝見しました。
sorataraさんの今日の記事を拝見して、何かできることを、と思いニュースjapan宛にメールをしました。TV局に対して感想を送ることは初めてでした。

私も、この問題をもっとたくさんの方に知ってもらいたいと思います。
近いうちに、動物愛護センターにも足を運びたいと考えています。
一日も早く、悲しく命を終えていく子がいなくなるよう、少しずつ何かできればと思います。

ポンちゃんにもステキな里親様が見つかりますように。
ポンちゃんは成犬になったらきっと中々の美男子になるんじゃないかと思ってますw
実家の犬も幼い頃はじみ~な顔だちだったのですが、今はお目目クリンクリンの可愛い子に成長していますから!(贔屓目?)
おじろん |  2009年09月26日(土) 17:30 | URL 【コメント編集】

◆りりまむさん
こんばんは。
りりまむさんが仰る通り、以前よりマスコミで取り上げる機会が多くなったと思います。
それでも知らない人、いえ、知ろうとしない人が沢山いる。
そういう人たちの目に嫌でも触れさせるためにも(嫌がらせか!?(笑))、
マスコミにももっと頑張ってほしいです。
そのためには私たちが頑張って意見を送らないとマスコミも動けませんからね。
ガンガン送っちゃって下さい(笑)
soratara@管理人 |  2009年09月26日(土) 21:47 | URL 【コメント編集】

◆りりさん
こんばんは。
全国放送で報道したことには大いに意義があると思います。
後は、この残酷な日常を遠い世界のモノと思わないでいてくれたら・・・
そう願っています。
自分の目ではなく、メディアを通してだとどうしても実感しづらいので。
まずは「知る」ことの第一歩として考えてくれたらいいなと思っています。
soratara@管理人 |  2009年09月26日(土) 21:53 | URL 【コメント編集】

◆チャロままさん
こんばんは。
子供は大人よりも頭が柔軟なので、しっかりと現実を受け止める力を
持っていると思います。
それをフォローするのが親(大人)の役目。
チャロままさん宅はそれが出来ているので素晴らしいですね!
今はそれが出来ない親(大人)が多いのが残念です。
是非ゴールデンタイムに放送して、親子で“命”について
話し合ってもらいたいと思っています。
soratara@管理人 |  2009年09月26日(土) 21:58 | URL 【コメント編集】

◆ジジ&くるみさん
ニュースJAPANにメールして下さったんですね!
ありがとうございます。
メディアの力は大きくて、良くも悪くも作用してしまうので難しい部分はあるのですが、
やはり知らない人間が多すぎる現実はちょっと問題です。
そのためにもゴールデンタイムで放送してほしいです。
そして、もっと突っ込んで報道してほしいと私も強く思います。
でも、まずは「知る」という第一歩が大事なのかなとも思います。
soratara@管理人 |  2009年09月26日(土) 22:04 | URL 【コメント編集】

◆おじろんさん
初めまして。 コメントをありがとうございます。
ポンの怪しい(?)魅力に惑わされてしまった方がここにも(笑)

ニュースJAPANにメールを送って下さったんですね。
ありがとうございます!
やはり反応、反響がなければメディアは動きませんので
一人ひとりの意見が大きな力になると思います。

正直、メディアを通して「知る」ことは大切ですが、
メディアや他人の目を通してではなく、自分の目で現実を見つめてほしい。
それが私の切なる願いです。
おじろんさんがそれを実行しようとして下さっているのが本当に嬉しいです!

ポンにもステキな里親さんが見つかるよう頑張ります!
今は完全にお笑い系のポンですが、成犬になったら・・・
う~ん、やっぱりお笑い系かな?(笑)
でも、そこがポンのいいところ、可愛いところなんだと思います。
その良さを理解してくれる里親さんとご縁が繋がるといいなと思っています♪
soratara@管理人 |  2009年09月26日(土) 22:15 | URL 【コメント編集】

この国はおかしいと改めて再認識

目の前から消えたら、忘れてしまう人間が何と多いことか。
飼育放棄した人には、殺処分現場を実際見るか、またはビデオを
100回みることを義務付ければいいのにと真面目に考えてしまいます。
だって虐待は捕まるのに、この人たちは捕まらない。
ブリーダーもひどいですが、飼育放棄の一般飼い主
(とも呼びたくない)最低ですよね。

この国はやっぱりおかしい。。
熊本県は希望でもありましたが。。まともな人間がまともな
ことをできる社会になることを切に祈りながら、先は長い・・
とも再認識(年取っていられないわ!)
ミヨママ |  2009年09月27日(日) 22:19 | URL 【コメント編集】

◆ミヨママさん
飼育放棄した人にはガス注入のボタンを押させて、
自分の犬猫が死ぬ場面をしっかりと見せるべきでしょう。
他人任せにするのではなく、自分で責任をとらせなければ。
「最期まで命に責任を持つ」
それが飼い主の義務だから。
というか、一緒にガス室に入るべきだよね。(あぁ、本音が(笑))

おかしいこの国が、おかしくなるなる日はまだまだ遠い・・・
年取ってられないし、ハゲてもいられないわよ(笑)
soratara@管理人 |  2009年09月27日(日) 23:50 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。