--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.05/24 (Fri)

小学生 



5頭引きで散歩していたら、
自転車に乗った小学生が後ろから近づいてきた。


「うわぁ~、犬がいっぱい!」


周り中に聞こえるような大声で叫んでる。
保護ハハたちの横に並ぶと
ワンコたちをジロジロとガン見。
そして、追い抜いていく時に一言。

















「全部  柴犬 だ!」







タラ:「柴犬とは体型が全然違いますけど」
2013_0524_1.jpg

でも、タラは茶色で立ち耳で巻き尾。
小学生が間違えるのも無理ないかもしれない。



そら&サキ:「色が白いんですけど」
2013_0524_2.jpg
サキちゃんブサイク(苦笑)

白柴もいることだし、立ち耳で巻き尾だから(正確にはサキは差し尾)
これまた間違えるのも無理ないかもしれない。


でもねぇ
半垂れ耳のポックルと半長毛のタクぼんが
“柴犬” って・・・(笑)。
どう考えても無理ありすぎだろ!?


柴犬?
2013_0524_3.jpg



柴犬???
2013_0524_4.jpg


やっぱり犬のことを良く知らない世間一般的には


犬=柴犬


なのかねぇ。

つーか
あの小学生・・・


“雑種”って犬の存在を知らないのかも!?



ポックルとタクぼんの柴犬疑惑(笑)に一人ウケつつ歩いていたら
前方に小学1年生くらいの男の子と女の子が。
後ろから歩いてくる保護ハハ軍団に気づいた小学生2人が
これまた周りに聞こえるような声で一言。



「うわぁ~、ほそほそワンコがいっぱい!」



ほそほそワンコ???
あぁ、“細々ワンコ”ってことね。

立ち止まって保護ハハ軍団を見ている小学生2人の横を通り過ぎる時、
男の子が大声で叫んだ。




「ほそほそワンコが1っぴーき!」



あぁ、細々ワンコの数を数えようとしてるのね。
5頭の中で一番細い(というかガリガリ)のはタクぼんだけど
毛がフワフワしててパッと見には細く見えないから
細身のタラ、サキ、ポックルあたりの数を数えるのかな?


そら:「アタシの名前が出てきてないけど?」
2013_0524_5.jpg
だって細くねーし(笑)















「・・・・・・・・・・。」






って、オイ!
1匹で終わりかよ!?
それは “いっぱい” って言わねーだろ!?


最近の小学生
ツッコミどころが多くて困るわ(笑)。


スポンサーサイト
Edit  |  23:50 |  ひとりごと  | コメント(6) | Top↑
2013.05/22 (Wed)

変化 



あまり間を空けずにブログ更新しようと思っていたのに
ちょいと風邪を引いてしまい、毎日バタンキュー(←死語?)
トシを実感する今日この頃(苦笑)。



さて
ご心配をお掛けしているタクぼん。

前回のブログ更新後も順調に(?)腹水が増え続け、
後ろ足を上げて自分の体を掻くこともできないほどお腹パンパンに。

幸いなことに食欲は落ちないものの、
自ら進んで食べるというより、
執念で食べてるという感じになってきました。

そうなってまでも“食べる”ということにこだわる
ド根性はアッパレだけどね(笑)。


タクぼん:「“執念のオトコ”と呼んで♪」
2013_0522_1.jpg


そろそろ腹水を抜く頃かと思い、
タクぼんを病院に連れて行ったところ、先生が一言。


「もうちょっと頑張ってためましょう」










タクぼん:「まだ溜めるんかい!?」
2013_0522_2.jpg



タクぼんは横から見るとお腹が下に向かって膨らんでるのが分かる。
でも、上から見るとお腹が膨らんでいるのはそんなに分からない。

2013_0522_3.jpg


上から見てもお腹パンパンなのが分かるくらい
横に膨らんできたら抜きましょう、と。


ひょえ~!
そこまでためなきゃイカンのか。


腹水には栄養分が含まれているので、抜くと体力が落ちてしまう。
だから、なるべくなら抜かない方がいいのです。

それはよ~く解かっているんだけど・・・

食欲が落ち、更に腹水も大量に抜くとなると
体力がガタッと落ち、なかなか元の状態には戻せなくなる。
どんどん衰弱していくばかりになってしまうので、
そうなる前に、体力があるうちに何とかしたいのです。

先生にそう言ったところ、
「利尿剤を最大容量で試してみましょう」と。

利尿剤をたくさん使うと腎臓にかなりの負担がかかるので
リスクが怖いけど、とりあえず試してみることに。
その結果・・・





前回のお腹
2013_0511_1.jpg

今回のお腹
2013_0522_4.jpg


ビミョ~な違いが分かるかな?
利尿剤を飲ませたら、見違えるほどオシッコが出るようになり
お腹の張りも小さくなってきました。

まだ腹水は残っていますが、
はち切れんばかりにお腹パンパン
という状態からは何とか脱しました。

そのお陰で食欲も戻り、
無理やり食べているという感じも無くなりました。


タクぼん:「食欲モリモリ」
2013_0522_5.jpg



ただ
このままたくさんの利尿剤を使い続けるワケにはいきません。
何しろ利尿剤は、極端な言い方をすれば


全身の水を無理やり絞り出している


腎臓には相当な負担がかかっています。
このまま負担をかけ続けたら、腎臓は機能しなくなるでしょう。

とりあえず
前回とは違う薬草茶を試してみたところ、ちょっと効果があったので、
今は利尿剤の量を徐々に減らしています。
今後は漢方薬も試してみるつもりです。


利尿剤は使わずに、タクぼんの体になるべく負担をかけずに
腹水をコントロールできる治療法が早く見つかるといいなぁ。



ちなみに、タクぼん
腹水がたまっていようがいまいが、相変わらず元気です。
最近は他の子たちと一緒に散歩に行くこともあります。
もちろんタクぼん最優先ペース。


ひとり残念なヤツが(笑)
2013_0522_6.jpg


この元気がいつまでも続きますように!


Edit  |  23:55 |  保護ワン タク  | コメント(4) | Top↑
2013.05/11 (Sat)

そろそろ 



またまた間が空いてしまいました。
すみません(汗)。


さて
利尿剤の量が増えたタクぼん。
順調に腹水が・・・




たまってます(泣)。



お腹ポンポコリン
2013_0511_1.jpg


利尿剤が効いてない感じ。
腹水はたまる一方。


ヤバイっす(汗)。


一応オシッコは出るには出てるんだけど
利尿剤を飲んでる割には少ない。
何も飲んでないポックルの方がよっぽど豪快に出てる。


ジャンジャカジャ~ン!
2013_0511_2.jpg



やっぱり腹水を抜くしかないか


ってことで、先日タクぼんを病院に連れて行きました。
そして、腹水は・・・




抜いてません(笑)。




先生曰く、
頻繁にお腹に針を刺さない方がいいから
もっと腹水がたまってから抜きましょう、と。


“もっと”ってどの位?


腹水が沢山たまるとお腹の中の臓器を圧迫する。
胃も圧迫されて食欲が落ちるので、
そうなったら抜いた方がいい、と。


タクぼんの食欲が落ちるのを待つ・・・


















タクぼん:「無理でしょ!?」
2013_0511_3.jpg


そうだよねぇ。
何たってタクぼんの食欲は底なしだもんねぇ。

つーか
みすみす具合が悪くなっていくのをただ指を咥えて見てるだけ
ってのは何だかねぇ・・・

ってことで、必死こいていろいろ調べ、
ワンコが飲んでもOKな利尿効果のある薬草茶
ってのを見つけたので早速試してみました。

結果・・・
















タクぼん:「どんどん溜まってます♪」
2013_0511_4.jpg


オシッコの量は少し増えたのですが
腹水が減るまでには至らず。
腹水はどんどん溜まってます(汗)。

散歩に出掛けると、
すぐに息が上がるようにもなってきました。
気温が高くなってきたせいもあると思うけど、
やはりお腹が圧迫されて呼吸が苦しいのでしょう。

お腹パンパンになっても相変わらず食欲旺盛で元気だし、
いいウ○チも出てるけど、そろそろ限界かな。


近日中に一旦腹水を抜いてもらう予定です。


腹水を抜くと楽になるのはいいんだけど、
腹水が入っていたスペースが空くので
また腹水がたまりやすくなってしまうんです。
それが問題。

腹水がたまりにくくなるような方法を
またネットで調べなきゃ!


なんだけど・・・
ここのところずっと絶不調の我が家のPCちゃん。

ブログ更新をほったらかして(汗)
必死こいてネットで調べたり、勉強したりしてるのに

いきなりフリーズ!
そして強制終了。

なんてことになっちゃったりするんです。
そうなると・・・






















2013_0511_5.jpg


思わず保護ハハもフリーズしちゃうこと多数(笑)。


タクぼん:「保護ハハ、髪の毛うすくなったね」
2013_0511_6.jpg


タクぼんが頑張ってるんだから
PCちゃんも頑張ってくれ~!


Edit  |  22:10 |  保護ワン タク  | コメント(12) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。