--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.10/30 (Sun)

早期終了 



あぅ~!
デジカメちゃんがヤバイ感じ。(汗)

散歩に行く度に持ち歩き、何度もガッツリと落としてるので
壊れるのは時間の問題だと思ってたけどね。
でも、まだ買って1年半なんだよね。

今はデジカメを買い替える余裕なんて無いから
あと2年は使いたいんだけどなぁ。 
何とか頑張ってくれ、デジカメちゃん!






朝っぱらからサキに因縁をつけられ
2011_1030_1.jpg




でも、珍しくサキをガッツリと押さえこむ
2011_1030_2.jpg
サキが必死に脚を踏ん張って抵抗してる















・・・と思ったけど、案の定、強烈なサキパンチで反撃される
2011_1030_3.jpg




バトルにタラも加わって、もみくちゃにされるポックル
2011_1030_4.jpg


朝っぱらからたっぷりとバトルにいそしんだ後、




家に帰ってベランダでみんな仲良く日光浴
2011_1030_5.jpg
今日は、午前中の早い時間は晴れてた




ポックル:「朝から張り切りすぎてネムネム・・・」
2011_1030_6.jpg

















そして、全員撃沈
2011_1030_7.jpg


これにて本日終了~!
めっちゃ早っ!!(笑)


スポンサーサイト
Edit  |  20:45 |  保護ワン ポックル  | コメント(2) | Top↑
2011.10/29 (Sat)

お疲れちゃん 



2011_1029_1.jpg


ここ最近、夜になると猛烈な睡魔に襲われる。
気がつくと行き倒れてるし。
「春眠暁を覚えず」って季節じゃないんだけどなぁ。
疲れてるのか、自分!?



ポックル:「頭の中が春だからでしょ!?」
2011_1029_2.jpg
それはお前さんのことだよ













そして、ここにもお疲れちゃんなヤツが!
2011_1029_3.jpg





毎日こんなに イジメられて バトルしてりゃ、そりゃ疲れるわな
2011_1029_4.jpg


だからって・・・

























死んじゃイカン!
2011_1029_5.jpg
白目むいて昇天中(笑)



Edit  |  22:15 |  保護ワン ポックル  | コメント(2) | Top↑
2011.10/28 (Fri)

公園にて 



公園で佇む3バカトリオ
2011_1028_1.jpg
左から、ポックル、タラ、サキ




サキが何かを発見
2011_1028_2.jpg














サキ:「バッタさんだ~!」
2011_1028_3.jpg
サキちゃん、後ろ姿が(特に後ろ足が)大マヌケです





2011_1028_4.jpg




サキ:「バッタを捕まえるなら、こっちもバッタに成りきらなきゃね」
2011_1028_5.jpg


サキはワンコ・・・
そして、バッタは食わんでいい!


Edit  |  23:05 |  保護ワン サキ  | コメント(0) | Top↑
2011.10/25 (Tue)

センターへ行ってきました 



今日は久しぶりに千葉県動物愛護センターへ行ってきました。


●子犬舎

元気な5頭の子犬たちがいました。
明後日(27日(木))開催されるセンターの譲渡会に参加します。
良いご縁に恵まれますように!

生後3~4ヶ月の男の子
2011_1025_1.jpg


上の子とキョウダイの男の子
2011_1025_2.jpg
見事に同じ顔だ(笑)


この2頭、まぁ元気! 元気!!
少しラブの血が入ってるかな?って感じ。
顔つきもそうだけど、ちょっとアホっぽいところが
ポックルを彷彿とさせる可愛い黒毛キョウダイです。



「いい湯だな♪」
2011_1025_3.jpg
桶に大人しく入ってシャンプーされるとっても良い子♪


ぬ~ん!
2011_1025_4.jpg
上の写真と同じ子(耳デカすぎ:笑)



上の写真の子のキョウダイ
2011_1025_5.jpg
この子も大人しくてされるがまま


「構ってちょ♪」
2011_1025_6.jpg
上の写真と同じ子


この2頭は生後3~4ヶ月くらいのキョウダイ。
かなりスリム(というか痩せすぎ)で脚が長く、
我が家のタラ系ワンコ。
顔つきを見て男の子だと思っていたら女の子だった。(苦笑)

2頭ともちょいとビビリ。
でも、固まったり噛んだりするような極度のビビリではない。
写真を見れば分かるように、子犬舎では自分から寄って来る。
こういうちょいビビリって子が実は一番飼いやすいタイプ。

子犬舎の窓枠に登っちゃうようなヤツらだけど(汗)
2011_1025_7.jpg
まぁ、これはご愛敬(苦笑)




生後2~3ヶ月くらい(性別を確認するのを忘れた:汗)
2011_1025_8.jpg


「な、何ですか?」
2011_1025_9.jpg


写真を見れば分かる通り、この子もちょいとビビリ。
笑っちゃうくらいされるがままで、緊張してずっと固まってた。
この子、実物はメチャクチャ可愛いのに、写真映り悪過ぎ。(汗)
実物はデカパピっぽい感じの可愛い子です。




●収容棟

センター職員さんに確認をとれなかったので
譲渡先の有無は不明です。


★譲渡室

白柴っぽい子(男の子だったかな?)
2011_1025_10.jpg


譲渡希望者がいたのですがキャンセルになり、
もう2ヶ月くらいセンターにいるそうです。
ずっとこの狭いケージの中ではストレスも溜まる一方でしょう。
「出してほしい」と必死に訴えていました。
この子は 譲渡先、預かり先を募集中 です。


生後6ヶ月前後と思われる人懐こい子犬
2011_1025_11.jpg


2011_1025_12.jpg


2011_1025_13.jpg


大ぶりなポメラニアン
2011_1025_14.jpg
写真を見る限り、歯がキレイ(=若い)かも!?


トイ・プードル?
2011_1025_15.jpg
白内障になっているのでシニアと思われます


ヨーキー
2011_1025_16.jpg
落ち着いて大人しい感じの子


白柴っぽい子以外の子は、譲渡先の有無は不明です。
純血種(小型犬)の子たちは、センター譲渡会に参加するのかも!?




★鑑定室

体重7キロ前後と小ぶりで大人しい男の子
2011_1025_17.jpg


部屋に入った時、その存在に気づかなかったほど大人しい子。
落ち着いた感じで、人懐こくて性格が良さそう。
写真だと分かりづらいけど、右後ろ足が欠損してます。
人間で言えば、膝から下が無い感じ。
でも、ワンコって3本足でもフツーに生活できるし、
走り回るのなんて余裕のよっちゃん。


2011_1025_18.jpg


2011_1025_19.jpg


2011_1025_20.jpg


2011_1025_21.jpg



猫もいました
2011_1025_22.jpg


2011_1025_23.jpg


2011_1025_24.jpg


たぶん生後3~4ヶ月くらいの仔猫
2011_1025_25.jpg
なぜかグショグショに濡れている


目ヤニで目がグチャグチャ
2011_1025_26.jpg
具合も悪そう




★子犬室

2011_1025_27.jpg


2011_1025_28.jpg


2011_1025_29.jpg


みんな大人しくて、心なしか元気が無いような気がしました。
体調が悪いのでなければいいのですが。




★収容部屋

譲渡先が決まっていない子を中心にご紹介します。

【1日目の部屋】

赤いヒモ(譲渡先あり)のついている子たちが収容されていました
2011_1025_30.jpg




【2日目の部屋】

10月24日収容、10月31日収容期限

ジャック・ラッセル(男の子)
2011_1025_31.jpg


ブリタニー・スパニエル
2011_1025_32.jpg

写真では分かりづらいですが、このブリタニー
首輪を何重にも着けていて、カウベルも着いてるし
発信器(?)のような物も着けている。
これだけ沢山着けてるのに迷子になったのかな???
飼い主さんが探してくれているといいのですが。




【3日目の部屋】

赤いヒモ(譲渡先あり)のついている子たちが収容されていました
2011_1025_33.jpg





【4日目の部屋】

10月20日収容、10月27日収容期限
10月28日早朝殺処分予定


今回一番気になった子
2011_1025_34.jpg
体重11キロ位の男の子


上の写真と同じ子
2011_1025_35.jpg
人の目をじっと見つめる


騒ぐでもなく、ただひたすら大人しくじっと見つめる子です。
穏やかで落ち着いた雰囲気があり、性格も良さそう。
諦めてはいないと思うけど、
何とも寂しそうな、悲しそうな瞳が印象的でした。



体重14キロ前後と固太り体型の男の子
2011_1025_36.jpg

人の姿が見えると吠えていました。
威嚇ではなく、人恋しくて吠えているようです。




【最終日の部屋】

10月19日収容、10月27日収容期限
10月28日早朝殺処分予定


部屋の隅から人恋しそうにじっと見つめる子
2011_1025_37.jpg
右後ろ足を怪我しているのか、びっこを引いていました


ひたすら薄茶の女の子のお尻を追いかけ回す黒い男の子
2011_1025_38.jpg

あまりに執拗に追いかけ回されるので
薄茶の女の子は精神的に参ってしまい、ヨダレを垂らしていました。
その後、薄茶の女の子は他の部屋へ移動になりました。


収容頭数が多く、また収容施設が古い(老朽化している)
このセンターではオスメスを分けて収容することが出来ず、
このような事態が発生してしまいます。



命を救うことが大切なのはもちろんですが、
その命を救うことが出来ないのなら
せめて殺処分になるまでの間、
心穏やかに過ごせる環境を作ることも
今後の大きな課題のひとつです。



というか
センターに収容されないことが何より一番なんだけどねぇ。




今日、一緒に作業をした他ボランティアのブログも合わせてご覧下さい。

色即☆是空
Dear my friends
もんもり家族


Edit  |  23:45 |  動物愛護センター  | コメント(2) | Top↑
2011.10/24 (Mon)

黒い粒 



ぐぉ~!
2011_1024_1.jpg


相変わらず豪快な格好で寝ているポックル。
ふと丸出しのお腹を見てみると・・・


















お腹に何やら黒い粒が
2011_1024_2.jpg
貧弱な チン○ンに目を奪われないように(笑)


いや~ん!
ダニー(マダニ)かよ!?

この時期、草むらに入るとまだダニーが体に付いてくる。
きっと遊んでる時にお腹に付いちゃったんだな。

血を吸われる前に取らなきゃ!
そう思い、ダニーを取ろうとしたら・・・































ポックルの小っちゃい乳首だった・・・





















ポックル:「キャーーッ!」
2011_1024_3.jpg



Edit  |  23:30 |  保護ワン ポックル  | コメント(4) | Top↑
2011.10/22 (Sat)

我が家の季節は? 



2~3日前の夕焼けはメチャクチャ綺麗だった。
日が暮れる直前の数分、いや数十秒だったかな。
曇り空が一面、燃えるように真っ赤に染まったんだよね。


2011_1022_1.jpg


あまりにキレイなので、
しばらくボーッと突っ立ったまま見とれてしまった。
ものすご~く冷たい風が吹きまくってて寒かったのに。

で、風邪引きました。
まぁ、自業自得ってヤツです、ハイ。(苦笑)

それにしても、日が暮れるのが早くなったねぇ。
夕方の散歩の時はもう真っ暗。
着実に冬に向かってるんだね。






秋とか冬って、何となく寂しい気分、暗い気分になるけど
我が家にはそんな気配は全く無し。

何気なくワンコたちを見てたら、サキと目が合った。
すると・・・















サキ:「呼んだ?」
2011_1022_2.jpg





サキ:「今呼んだよね???」
2011_1022_3.jpg


呼んでないッス。
つーか、サキちゃん
その顔 変すぎて マヌケっす。
ちなみに咥え方もおかしいッス。

サキは未だに保護ハハの傍に寄って来る時は
何かを咥えていないと不安らしい。
この時も保護ハハと目が合うやいなや、慌てて咥えられるモノを探し、
近くにあったナイラボーンを咥えて、いそいそと近寄って来た。

まぁ、咥えると安心するのなら、それでも別にいいけど
そのマヌケ顔はどうにかならんのか?
そして・・・












ポックルの隣でお股おっぴろげるのもどうにかならんのか?
2011_1022_4.jpg





しかも、うらめしや状態で その格好のまま寝てるし
2011_1022_5.jpg


この通りアホの宝庫の我が家。
寂しい気分とか暗い気分になってるヒマはありましぇ~ん。




サキ:「結局、保護ハハの頭の中が春だってこと」
2011_1022_6.jpg



Edit  |  23:20 |  保護ワン サキ  | コメント(2) | Top↑
2011.10/19 (Wed)

おしゃべり大会 



あ~、くっそ~。
ドラマ「白夜行」のDVDあるのに、
今、昼間に再放送してるのをHDD録画。
夜になると見入ちゃってる。 そして涙ダァーッ!
どんだけハマれば気が済むんだ>自分(笑)





最近の我が家の様子を動画でどうぞ♪





アホのおしゃべり大会絶賛開催中。
その原因は、ナイラボーン。
タラがナイラボーンをガジガジしてるのを見て
それが欲しくてたまらなくなったポックル。

「それ欲しいよ~」

そんなポックルにタラは

「ゴラァ~! オマエになんかやらん!」

タラに一喝されてもポックルは諦めず、

「頂戴、頂戴、頂戴よ~」

しつこいポックルにタラは、

「コイツ、気持ち悪い・・・」

そして、お股パッカシしてるサキに気を取られた隙に
ポックルはちゃっかりナイラボーンをゲ~ット!

















タラ:「オレ様としたことが・・・」
2011_1019_1.jpg
タラちん、茫然自失(笑)


ポックルのアホ全開な粘り勝ちだね。
でもね・・・





















すぐ側に別のナイラボーンがあるじゃん!
2011_1019_2.jpg


そのナイラボーンをガジガジすればいいのに
ポックルはどうしても他の方が気になって欲しくなっちゃう。
隣の芝生が青く見えて仕方がないんだよね。

ポックルと違い、隣の芝生が青く見えないタラは・・・





気を取り直してポックルが放置したナイラボーンをガジガジ
2011_1019_3.jpg


すると・・・
























ポックル:「そのナイラボーンください♪」
2011_1019_4.jpg
タラ&サキ:「何コイツ???」


ポックル
またしても隣の芝生が青々と見えたらしい。
タラから奪い取ったナイラボーン放置して
タラがガジガジしてるナイラボーンをおねだり。
あぁ、再度アホのおしゃべり大会絶賛開催の 悪寒 予感。

そして
我が家はアホのループ状態から抜け出せない。(苦笑)



Edit  |  23:40 |  保護ワン ポックル  | コメント(8) | Top↑
2011.10/17 (Mon)

僕に生きる力をくれた犬 



以前NHK BSで放送されたドキュメンタリー番組。


プリズン・ドッグ ~僕に生きる力をくれた犬~


観た人いるかな?
今までに何回か再放送されてるみたいだけど。


プリズン・ドッグとは、
アメリカの青年刑務所の更生プログラムの一つで、
動物愛護センターから引き出した犬に、受刑者がトレーニングを施し、
里親を探して一般家庭に送り出すドッグ・プログラム。
このドッグ・プログラムを受けた受刑者の再犯率は今のところゼロ。


保護ハハは本放送時(2年前?)にこの番組を観ました。
「将来、日本でも少年院などで同じような取り組みが出来るといいなぁ」
と思いながら。
その番組が書籍化されました。




画像をクリックすると出版社HPに飛びます



書籍化を手掛けたのは、我が家の卒わん 点(旧:テン)の里親様。
番組を観て、犬の力の凄さを実感し、書籍化を申し出たそうです。

点(旧:テン)の里親様が本を送って下さったので(ありがとうございます!)
早速読んでみました。


犬も人間も
誰かを愛し、愛されること
相手を信頼し、信頼されること
それが何よりも大切なんだな~、と。


ものすご~くシンプルなことなんだけど
なかなか出来ないこと、難しいことでもあるのかもしれない。
特に、純粋無垢な犬と違い、打算的、懐疑的な人間には。


自分も一応個人ボランティアの端くれとして
このドッグ・プログラムと同様のボランティアをしてるけど


救っているのではなく、救われている
教えているのではなく、教えられている


それをつくづく感じる。



たとえこんなアホなヤツら相手でもね(笑)
2011_1017_2.jpg



このドッグ・プログラムが成功している理由は
本書の最後に出てくる、このドッグ・プログラムを受けている
受刑者JRの言葉。
それに全て集約されている。

それはどんな言葉かって???

それは読んでからのお楽しみ~♪(笑)



個人的には、この本の表紙の写真にグッときた。
人間も犬もお互いを信用しきって
何とも言えない良い表情をしていて微笑ましい。

ただ一点。
それが鉄格子の中であることを除けば。


それでも、お互いに心に傷を負った人間と犬が
強い絆、信頼で結ばれていることを
このドッグ・プログラムがいかに素晴らしいプログラムであるかを
雄弁に語っている写真であることは間違いない。
犬の力もスゴイけど、写真の力もスゴイ!


この本を読むと、
犬好きの人は目からやたらと汗が出るはず。
だって保護ハハは出ちゃったも~ん!(笑)


犬好きな人も、そうでない人も、
沢山の方に読んでほしい一冊。
貴方も読んで感じてみませんか?


誰でもキッカケ(出会い)さえあれば
人生(犬生)をやり直せるということを。


Edit  |  23:45 |  お知らせ  | コメント(6) | Top↑
2011.10/15 (Sat)

反則 



今日はCS放送のファミリー劇場で
劇的紀行 深夜特急」三部作の一挙放送をやってた。
めっちゃ懐かし~い!(来週再放送あり)

この番組、すごい好きでビデオ録画(←古っ!)したのを
昔、何度も観てたんだよねぇ。
旅行好きにはたまらない番組。(バックパッカーのバイブル)

確かこの番組にはメイキングがあって、それも面白かった。
それも放送してくれないかなぁ。

いや~、それにしても大沢たかおが若い!
旅が進むにつれ、精悍な顔つきに変化していくのがイイ!

個人的にお気に入りのシーンがyoutubeにあったのでUPしちゃう。
砂漠の中、めっちゃ 派手な イカしたオンボロバスが
沈みゆく夕日に向かって走って行く。 BGMは井上陽水の歌。 
う~ん、シビれる!









夜の散歩から帰って来て、
今日録画した「劇的紀行 深夜特急」を懐かしく観ていて
ふと目を落とすと・・・















大胆に股をおっぴろげて熟睡中のポックル
2011_1015_1.jpg


散歩に行く度、みんなと激しくバトルするから
お疲れなのはよく解かる。
でもさぁ・・・
























その顔は反則だろ!?
2011_1015_2.jpg
別の意味でシビれる



Edit  |  23:45 |  保護ワン ポックル  | コメント(2) | Top↑
2011.10/13 (Thu)

反撃? 



相変わらずみんなにイジメられまくりのポックル
2011_1013_1.jpg




特にタラが大張り切り
2011_1013_2.jpg




ポックル:「チクショ~! オレ様だってやるときゃやるぞ!」
2011_1013_3.jpg
ポックルの反撃開始!





枝カミカミしているタラ
2011_1013_4.jpg





ポックル:「オレ様が奪っちゃる!」
2011_1013_5.jpg





ポックル:「へへっ! やってやったぜ!」
2011_1013_6.jpg





でも、タラは奪い返そうとせず、他の枝をカミカミして冷静
2011_1013_7.jpg


良かったねぇ、ポックル。
タラは おっさん オトナで優しいから
無駄な争いはしない。
だからポックルは無事でいられたんだよ。



















コイツだったら半殺しの目に遭ってるよ(苦笑)
2011_1013_8.jpg
サキ:「何のことかしら???」


つーか、サキちゃん
穴掘りし過ぎて、鼻が真っ黒。
しかもブタ鼻。(笑)



Edit  |  23:50 |  保護ワン ポックル  | コメント(2) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。