--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.08/24 (Wed)

センターへ行ってきました 



今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。

●子犬舎

4頭の子犬がいました。
明日(25日)開催される譲渡会に参加します。
良いご縁に恵まれますように。

前回訪問時、両目が白濁していた生後4ヶ月位の女の子
2011_0824_1.jpg

白濁は治っていました! 良かった~♪
どうも栄養状態が悪くて白濁していたようです。
目も治ったし、元気いっぱいで人馴れも問題なし。


生後4ヶ月位の女の子
2011_0824_2.jpg
ちょっと大きめかな?

フワフワの毛にシェパードっぽい黒いマズル。
人の目を見つめながら首を何度もかしげる仕草が
メチャクチャ可愛い子です。


生後2ヶ月位の女の子
2011_0824_3.jpg
牛柄だ(笑) 個性的な模様

大人しくておっとりさん。
マズルが太いし、落ち着いた感じの性格なので
もしかしたら大型犬の血が入っているのかも!?


出ました! ザ・ビビリちゃん(この目つきが:笑)
2011_0824_4.jpg
生後3~4ヶ月位の女の子

梅干しのような鼻に鳶色の瞳。
サキを彷彿とさせるような色素薄い系のビビリちゃん。
でも、サキのような極度のビビリではなく、攻撃性も無いので
家庭に入ればすぐに慣れそう。
首や背中に少しカサブタあり。(他のワンコに噛まれたのかな?)




●収容棟

★譲渡用の仔猫たち

2011_0824_5.jpg

2011_0824_6.jpg

2011_0824_7.jpg

全部で30匹前後いたと思います。
あまりの多さに、まだまだ仔猫シーズンなのだと思い知らされました。
ここにいる子たちは、収容されたうちのごくごく一部です。
この何倍もの子たちが殺処分されている現実。
どう考えてもおかしいです。



★譲渡室

センター職員さんに確認をとれなかったので
譲渡先の有無は不明です。

やはり今日も居ました、M.ダックス
2011_0824_8.jpg

もう1頭、「ヘアレスのダックスか!?」と思うような
皮膚病で全身が脱毛してしまっているM.ダックスもいました。
どちらの子も、M.ダックスにしては大人しくて全く吠えず、
人馴れバツグンの子たちでした。


前回訪問時もいたコーギー
2011_0824_9.jpg


前回訪問時もいた黒ラブ(MIX?)
2011_0824_10.jpg




★鑑定室

以下2頭は負傷犬のようです
2011_0824_11.jpg


この子は起き上れないようです
2011_0824_12.jpg


前回訪問時もいた老犬(?)のヨーキー
2011_0824_13.jpg
前回よりも元気が無かったような気が・・・


まだ生後2ヶ月弱くらいの仔猫もいました(負傷猫)
2011_0824_14.jpg
目が塞がっているのは猫風邪ではないってことなのかな?





★子犬室

可愛いポメラニアンだけがいました
2011_0824_15.jpg
見た目はまだ若そうな気がします





★収容部屋

引き出しの声が掛かっていない(譲渡予定アリのヒモが無い)子を
中心に紹介します。


【1日目の部屋】

セッターとラブラドールがいました。



【2日目の部屋】

8月23日収容、8月29日収容期限

暑さのせいか皆、ひたすら寝ていました。
2011_0824_16.jpg


真ん中の2頭(キョウダイ?)は生後4~5ヶ月の子犬だと思います
2011_0824_17.jpg




【3日目の部屋】

8月22日収容、8月29日収容期限

子犬? 成犬?
2011_0824_18.jpg

上の写真と同じ子
2011_0824_19.jpg

小型犬サイズの男の子です。
扉を開けると、尻尾を振りながら寄って来ました。


この子はたぶん成犬(男の子)
2011_0824_20.jpg
上の写真の子よりも小さい小型犬サイズ
大人しく人の目をじっと見つめる子です


個人的にツボなオッサン顔の子(笑)
2011_0824_21.jpg
オッサン顔だけど、何となく顔立ちに幼さが残るような気が・・・


体重15キロくらいの男の子
2011_0824_22.jpg


脚がスラッと長くスタイルの良いキレイな顔立ちの女の子
2011_0824_23.jpg
体重13キロくらい

上の写真と同じ子
2011_0824_24.jpg
人の姿が見えると人懐こそうに寄って来ました


体重20キロ弱くらいの男の子
2011_0824_25.jpg
シャンプーしたらキレイな子になりそう


部屋の奥からじっと見つめるアイリッシュ・セッター(男の子)
2011_0824_26.jpg




【4日目の部屋】

8月19日収容、8月25日収容期限

人が来ると、オスワリしてじっと見つめる男の子
2011_0824_27.jpg
体重15キロくらい


一番右端の顔を背けている白い子
2011_0824_28.jpg
体重15キロくらいの男の子


以下2頭はずっと寝たままで顔を見せてくれませんでした
2011_0824_29.jpg

2011_0824_30.jpg




【最終日の部屋】

8月26日(金)早朝、殺処分予定の子たち

午前中だったせいか、以下の2頭だけでした
2011_0824_31.jpg


2011_0824_32.jpg

夕方には、千葉県内の各保健所で収容期限の切れた子たちが
殺処分されるために、この富里のセンターに移送されてきますので
収容頭数はもっと増えるはずです。




今日は、一緒にシャンプー作業を行ったさだ母さん宅の
二男くん(小学5年生)がセンターを見学しました。
学校で発表するそうです。
二男くんの目にはセンターの現状はどう映ったかな?


そして
今日もセンターでは親子体験教室が開かれていて
沢山の親子連れがセンターを見学していました。

お子さんは小学生ばかりだったのですが、
見学時も、そして見学を終えて収容棟を出て行く時も皆、
とても冷静で落ち着いていました。

「頑張るんだよ!」

収容部屋にいる子たちに声を掛けているお子さんもいました。


さだ母さん宅のお子さんたちも、
そして、親子体験教室に参加した子どもたちも、
とてもしっかりとしている印象を受けました。
それはやはり親のしつけがしっかりしているからでしょう。

命の尊さを教えられる親(大人)がいれば
今よりもより良い未来、
子ども達にとって誇れる未来になるのは間違いないでしょう。


つまり
大人である私たちが今、踏ん張らなければならない。


それをしみじみと感じた1日でした。



スポンサーサイト
Edit  |  23:45 |  動物愛護センター  | コメント(15) | Top↑
2011.08/22 (Mon)

幸せ? 



ちょっと忙しくて時間がないので手抜き記事UP。




仲良く一緒に寝てるナツとポックル
2011_0822_1.jpg



よく見ると・・・























“手と手(足)を合わせて幸せ”ポーズ
2011_0822_2.jpg












南無~
2011_0822_3.jpg
白目あけて死んでます(笑)



Edit  |  23:55 |  保護ワン ポックル  | コメント(4) | Top↑
2011.08/20 (Sat)

表情 



公園で枝の奪い合いをするサキとポックル
2011_0820_1.jpg


当然の如く・・・




サキの勝利!
2011_0820_2.jpg




器用に前足を使って必死に枝カミカミ
2011_0820_3.jpg


でも、前足を上手く使い過ぎたらしい。
枝が顔の筋肉を押さえたせいで・・・

























ハニワ顔に変身
2011_0820_4.jpg
まるで別犬





顔アップでどうぞ♪
2011_0820_5.jpg
無表情でビミョ~に怖いんですけど(汗)


あぁ、サキちゃん
せっかくの美犬が・・・(汗)



















サキ:「気にしない! 気にしな~い!」
2011_0820_6.jpg
豪快すぎる表情もどうかと思う





★ 応援物資の御礼 ★

2011_0820_7.jpg


いつも応援して下さっている purusunmamaさん より
センター用にと、ガロンサイズのノルバサンシャンプーと詰め替え容器、
我が家用に、ペットシーツとサキ用のオモチャを頂きました。
いつも温かいお心遣いをありがとうございます!

センターの子犬たちは、
センター収容前の環境が劣悪だったり、栄養状態が悪かったりで
皮膚の状態が悪い子も多く、必ず薬用のノルバサンシャンプーで
シャンプーしているので本当に大助かりです!
責任を持ってセンターへ届けます。


Edit  |  23:55 |  保護ワン サキ  | コメント(2) | Top↑
2011.08/19 (Fri)

穴掘り 



タラ&サキ&ポックル:「何だ?何だ???」
2011_0819_1.jpg
マヌケな後ろ姿だ(笑)


散歩してたら、虫か何かが動いた(飛んだ?)らしく
みんな一斉に反応。
と思ったら・・・














こらこらサキちゃん、穴掘りするでねぇ!
2011_0819_2.jpg


おもむろに元気に穴掘りを始めたもんだから
慌てて穴掘りを止めさせたら・・・





















おいっ! おっさん タラまで積極的に穴掘りしてどうする!?
2011_0819_3.jpg
若いモンに示しがつかないだろ!?


最初は、サキが元気に穴掘り掘り。
続いて、タラも負けじと穴掘り掘り。
とくれば、当然ポックルもやるな。






























頭突っ込み係かよっ!?
2011_0819_4.jpg
見事なオチでございました(笑)



Edit  |  23:50 |  保護ワン ポックル  | コメント(0) | Top↑
2011.08/17 (Wed)

いつの日かまた・・・ 



2009年9月にセンターから引き出しのお手伝いをしたエア。
里親様宅にお届け直後、脱走したエアと言った方が分かり易いかな。(苦笑)

そのエアの里親様よりお手紙を頂きました。
以下、里親様からのお手紙です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


8月4日、エアが亡くなりました。
昼、連絡を受けた時には、すでに硬くなってしまっていたので
私の出勤後、間もなくのことと思います。
多分、心不全だろうとのことでした・・・。
心の整理もつかず、連絡が遅くなり大変申し訳ありません。

年賀状ではフィラリア陰転を喜んでいただきましたが、
4月の検査で、またわずかながら陽性反応が出てしまいました。
散歩の途中で立ち止まってしまうことがたまにあったので
昨年検査してみましたが、心臓が少し肥大していることを除いては
他に所見はありませんでした。

当日朝もいつものようにパンを催促し、
ランプに何度も飛びついて遊ぶなどしていたので
何故という思いばかりです。

エアはすごく愛嬌者でした。
おしゃべりな瞳でいつも語りかけてきました。
庭に放すと車に乗せてと車に飛びついて、
遠くに行きたいとよく言われたものです。
土手に行けばランプにちょっかいを出しては走ったり取っ組み合いをしたり、
元気いっぱいのエアでした。

エアが来ない布団はシーツが汚れなくなってしまいました。
平日、目覚ましが鳴っても起きないと起こしに来てくれたエアでした・・・。

私が布団をたたむのが嬉しくて嬉しくて、かえって邪魔ばかりするエア、
地震が来ると吠え続けるエア、
朝3時の新聞配達をやっと吠えなくなったエア、
ランプに目や耳をなめてもらうくせに、自分はちっともなめてあげないエア、
いつも耳がランプのよだれでぬれていました・・・。
クマのぬいぐるみの目と鼻を戻しても戻しても取ってしまうエア。

あの小さなエアがいなくなったら、火が消えたように静かになってしまいました。
ランプも寝たっきりです・・・。
いつも2人で我先に私の元に来るので、おさえるのに大変でしたが
今ではそんな騒ぎもありません・・・。
今思うと、私がどんなに2人にしゃべっていたのか、おかしくなります。
淋しいです。

エアはもっと私たちと一緒にいたかったでしょう、
車に乗せてもらいたかったでしょう、
毎朝パンをおねだりしたかったでしょう・・・
悔しいです。どうして亡くなってしまったのか。
私を呼んでいただろうに、いてあげられなかったことを後悔するばかりです。

将来のことを、多分ランプが私が定年になるころ先立つであろうので
少し早めに辞めて介護して見送った後、やはりのんびり屋になったエアと
女同士楽しくすごせるのかな、なんて考えていました。

保護ハハさんのブログでエアに出会えたことを心から感謝しています。
でも私じゃない所に行ったら生きていられたのかな・・・
一度、脱走はされましたが、ブログで見た瞬間、一目惚れでした。
ほんとにありがとうございました。そして申し訳ありません。
1匹でも多く あかるい未来 をつかめます様に応援しています。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


エアが逝ってしまいました。
個人的には、人もワンコもどんなに長く生きたかよりも
どんな生き方をしたのかが大事だと思ってます。

そうは思っているけど・・・
エアの場合はいくら何でも早すぎた。
まだまだこれからたくさん楽しいことがあったのに。

まだ若いのにフィラリア強陽性だったエア。
心臓肥大もあったことを考えると、
想像以上に心臓にダメージを受けていたのかもしれません。
残念というより、無念の一言です。

里親様もランプくんも今はまだ喪失感でいっぱいで辛い毎日だと思いますが
エアはきっとすぐ側にいて里親様たちを見守っています。
「エア」という名前の通り、空気や風になって。

短い犬生ではあったけど、里親様と巡り会ってからのエアは本当に幸せだった。
里親様からの手紙を読んで、心の底からそう思いました。
エアは里親様と出会うべくして出会ったのだ、と。
里親様には、ただひたすら感謝の言葉しかありません。
エアをこんなにも愛して下さって本当にありがとうございました。


エア
「さよなら」は言わない。
痛みも苦しみも無い世界で、いつかきっとまた会えるから。
いつの日か、里親様やランプくんがその世界に行った時は
迷わないよう、真っ先に迎えに来てね。
エアと出会えて本当に良かった。




エア 2011年8月4日永眠
2009_0905_1.jpg
合掌



Edit  |  23:45 |  お手伝いワン・ニャン  | コメント(10) | Top↑
2011.08/16 (Tue)

お怒りモード 



今年のお盆も終わったねぇ。
お盆であろうとなかろうと、
暑かろうと寒かろうと
元気いっぱいなのが




サキとポックル
2011_0816_1.jpg
公園へ散歩に行けば、毎日飽きずにバトル三昧


なんだけど
今日はやたらとサキがお怒りモード。
ヒステリー気味にバトルしてる。

「何だ?」

そう思ってサキをよく見てみたら




鼻がほんのちょびっと擦りむけてる
2011_0816_2.jpg


どうもバトルに夢中になるあまり、
ポックルがサキにケガをさせてしまったらしい。
そりゃサキは怒るわ。
だからってサキちゃん・・・































その怒り心頭な顔は勘弁して(笑)
2011_0816_3.jpg



Edit  |  23:50 |  保護ワン サキ  | コメント(8) | Top↑
2011.08/12 (Fri)

夢中 



夜の散歩から帰って来て、たまたまテレビをつけたら
ちょうどワンコが出てた。
犬の消えた日』というドラマだったらしい。
テレビからワンコの鳴き声が聞こえてきたので・・・











一目散にテレビ画面にかぶりつくポックル
2011_0812_1.jpg
ポックル:「このワンコさん、どこに連れて行かれちゃうんだろう?」




ポックル:「フムフム、国に供出されるんだね」
2011_0812_2.jpg
ちゃんと読んでんのか!?(笑)




ポックル:「あぁ、兵隊さんの毛皮にされちゃうのか(泣)」
2011_0812_3.jpg





ポックル:「ボクも戦時中に生まれてたら毛皮になってたのかなぁ・・・」
2011_0812_4.jpg


その心配は無いよ。
ポックルの毛皮なんて着たらアホが感染るから断られるよ。










ポックル:「えへへ、アホって最高♪」
2011_0812_5.jpg




Edit  |  23:50 |  保護ワン ポックル  | コメント(2) | Top↑
2011.08/10 (Wed)

センターへ行ってきました 



クラクラと目眩がする程、うだるような暑さの中、
今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。


●子犬舎

元気な5頭の子犬たちがいました。
明日(11日)開催される譲渡会に参加します。
良いご縁に恵まれることを祈るばかりです。

生後4ヶ月くらい(体重5キロ前後)の男の子
2011_0810_1.jpg
モゲだ(笑)

センター職員さん曰く「お口が出る」とのことだったけど
ガシガシとシャンプーしても噛まれませんでした。
ビビリまくってたけど。

他のワンコに噛まれたのか、頭や首、背中に大きなカサブタあり。
検疫中は個別のケージに1頭で入っていたそうなので、
センター収容前に噛まれて、その恐怖でビビッてるのかも!?

抱っこすれば大人しく体を預けて、人の目をじっと見つめる
お目々クリクリのと~っても可愛い子。
極度のビビリではないので、一般家庭に入ればすぐに慣れそう。
一刻も早くボランティアが引き出してくれるといいのですが。


生後6~7ヶ月(体重5キロくらい)の女の子
2011_0810_2.jpg
大人しくてキレイな顔立ちをしてる

写真だと大きく見えるけど、かなり細身で小ぶり。
驚いたことに歯が全部生え変わっているので、
月齢から考えても成犬時は10キロ弱くらいかな。


生後3~4ヶ月くらいの男の子
2011_0810_3.jpg
前回訪問時、両目が白濁していた子のキョウダイ

落ち着いた雰囲気の子だけど、同室の子がいなくなると
ピーピー泣く寂しがり屋。


上の写真の子とキョウダイかな?
2011_0810_4.jpg

写真だと分かりづらいけど、両目が白濁してます。
でも、視力はあるようです。
この子、検疫中は白濁してなかったと思うんだけどなぁ。

ちなみに、前回訪問時に両目が白濁していた子犬は、
片目の白濁が治って視力が戻り、保護団体が引き出してくれました。
ってことは、上の写真の子も白濁が治る可能性があるのかな???


生後2~3ヶ月くらいの人懐こい子犬らしい子犬
2011_0810_5.jpg
この子は間違いなく譲渡会で決まるでしょう





●収容棟

見学途中でデジカメのバッテリーが切れてしまったので
撮れた子たちだけ紹介します。


★譲渡用の仔猫

生後2ヶ月弱くらいの仔猫たち
2011_0810_6.jpg

2011_0810_7.jpg

この三毛はとっても人懐こい
2011_0810_8.jpg

2011_0810_9.jpg




★譲渡室

小ぶりで可愛いコーギー
2011_0810_10.jpg
譲渡先募集中のようです

何だかここ最近、やたらとコーギーが収容されてます。
それぞれ捕獲場所は違うけど、こんなに集中してコーギーばかりが
捕獲されるのはどう考えてもおかしい。
収容されるコーギーは体格や顔つきが似ているので
悪質なブリーダーか無責任な飼い主が分散して捨ててるのかも!?


M.ダックス(レッド)
2011_0810_11.jpg


M.ダックス(クリーム)
2011_0810_12.jpg

相変わらずM.ダックスが収容されていない日はありません。
今現在、7頭(だったかな?)のM.ダックスが収容されています。
どの子も人懐こくて性格は良さそうですが
いずれも譲渡先は決まっていないようです。


ちょいとおデブな黒ラブMIX(かな?)
2011_0810_13.jpg
譲渡先募集中のようです





★鑑定室

目が白内障になっているのでシニアと思われるヨーキー
2011_0810_14.jpg
でも元気いっぱい!


ここにもM.ダックスが
2011_0810_15.jpg


大人しい老犬
2011_0810_16.jpg
15歳だそうです

この老犬は、嬉しいことに見学中、飼い主さんが迎えに来ました!
写真を撮った時は落ち込んでいたのか、ほとんど動かず
元気がなくて心配したんだけど、飼い主さんが迎えに来たら
それはそれは嬉しそうに声を上げて鳴いてました。
やっぱりみんな飼い主さんが迎えに来るのを待ってるんだよね。




★収容部屋

まだ引き出しの声が掛かっていない子を中心に紹介します。


【1日目の部屋】

赤いヒモ(譲渡予定アリ)がついている子が1頭いました。




【2日目の部屋】

8月9日収容、8月15日収容期限

体重15キロ弱くらいの男の子
2011_0810_17.jpg

怪我をしたのか、それとも先天的なのか
左後ろ足のつま先部分が欠損しているように見えました。
そのせいか、痛そうに歩く姿が印象的でした。


体重15キロくらいの女の子
2011_0810_18.jpg
出してほしいと扉の側をウロウロしてました


前回訪問時にもいた、爪が異常に長く伸びてる子
2011_0810_19.jpg
体重13キロくらいの女の子(かな?)

この子はどうも飼い主が分かっているようなのですが
その飼い主が一向に迎えに来ないようです。
このままだと殺処分もあり得るかもしれません。




【3日目の部屋】

8月8日収容、8月15日収容期限

体重12~13キロくらいの男の子
2011_0810_20.jpg
歯がとってもキレイなので、まだ1~2歳くらい

出してほしくて立ち上がってアピールしてました。
人懐こくて性格も良さそう。


セッター2頭
2011_0810_21.jpg

右側の白黒のセッターはこの後、赤いヒモがつけられ検疫に回りました。
頑張って検疫期間を乗り切るんだよ!


部屋の奥でうずくまる子
2011_0810_22.jpg





【4日目の部屋】

8月12日(金)早朝に殺処分予定の子たち

皮膚病の老犬(?)
2011_0810_23.jpg
こんな状態になるまで飼い主は一体何をしていたのか?


部屋の奥で不安そうな表情を浮かべる子
2011_0810_24.jpg


セッター
2011_0810_25.jpg

この子は全身が脱毛し、皮膚に赤みがあって痒がっていたので
恐らく疥癬(かいせん)ではないかと思います。
思わず「腫瘍か!?」と見間違うほどにお乳が垂れ下がり、
何度も無理な出産を重ねさせられてきたことを窺わせます。
でも、この子はこの後、赤いヒモがつけられ、検疫に回りました。
何とか無事にセンターを出られますように。




【最終日の部屋】

8月12日(金)早朝に殺処分予定の子たち

体重12~13キロくらいの女の子
2011_0810_26.jpg
いつも人の姿を目で追う人懐こそうな子

細身でスタイルの良い体にダンボのような大きな耳。
そのアンバランスさが何とも可愛い、明るく性格の良さそうな子です。
見た目はまだ若そうです。
なぜか体格に不釣り合いな太い首輪を2つも着けてました。
首輪が着いてても迷子札が着いていなければ何の意味もありません。


体重10キロくらいの女の子
2011_0810_27.jpg
写真では黒毛に見えますが、実際は虎毛です


奥は、女の子のような可愛い顔をした体重10キロ弱の男の子
2011_0810_28.jpg
手前は、テリアMIXかな? ずっと寝てました


部屋の奥から動かないテリアMIX
2011_0810_29.jpg


同じ場所(銚子市川口)で捕獲されたM.ダックス2頭(男の子)
2011_0810_30.jpg
もしかして飼い主に捨てられたのかな?


手前の壁際からひっそりと見つめる子
2011_0810_31.jpg
体重15キロくらい






夏休み中のせいか、今日は親子体験教室が開催されていて、
うだるような暑さの中、
沢山の親子連れがセンターを見学していました。

子供に辛い現実を見せるのはちょっと・・・
と言う方がいますが、それは大きな間違いです。

子供は大人が思う以上に冷静に現実を見つめ、受け止めます。
また、その手助けをするのが大人の役目です。

これからの未来を担う子供たちの目に
今の現実はどう映っているのか?

子供たちに対して堂々と誇れる現実ですか?




Edit  |  23:45 |  動物愛護センター  | コメント(2) | Top↑
2011.08/09 (Tue)

ベタベタ 



デロ~ン
2011_0809_1_1.jpg


え~
皆さんにはナツの姿に見えるかもしれませんが
これは保護ハハの姿だと思って下さい。




















クソあぢぃーっ!
















叫びたかないけど、思わず叫んじゃう。
あまりの暑さに保護ハハは完全にバテてます。
ダルくて動けない。(汗)

ついでに我が家の洗濯機もご臨終。
何もたくさん汗をかいて洗濯物が多いこの時期に壊れなくても。(泣)

そんなクソ暑さの中・・・




ベッタリ
2011_0809_2.jpg




ベタベタ
2011_0809_3.jpg




ラブラブ
2011_0809_4.jpg




サキ:「何か文句でも?」
2011_0809_5.jpg


あのさぁ
めっちゃ仲良しさんなのはいいことだよ。

でもね
いくらエアコンつけて涼しくしてるからって
(それでも節電のため29℃設定で微風にしてるからビミョ~に暑い)
体くっつけ過ぎじゃない?
見た目にもヒジョーに暑苦しいから勘弁してくれ!

















ポックル:「それってジェラシー???」
2011_0809_6.jpg




Edit  |  23:55 |  保護ワン サキ  | コメント(6) | Top↑
2011.08/07 (Sun)

フェチ 



ポックル:「ナッちゃんのお耳は可愛いねぇ♪」
2011_0807_1.jpg


ポックルは我が家のワン・ニャンたちにペロペロ攻撃をするのが大好き。
特に好きなのが、耳。
かなりの耳フェチらしい。




ポックル:「タラ兄さんの耳に萌え~♪」
2011_0807_2.jpg


普段、口元をペロペロされると、もの凄く嫌がるタラ。






















でも、耳をペロペロされるのは気持ちいいらしい
2011_0807_3.jpg
体がビミョ~に悶えてます(笑)


オカマちゃん同士のお熱いラブラブモードが炸裂する中、




















サキ:「ハイ、ちょっとゴメンなさいよ~」
2011_0807_4.jpg
ナイラボーンを咥えて前を通り過ぎるお邪魔虫サキ(笑)




Edit  |  23:45 |  保護ワン ポックル  | コメント(2) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。