--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.06/16 (Tue)

センターへ行ってきました 



今日は千葉県動物愛護センターへ行ってきました。

ここのところ収容部屋は検疫中だったり、

引き出し予定のある子たちばかりが収容されています。

それだけ引き出してくれる人間がいることに明るい光を感じつつ、

それでもやはり暗黒の死へと向かっている子たちもいる現実。

センターは明暗を分ける過酷な場所であることに変わりはないようです。

暗闇に一筋の光を照らすべく、

引き出しの声がかかっていない子たちをご紹介します。




【 2日目の部屋 】

6月22日(月)収容期限です。


体重12キロ弱と思われるとても可愛い子
2009_0616_1.jpg



立ち姿が凛々しい!
2009_0616_2.jpg





恐怖からか、震えが止まらない子
2009_0616_3.jpg



「 ここから出たいです! 」
2009_0616_4.jpg





部屋の奥で寄り添うビーグルとM.ダックス
2009_0616_5.jpg




細身のM.ダックス
2009_0616_6.jpg
この子はもしかしたら引き出しの声が掛かったかも!?



収容犬情報を見ても分かる通り、最近M.ダックスの捕獲が相次いでいます。

職員さんの話によると、今現在M.ダックスは9頭も収容されているそうです。

どう考えてもこの数は異常です。

しかも、6月11日に同じ場所で捕獲された3頭は老犬です。

恐らく同じ飼い主が捨てたのでしょう。

今まで共に暮らした時間は “ ゴミ ” でしかなかったのでしょうか?






【 検疫部屋 】


てへっ♪ 
2009_0616_7.jpg



ボク、まだいま~す!
2009_0616_8.jpg



今日は何だかベッピンさんがいっぱいで嬉しいぞ♪
2009_0616_9.jpg


もう “ センターの顔 ” と言っていいくらいにお馴染みの子です。(汗)

きっとセンターを訪れるボランティアみんなが、

この子の行く末を案じている思います。

なぜなら・・・


この子は本当にいいヤツなんです!


顔はゴツイけど。(笑)

でも、とっても味のあるいい顔をしてるでしょ!?

性格の良さが顔ににじみ出てる。

ワンコと穏やかな生活を送りたい方にはピッタリのワンコです。

ぜひこの子に注目してくださ~い!!!






写真には撮りませんでしたが、

子犬舎にはムク&モコのキョウダイが1頭だけいました。



ムク&モコのキョウダイ
2009_0616_10.jpg
満月さんより写真を頂きました




2009_0616_11.jpg
みゆマリエスさんより写真を頂きました




明日(17日)、センターで開催される譲渡会に参加するために残された男の子です。

保護当初のムク&モコ同様、下痢が酷いのでしょう。

栄養が摂れないせいで貧血気味なのか、歯茎が真っ白でした。

ムク&モコは投薬効果が出て、もうすでに良いウ○チになっています。

栄養が摂れているので歯茎が白いなんてことはありません。




男の子なら里親希望者がいるのでセンターに残された彼。

女の子だから誰にも見向きもされずに我が家に来たムク&モコ。



男の子だから・・・

女の子だから・・・



性別に一体何の意味があるんだろう?

何ともやり切れない気持ちを抱えたままセンターを後にしました。






スポンサーサイト
Edit  |  22:15 |  動物愛護センター  | コメント(2) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。