--.--/-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.08/17 (Wed)

いつの日かまた・・・ 



2009年9月にセンターから引き出しのお手伝いをしたエア。
里親様宅にお届け直後、脱走したエアと言った方が分かり易いかな。(苦笑)

そのエアの里親様よりお手紙を頂きました。
以下、里親様からのお手紙です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


8月4日、エアが亡くなりました。
昼、連絡を受けた時には、すでに硬くなってしまっていたので
私の出勤後、間もなくのことと思います。
多分、心不全だろうとのことでした・・・。
心の整理もつかず、連絡が遅くなり大変申し訳ありません。

年賀状ではフィラリア陰転を喜んでいただきましたが、
4月の検査で、またわずかながら陽性反応が出てしまいました。
散歩の途中で立ち止まってしまうことがたまにあったので
昨年検査してみましたが、心臓が少し肥大していることを除いては
他に所見はありませんでした。

当日朝もいつものようにパンを催促し、
ランプに何度も飛びついて遊ぶなどしていたので
何故という思いばかりです。

エアはすごく愛嬌者でした。
おしゃべりな瞳でいつも語りかけてきました。
庭に放すと車に乗せてと車に飛びついて、
遠くに行きたいとよく言われたものです。
土手に行けばランプにちょっかいを出しては走ったり取っ組み合いをしたり、
元気いっぱいのエアでした。

エアが来ない布団はシーツが汚れなくなってしまいました。
平日、目覚ましが鳴っても起きないと起こしに来てくれたエアでした・・・。

私が布団をたたむのが嬉しくて嬉しくて、かえって邪魔ばかりするエア、
地震が来ると吠え続けるエア、
朝3時の新聞配達をやっと吠えなくなったエア、
ランプに目や耳をなめてもらうくせに、自分はちっともなめてあげないエア、
いつも耳がランプのよだれでぬれていました・・・。
クマのぬいぐるみの目と鼻を戻しても戻しても取ってしまうエア。

あの小さなエアがいなくなったら、火が消えたように静かになってしまいました。
ランプも寝たっきりです・・・。
いつも2人で我先に私の元に来るので、おさえるのに大変でしたが
今ではそんな騒ぎもありません・・・。
今思うと、私がどんなに2人にしゃべっていたのか、おかしくなります。
淋しいです。

エアはもっと私たちと一緒にいたかったでしょう、
車に乗せてもらいたかったでしょう、
毎朝パンをおねだりしたかったでしょう・・・
悔しいです。どうして亡くなってしまったのか。
私を呼んでいただろうに、いてあげられなかったことを後悔するばかりです。

将来のことを、多分ランプが私が定年になるころ先立つであろうので
少し早めに辞めて介護して見送った後、やはりのんびり屋になったエアと
女同士楽しくすごせるのかな、なんて考えていました。

保護ハハさんのブログでエアに出会えたことを心から感謝しています。
でも私じゃない所に行ったら生きていられたのかな・・・
一度、脱走はされましたが、ブログで見た瞬間、一目惚れでした。
ほんとにありがとうございました。そして申し訳ありません。
1匹でも多く あかるい未来 をつかめます様に応援しています。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


エアが逝ってしまいました。
個人的には、人もワンコもどんなに長く生きたかよりも
どんな生き方をしたのかが大事だと思ってます。

そうは思っているけど・・・
エアの場合はいくら何でも早すぎた。
まだまだこれからたくさん楽しいことがあったのに。

まだ若いのにフィラリア強陽性だったエア。
心臓肥大もあったことを考えると、
想像以上に心臓にダメージを受けていたのかもしれません。
残念というより、無念の一言です。

里親様もランプくんも今はまだ喪失感でいっぱいで辛い毎日だと思いますが
エアはきっとすぐ側にいて里親様たちを見守っています。
「エア」という名前の通り、空気や風になって。

短い犬生ではあったけど、里親様と巡り会ってからのエアは本当に幸せだった。
里親様からの手紙を読んで、心の底からそう思いました。
エアは里親様と出会うべくして出会ったのだ、と。
里親様には、ただひたすら感謝の言葉しかありません。
エアをこんなにも愛して下さって本当にありがとうございました。


エア
「さよなら」は言わない。
痛みも苦しみも無い世界で、いつかきっとまた会えるから。
いつの日か、里親様やランプくんがその世界に行った時は
迷わないよう、真っ先に迎えに来てね。
エアと出会えて本当に良かった。




エア 2011年8月4日永眠
2009_0905_1.jpg
合掌



スポンサーサイト
Edit  |  23:45 |  お手伝いワン・ニャン  | コメント(10) | Top↑
2010.11/13 (Sat)

ずっと一緒♪ 



昨日はこの子たちの引き出しのお手伝いに!
2010_1112_40.jpg



里親様から引き出しのお申し出を頂いて、
収容期限ギリギリで検疫をお願いした。
しかし、その時点でうす茶の子には感染症の疑いが!
もうねぇ、毎日毎日必死に念を送りましたよ。



何とか乗り切ってくれ~~!って。



たぶん里親様はもっと必死に念を送ったはず。
その願いが通じたのか、
昨日無事に生きてセンターを出てきてくれました!




骨皮筋子になっちゃったけど
2010_1113_1.jpg
あぁ、顔がイケてない(汗)



いいの! いいの!!
生きてさえいてくれれば!


“生きてるだけで丸儲け”


まさにこの言葉通り!
生きてるからこそ、“未来”があるんだから。
本当によく頑張って乗り切ってくれた!

里親様はこの子にこんな可愛い名前をつけてくれました♪




オリーブ ちゃん
2010_1113_2.jpg





そして、もう一頭の茶色の子にはこんな可愛い名前が!




チョコ ちゃん
2010_1113_3_2.jpg





オリーブちゃんとチョコちゃんを収容部屋から引き出す際、
保護ハハはある場面に遭遇した。

同じ部屋に収容されていた検疫中の子犬が、
同じく検疫中の成犬にイジメられてもの凄い悲鳴を上げていた。
すると・・・




2010_1113_4.jpg



分かる?
チョコちゃんが子犬をイジメてる白い成犬に向かって激吠えし、

「やめろーっ!!」

って止めに入ってるの。




チョコちゃん:「アンタ、小さい子をイジメてんじゃないわよ!」
2010_1113_5.jpg
チョコちゃんに後ろからガン飛ばされて、白い成犬が緊張してるのが分かる?




チョコちゃん・・・






















惚れてまうやろーっ!




いや~、シビれました。 感動しまくりました。
優しいえぇ子やわ~、チョコちゃんって。
つーか、間違いなく姐御肌だね。(笑)


そのチョコちゃん。
もう人馴れバツグン!
しかも、姐御肌だから落ち着きがある。

そして、「お手」と「おかわり」が出来る。
オスワリは出来ないんだけど。(笑)
里親様に「お手」と「おかわり」を披露して・・・




「そうか~、オテとオカワリが出来るのか~」
って里親様に口元をムニュムニュされる(笑)
2010_1113_6.jpg





一方のオリーブちゃんは、ちょっとビビリさんかな
2010_1113_7_2.jpg
表情がまだ固い


オリーブちゃんは少しハンドシャイな面も見受けられる。
でも、人嫌いってワケではなく、今はまだ緊張しているだけ。
すぐに人馴れしそうな感じ。
何しろ人馴れバツグンのチョコちゃんが一緒にいるから大丈夫!



オリーブちゃんとチョコちゃんをセンターから引き出した後、
里親様は掛かりつけの病院に直行して下さいました。
安心♪ 安心♪



オリーブちゃんは里親様宅の先住ワンちゃんにソックリだそうです。
それで里親様はオリーブちゃんの写真に目が留まったんです。



2010_1021_18.jpg



オリーブちゃんとチョコちゃんは
同じ日に同じ場所で捕獲されている。
里親様は寄り添っているこの2頭の写真を見て、
オリーブちゃんとチョコちゃんは一緒に暮らしていたのかもしれない。
そう思い、2頭一緒に引き出すことに決めたそうです。


毛色は全く違いますが、顔立ちや体つきが似ていて、
年齢もちょうど同じくらい。
オリーブちゃんとチョコちゃんは姉妹かもしれません。



オリーブちゃん
2010_1113_8_2.jpg




チョコちゃん
2010_1113_9_2.jpg



一緒にセンターに収容され、死へのカウントダウンを刻んだものの、
今こうして2頭一緒に無事に生きてセンターを出ることが出来た。

そして
これからは新たなる未来を歩んでいく。
ずっと一緒に・・・




結果として、
オリーブちゃんもチョコちゃんも恐らく元飼い犬で
野良犬ではなかった。

しかし
野良かもしれない成犬2頭を家族として迎えるというのは
里親様にとっては相当に覚悟のいる、大きな決断だったと思います。
里親様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


そして、今はただ
里親様ご家族のこれからに幸多かれ!
それだけを心から願っています。








★ 応援物資の御礼 ★


2010_1113_10.jpg


2010_1113_11.jpg


里親様より沢山のペットシーツとフード、
それに人間様用のお菓子やサキ用の咥えるオモチャ(笑)、
そしてご寄付を頂きました!
温かいお心遣いを本当にどうもありがとうございます。
大切に使わせて頂きます。



Edit  |  23:55 |  お手伝いワン・ニャン  | コメント(16) | Top↑
2010.09/17 (Fri)

名の如きキミ 



今日は、先日センターから引き出しのお手伝いをした
アポロンに会いに行って来ました。






アポロン : 「 ハロ~♪ 」
2010_0917_1.jpg



もうビックリ!
お届けした時よりも表情がすごく柔らかくなってる。
これってやっぱりアレよね。
愛されてる余裕ってヤツ!?(笑)




アポロン : 「 ボクもママさんを愛してます♪ 」
2010_0917_2.jpg




アポロン : 「 ママさんがどこかへ行くならボクも一緒に 」
2010_0917_3.jpg





アポロン : 「 ママさんが休んでる時は足元で控えます 」
2010_0917_4.jpg





ママさんに撫でられてデレデレのアポロン
2010_0917_5.jpg




ママさんを見つめる瞳はキラキラ~♪
2010_0917_6.jpg



アポロンはすっかりママさんのストーカー。

「 アポロンに監視されてます 」

ママさんはそう言って笑ってました。(笑)




実は、
何を隠そう前を隠そう(笑)、里親様はワンコ飼い初心者。


右も左も全く分からない未知の世界のワンコとの生活。
初めてのワンコがセンターから引き出した成犬。
どんな性格、体調かも分からないアポロン。


ある意味、無謀とも言えるスタート。(苦笑)
でも、ワンコ飼い初心者だけに変な先入観を持つこと無く、
アポロンと素直に真正面から向き合えたんじゃないかな。
何より、里親様はとにかく何事にも前向きで一生懸命。


そうは言ってもアポロンをお届けしてからのこの1週間、
全てが手探りの状態で里親様は本当に大変だったろうし、
不安も大きかったはず。

その里親様を支えてくれたのが、
今回のご縁を繋いで下さった空ママさん。

里親様とご近所ということもあり、またワンコ飼い経験者として
里親様にいろいろとアドバイスをして下さいました。
ありがとうございます!



アポロンを里親様宅へお届けしてから1週間が経ち、
そろそろアポロンも本性を現し始める時期。
ということで今回、
様子見がてら里親様宅を訪問させて頂きました。

もしアポロンが調子ぶっこきマンだったら、
保護ハハがガッツリと喝を入れよう!と。





アポロン : 「 その必要はありませんよ~だっ! 」
2010_0917_7.jpg



えぇ、全くその通りでございました。

アポロンは里親様のストーカーに忙しくて騒ぐこともないし、
先住ニャンコのルナちゃんには毎日おちょくられる始末。(笑)
お届けした日はマーキングが酷かったので心配してたのに、
その日以降は一切マーキングをせず。(外では凄いらしい(汗))
そして何より
フリーで留守番させてもイタズラを全くしない!!


あり得ない・・・


それを聞いて保護ハハは思わずこう言っちゃいましたよ。



「 ポックルと交換して下さい! 」 って。(笑)




ポックル : 「 イタズラ命! 」
2010_0917_8.jpg
コイツがイタズラしない日は無い(泣)





アポロンは推定2~3歳とは思えないほどの落ち着きぶりで
人、ワンコ、ニャンコとも問題なく付き合えるとってもイイ子。

こんなにイイ子がセンターの最終日の部屋に移動するまで
誰からも引き出しの声が掛からなかったのは
やっぱり里親様とご縁が繋がっていたということなんだろうな。




アポロン : 「 縁だよ、縁! 」
2010_0917_9.jpg




アポロンは、残念ながらフィラリア強陽性でしたが
里親様はすぐに治療を始めて下さっています。

チン○ンの先端が炎症を起こしていたため、
里親様が薬用シャンプーで毎日洗って下さっているお陰で
アポロンはフワフワで、センター臭なんてもうすっかり無し。

明日、どデカいタマタマ お宝も奪取する予定。
いや、ホントにデカイのよ。
センターから引き出して我が家でシャンプーした際、
あまりのデカさに 「 腫瘍か!? 」 って慌てたくらいだし。(笑)



お互いに愛し愛され、
心身のケアが行き届き、
幸せオーラが出まくって光り輝いているアポロン。



名前の通り、まさしく太陽の神でした~♪




アポロン : 「 幸せです♪ 」
2010_0917_10.jpg



Edit  |  23:50 |  お手伝いワン・ニャン  | コメント(4) | Top↑
2010.09/11 (Sat)

月と太陽 



昨日センターから引き出したワンコ。
無事に里親様宅へお届けしてきました。




ルナ : 「 何か変なのが来たわ 」
2010_0911_1.jpg



え~、いきなりの登場。(笑)
里親様宅の先住ニャンコさん、ルナちゃん(女の子)です。
里親様ご自身が保護されたニャンコさんです。

ルナちゃんと引き出したワンコの相性が分からないので
上手く一緒に生活できるか。
正直それが心配でした。

ルナちゃんは我が家のナツと同じで(それはいいのか?(笑))
ワンコには物怖じしない性格と伺っていたので大丈夫かな~と。

問題は引き出したワンコの方。
もしニャンコを攻撃してしまうタイプの子だったら・・・








ごた~いめ~ん!
2010_0911_2.jpg


なんか・・・
大丈夫っぽい!?

ルナちゃんが気になるものの、深追いする気配は全く無し。
割りとあっさり派。(笑)

センターから引き出した後、我が家では隔離部屋にいたのですが
保護ハハが気づかないうちにナツが隔離部屋に入り込んでて
ルナちゃんよりも一足早く、ケージ越しにワンコと対面を果たしてました。

でも、ワンコは全く騒がず。
ニャンコに反応する子だったら、ケージ越しであろうと騒ぐはず。
たぶんこの子はニャンコと上手く生活できる子じゃないかと思います。
まずは一安心。

ということで
唐突ですが、ワンコの名前を発表~!




先住ニャンコさんは、ルナちゃん
2010_0911_3.jpg
“ 月の女神 ” という意味



だから、ワンコは・・・










アポロン
2010_0911_4.jpg
“ 太陽の神 ” です!


月と太陽。
ステキな名前でしょ!?
アポロンの笑顔は太陽のように明るいし。
ピッタリの名前です♪





初めての家族写真
2010_0911_5.jpg
顔出しOKの許可は頂いています



今日はお母さんとお兄さん2人がアポロンを迎えてくれました。
残念ながらお仕事の都合で、お父さんとお姉さんがご不在でしたが
アポロンが来るのをそれはそれは楽しみにしていたそうです。

だって
ルナちゃんとアポロンの初対面シーンをビデオに撮っておいてくれ
って頼むくらいだし。(笑)




アポロン : 「 愛されてます♪ 」
2010_0911_6.jpg





今回のこのご縁。
実は、いつも当ブログを応援して下さっている空ママさんのお陰で
繋がりました。
本当にありがとうございます!

今日はアポロンが来るというので
空ママさんとお嬢さん、そして空くんも応援に駆けつけてくれました。




空くん : 「 ハロ~♪ 」
2010_0911_7.jpg
空ママさん、アホ面笑顔を載せちゃいました(笑)


いや~、噂通り、空くん、頭がデカかったッス。(笑)
空ママさんから、空くんは我が家のラクに雰囲気が似ていて
そのうえラク同様、頭でっかちと伺っていたのですが、まさにその通り!




空くん : 「 なんか変なヤツにチン○ン嗅がれまくってるんですけど・・・ 」
2010_0911_8.jpg


空くんはどんなワンコにも好かれる子だそうで、
しかもアポロンもワンコとの付き合い方は心得てる子なので
ふたりはすっかり意気投合!
アポロンにはもう良い友達が出来ました!



仲良く一緒にオヤツを貰うふたり
2010_0911_9.jpg





先住ニャンコのルナちゃんとは上手くやれそうだし、
空くんという仲の良い友達も出来た。
アポロンの未来は明るいです!
これから太陽のようなアポロンの笑顔が
更に光り輝く毎日が待っていることでしょう。

その一方で
アポロンとの生活に慣れるまで、里親様ご家族はきっと大変だと思います。
いろいろな苦労もあることでしょう。

でも
その苦労を乗り越えた時、アポロンへの愛がより一層深まると思います。

まずはアポロン。
マーキングは程々にね。(汗)



アポロン : 「 えへへ♪ まだ とてつもなく 立派なタマタマが付いてるもんで 」
2010_0911_10.jpg



縁あって、新たなる未来へと共に歩み始めた里親様ご家族とアポロン。
その歩みを温かく見守って下さい。







★ 応援物資の御礼 ★


2010_0911_11.jpg


里親様と空ママさんより応援物資を頂きました!
まだまだ食べ盛りの預かりっ子が3頭もいて、
フードの消費量がハンパじゃないので本当に助かります。

写真ではご紹介できませんが
空ママさんお手製のとっても素敵なトレーも頂きました。
保護ハハのために徹夜して作って下さったそうです。(涙)
素敵すぎて、そして勿体なさ過ぎて使えません。
芸術作品として飾っておきます。(笑)

里親様からはご寄付も頂きました。
お心遣いをありがとうございます。
保護犬のために大切に使わせて頂きます。


Edit  |  23:55 |  お手伝いワン・ニャン  | コメント(8) | Top↑
2010.07/04 (Sun)

移動しました! 



ハァ~。
ちょっとバタバタしてPCに向かう時間が全然無かった。
その原因は・・・








「 アタシです 」
2010_0704_1.jpg




1日(木)夜から急に体調を崩し、
飲まず食わずで嘔吐を繰り返し心配しました。

でも、何とか持ち直し、
栄養をつけようとデビフの缶詰を与えたら
それ以降ドライフードには目もくれず、
デビフ缶しか食べないというグルメお嬢様に変身。(笑)



「 舌には自信があります 」
2010_0704_2.jpg




そして今日
無事に預かりさん宅へ移動しました。
今はコチラ ↓ にいます。



みんな友達



約1年ぶりの預かり再開で緊張してまっせ~。(笑)
名前は何になるのかな?
楽しみ~♪(←プレッシャーかけまくりだぜぇい!)




それにしても
茶色子ちゃん(名前が決まってないからこう呼んでた(笑))
結局我が家にいる間は一回も吠えなかった。

というより
全然声を聞かなかった。


それにチョ~きれい好き。
センターから連れ帰る時、クレート内でウ○チをしたんだけど
敷いてあったトイレシートでキレイにラッピング。
後はゴミ箱に捨てるだけって感じ。

トイレシートでオシッコする時も
オシッコが自分の足元に広がって濡れそうになると
脚を上げてよけるし。



「 清潔第一! 」
2010_0704_3.jpg




大人しくて全然手がかからないと~っても良い子♪
環境が変わって緊張してたせいもあるだろうけど
とても推定1歳とは思えない落ち着きがあって
茶色子ちゃんの周りだけ穏やかで優しい空気が流れてる感じ。



こんなに良い子の茶色子ちゃんを一生大切にしてくれる
本当の家族が見つかることを心から願っています。


これから茶色子ちゃんへの応援もよろしくお願いします!



「 ヨロシクです♪ 」
2010_0704_4.jpg



Edit  |  23:45 |  お手伝いワン・ニャン  | コメント(0) | Top↑
2009.09/05 (Sat)

新たなる旅立ち 



昨日、センターから引き出したワンコ。




朝からウンチもりもりで絶好調♪
2009_0905_1.jpg




引き出しの際、車内で脱走を図ったり、ケージからも脱走するお転婆娘よ♪(爆)
2009_0905_2.jpg






なぜ里親様はこの子の引き出しを希望されたかというと・・・








ランプ : 「 ボクに似てるからだよ♪ 」
2009_0905_3.jpg





そう、里親様宅の先住ワンちゃん、ランプくん(♂、2歳)に似ているから。

ランプくんも保護団体から譲り受けた元保護犬です。

ランプくんは子犬時代、千葉県で捕獲されて保護団体に保護されました。

子犬と成犬の違いこそあれ、同じ千葉県出身で容姿も似ていることから

どうしても他人事とは思えず、里親様は引き出しを決意されました。




ランプ : 「 ボクが命の恩人(犬)なのさ♪ 」
2009_0905_4.jpg






そして今日。

早速、里親様宅へワンコをお届けしてきました。





ランプくんとご対面
2009_0905_5.jpg
左側がランプくん





いや~、この写真を撮るのは大変だった。

何しろ2頭ともテンションの高さが同じ。(笑)

少しもじっとしててくれないから、2頭揃っての写真が全然撮れない。

2頭とも片耳が垂れてて似てるでしょ!?

垂れてる耳は逆だけど。




ランプくんはテンションが上がりすぎて舌デロ~ン(笑)
2009_0905_6.jpg






ランプくんがご縁で繋がった命。

今日から里親様宅の家族の一員として新しい犬生がスタートします!

お届け後の様子を里親様が早速メールして下さったのですが、

ランプくんのことをウザがって里親様にべったりだそうです。(汗)

ランプくん、頑張れ~!

里親様ご家族に幸多からんことを心から願っています。



なお、ワンコの名前は エア になります。





幸せになります!
2009_0905_7.jpg








★ ご寄付の御礼 ★

里親様よりご寄付を頂きました。

温かいお心遣いをどうもありがとうございます。

今後保護する子たちのために大切に使わせて頂きます。





Edit  |  22:25 |  お手伝いワン・ニャン  | コメント(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。