2007.10/15 (Mon)

インディー(旧:ブッチー)正式譲渡 



バタバタしてご報告が大変遅くなりました。

9月1日からトライアルに入ったインディー(旧:ブッチー)。

とうの昔に正式譲渡になっています。(汗)

この度、畜犬登録も済み、名実共にインディー(旧:ブッチー)は里親様宅の家族、

正真正銘のセレブお嬢様となりました!



おめでとう!!!




里親様よりインディー(旧:ブッチー)の近況報告を頂いていますのでご紹介します。

以下、里親様からのメールです。




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




インディーは益々快調ですが最近食事に贅沢を言うようになって来てしまいました。
ドライだけではお腹が空いても食べようとしなくなり猫缶を少し混ぜると
食べてくれます。
今までの子達もこうやってスポイルしてしまっていたんだと反省しております。


毎日朝夕には隣のジョディと庭を駆け回っていますが最近は走っている
ジョディ(体重20kg以上)に飛び掛って倒してしまい上に乗っかってしまうほど
過激なのでジョディが怒らないかと心配になってしまうほどです。
でもジョディは大事な友達と思っているらしく時々当たり所が悪く
キャンと声を出す事も有りますが絶対に怒りません。


家の中では猫のラジャーとの格闘に明け暮れていて頭からかぶりついたり
足をくわえて振り回したりしていますが、ラジャーもうれしそうに相手していますし
ラジャーから仕掛けることもあります。
そんなわけでインディーは格闘少女に変身しつつあります。


散歩の時は常に鼻ズラを地面に擦りそうにして前後左右に激しく歩き回るので
鼻がすりむけないかと思わず鼻を点検してみますが大丈夫のようです。


最近はこちらが居ない時は爆睡しているらしく見に行くと目をショボショボさせて
出てきます。
なぜか履物が好きで靴下やスリッパがソファーの上にあることが有りますし
少し齧られた跡があることも有ります。
豚の皮を干した骨みたいなおもちゃが大好きで熱心に齧っています。


常にフレンドリーなインディーですが、ゆりとだけはゆりが嫌がって相手をしないので
お互い無視といった感じです。  
ゆりも13歳にもなると偏屈でインディーがチャカチャカしているのが鬱陶しいらしく
部屋でも一緒にいたがらず一日中事務所にばっかりいます。


今の課題は呼んだらすぐくるようにすることと散歩の時に引っ張らないことですが
なかなか難しそうです。
少しずつ進歩はしているようですがすぐ忘れてしまうようです。





お嬢様の余裕の微笑み
2007_1015_indy_1.jpg




猫のラジャーちゃんとも仲良し
2007_1015_indy_2.jpg




インディーに寄り添って寝てるラジャーちゃんが可愛い!
2007_1015_indy_3.jpg




揃えて持ってるお手々がちょっとお嬢様っぽい?
2007_1015_indy_4.jpg





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~





えぇ~っと・・・・・

“ 格闘少女 ” って何でしょう???(汗)

インディー(旧:ブッチー)はセレブお嬢様になったはずじゃ・・・・・

セレブお嬢様の別名ですか!?(爆)

はぁ~、インディー(旧:ブッチー)はお嬢様になっていい気になってますね。

お嬢様とは正反対の方向へ邁進しています。(^^;)




でも、本当の家族になれたので安心したのでしょうね。

以前は緊張からか、里親様宅でなかなか熟睡することが出来なかった

インディー(旧:ブッチー)が今は熟睡どころか爆睡している。

本当の家、家族を見つけて心から寛げるようになったんですね。

でも、寝起きのインディー(旧:ブッチー)ってブサイクですけど。(^m^)




そして、インディー(旧:ブッチー)は相変わらず “ 噛み様 ” のようで。(汗)

我が家にいた時もタラお気に入りのベッドを齧りまくってたし、



“ 噛み様 ” の所業
2007_1015_1.jpg




我が家を卒業する前日にも素晴らしい置き土産を残してくれました。



本邦初公開!  芸術的なダイニングの椅子の足
2007_1015_2.jpg





インディー(旧:ブッチー)の筋金入りの “ 噛み様 ” 精神は、

コイツがしっかりと受け継いでいるから安心してね!(泣)




すず : 「 えへっ♪  噛み様の所業を更に進化させてます! 」
2007_1015_3.jpg






センターの最終日の部屋から自身の力で生き残ったインディー(旧;ブッチー)。

自分の力で最高のブッ太い赤い糸を手繰り寄せる離れ業まで見せた。

自分の運命、幸せは、自分自身の力で掴むものだと身をもって教えてくれた。

インディー(旧:ブッチー)は不本意にもセンターに収容されてしまった子たちの

希望の星だよ!




悲しいけれど、これからもセンターに収容されてしまう子たちがいる。

その子たちを照らす一筋の希望の光となるよう、

眩いまでの光を放ちながら新たなる犬生を思う存分謳歌してね。

いつまでもその陽気さを失わず、晴れやかな笑顔を浮かべて笑っていてね。

そして、里親様ご家族をその明るさで包み込んで幸せにしてね。

インディー(旧:ブッチー)が愛情溢れる中、幸せ一杯であること。

保護ハハはただひたすらそれだけを祈ってる。




インディー : 「 今まで応援をありがとうございました! 」





スポンサーサイト
Edit  |  23:40 |  保護ワン ブッチー  | コメント(3) | Top↑
2007.09/01 (Sat)

ブッチーお届け 



本日、ぶちぶちブッチーを里親様宅へお届けしてきました。




ブッチー : 「 どこ行くの??? 」
2007_0901_1.jpg





相変わらず車の中では大人しいぶちぶちブッチー。

しかし、お約束通り今日も高速道路の料金所では愛想を振りまきまくり。

1回だけ料金所のおじさんが 「 おっ! 可愛いワンちゃんだねぇ 」 と。

まぁ、ぶちぶちブッチーが必殺技の愛想笑いで無理矢理言わせたって感じ!?(笑)




ブッチー : 「 当然でしょ!? 」
2007_0901_2.jpg





里親様宅に到着すると、お見合いで一度来たので覚えていたのか、

いきなり我が物顔で家の中を歩き回るぶちぶちブッチー。

そんなぶちぶちブッチーを里親様ご夫妻はニコニコ顔で出迎えて下さいました。

今日はぶちぶちブッチーが来るということで、わざわざお嬢様もいらして下さいました。

お嬢様は保護ハハ達より少し遅れて到着されたのですが、そのお嬢様の姿を見るなり、

ぶちぶちブッチーはとても初めて会う人に対しての態度とは思えないほど

大喜びのハイテンションでお出迎え。



掴みはオッケー!!です。(笑)




ご家族全員が揃ったところで、初めての家族写真を広~いお庭で撮影させて頂きました。




2007_0901_3.jpg
顔出しOKの許可は頂いています





皆さん、とっても良い笑顔でしょ!?

本当はもっと笑顔満開の写真もあるのですが、それは保護ハハの宝物ってことで。

ぶちぶちブッチーの舌がベロンチョになっているのは、

この写真撮影の前に広~いお庭をずーーっと駆け回っていたから。

それはそれはルンルンで楽しそうでございました。

あっ、もちろん今回は脱走は無し!(爆)





里親様はご自宅の敷地内に事務所を構えてお仕事をされています。

ワンコは家も事務所も出入り自由ということで、お留守番が全くありません。

しかも、広~いお庭を独り占めしていつでも駆け回れます。

ぶちぶちブッチーにとっては最高の環境です。

やっぱり保護ハハが里子になりたい・・・・・




そして、気になるぶちぶちブッチーの新しい名前!

それは・・・・・




『 インディー 』    です!




カッコイイ名前でしょ!?

里親様はABCのアルファベット順でワンコに名前を付けているそうです。

今年5月に亡くなったワンコの名前は 「 ヒーレー ( HEALEY ) 」 くん。

頭文字が 『 H 』 で始まる名前だったので、次に飼うワンコ、

つまりぶちぶちブッチーは 『 I 』 で始まる名前を、といろいろ考えたそうです。

その結果、『 インディー ( INDY ) 』 に決定! ( 里親様、スペル合ってます? )

もう小っ恥ずかしい 「 ブッチー 」 なんてヘボい名前じゃありません。(爆)

名前も正真正銘のお嬢様になりました!




ブッチーが里親様宅の5頭の猫ちゃん達と上手くやっていけるのか

まだまだ不安は残りますが、そこは犬猫の飼育経験が豊富な里親様。

間違いなく上手く対処して下さることでしょう。

安心してブッチーをお任せしてきました。

里親様の下で “ あかるい未来 ” を歩き始めたブッチー改め、インディー。

無事トライアルが終了し、皆様に正式譲渡のご報告が出来ることを心から願っています。





Edit  |  22:50 |  保護ワン ブッチー  | コメント(4) | Top↑
2007.08/31 (Fri)

光り輝く未来へ 



今日は朝早くからぶちぶちブッチーをシャンプー。

明日のお届けに備えてキレイにしておかなくちゃね。

何しろお嬢様になるんだから。(笑)




ブッチー : 「 うっふ~ん♪ お嬢様の悩殺ポーズはいかが? 」
2007_0831_1.jpg




こらこら~、真のお嬢様はそんなはしたない格好はしないぞ~!




ブッチー : 「 じゃ、これはどう? 」
2007_0831_2.jpg




こらこら~、真のお嬢様はオッサン座りはしないぞ~!




ブッチー : 「 ふぁ~、お嬢様っていろいろ大変なのね 」
2007_0831_3.jpg




こらこら~、真のお嬢様は常に涼やかな笑顔を浮かべてなくちゃダメだぞ~!




ブッチー : 「 こんな感じ? 」
2007_0831_4.jpg




そうそう、その調子!




ぶちぶちブッチーはその輝くような明るい笑顔で生き残った。

自分の運命を自分自身の力で切り拓いた。

保護ハハはそんなぶちぶちブッチーに教えられることがたくさんあったよ。




明日からは自分で切り拓いた “ あかるい未来 ” を歩むぶちぶちブッチー。

ぶちぶちブッチーにとっても、里親様ご家族にとっても喜びに満ち溢れた未来であることを

心から祈ってる。




自分自身の運命を、そして里親様ご家族を太陽のような明るさで照らすべく、

明日ぶちぶちブッチーは我が家を巣立ちます。




ブッチー : 「 トライアル頑張ります! 」
2007_0831_5.jpg





Edit  |  23:15 |  保護ワン ブッチー  | コメント(4) | Top↑
2007.08/30 (Thu)

待つオンナ 



以前、ぶちぶちブッチーは外飼いだっただろうな。

我が家に来た当初、そう思えるフシが多々見受けられた。




保護当初、ぶちぶちブッチーをリビングの一角に隔離して様子見していた。

すると、何でもない生活音にとてつもなく驚く。

例えば、TVをつけるとその音に飛び上がるほど驚いてTVを不思議そうに凝視したり、

台所の水道やガスの音にさえも目を丸くして驚く。




ブッチー : 「 何だか聞いたことない音がする・・・ 」
2007_0830_1.jpg





センターから一般家庭に移り、新しい環境に変わっていろいろな事に慣れていない

という事情を差し引いても、驚き方がちょっと異常。

恐らく今までは外飼いで、室内飼いであればごく当たり前の日常の生活音が

ぶちぶちブッチーにとっては初めての経験ばかりだったのだろう。

そんなぶちぶちブッチーも、1週間の隔離生活で日常の生活音にすっかり慣れた。




人間との接し方にも外飼いだったフシが見受けられる。

例えば、保護ハハが床に寝転がったとする。

すると、ぶちぶちブッチーはどうするか?

答えは、コレ




2007_0830_2.jpg






保護ハハから離れた場所でヘソ天し、構ってもらえるのを待っている。

自分から近づいて来て甘えることは一切ない。

ただひたすら 「 待つ 」 だけの受け身なのである。

これにはかなり驚いた。

なぜなら、普段のぶちぶちブッチーは積極的なイケイケ娘。

当然の如く人間への接し方もイケイケで、ベタベタの甘えん坊だとばかり思っていたから。




恐らく以前は外飼いで、人間と接するのは人間が自分の傍にやって来た時だけ。

人間本位の接し方しか知らないのかもしれない。

室内飼いであれば、好むと好まざるとに関わらず、いつでも人間と接することが出来る。

「 待つ 」 必要は無いのである。




で、保護ハハはどうしたか?

そりゃもちろん、甘えん坊さんに変身させちゃいましたよ~ん!

保護ハハが寝転がっても寄って来ないので、「 おいで~ 」 とぶちぶちブッチーの体を

無理矢理保護ハハの方へ引き寄せる。

すると、ぶちぶちブッチーは予想もしない展開に緊張のあまり体を強張らせ、

「 えっ!? いいの? ホントにいいの? 」

そんな声が聞こえてきそうなほど、もじもじクン&おどおどクン全開の挙動不審。(笑)




ブッチー : 「 い、いいのかな・・・・・? 」
2007_0830_3.jpg





そんなことを何度となく繰り返していたら、ぶちぶちブッチーも徐々に理解してきたらしい。

「 自分から人間へ接してもいいんだ 」 って。

保護ハハが床に寝転がると遠慮がちに近寄ってきてペロペロ。

まだちょっとぎこちないものの、保護ハハに体を預けることも覚えた。




まだヘソ天して受け身の部分も多少残ってるけど、

今は 「 ただひたすら待つオンナ 」 ではないことは確か。

ぶちぶちブッチーには耐え忍ぶ演歌は似合わない。

やっぱりどこまでもカラッと明るい腰フリ全開のサンバでいかないとね♪




ブッチー : 「 フリフリ全開でいくわ~♪ 」
2007_0830_4.jpg





Edit  |  23:59 |  保護ワン ブッチー  | コメント(6) | Top↑
2007.08/29 (Wed)

舞妓は~ん 



ぶちぶちブッチーの顔、特に口元を見るといつも思う。

「 舞妓はん 」 だなって。




2007_0829_1.jpg




舞妓はんのように白塗りにおちょぼ口のような紅を差した口元でしょ!?




立ち耳バージョン
2007_0829_2.jpg




おおっ!

立ち耳だとちょっと顔がキリッとして可愛いんでないかい!? ( ←立ち耳好き(笑) )




逆サイドバージョン
2007_0829_3.jpg




逆サイドは口元にセクシーぼくろがあるのさ~。

M.モンローとかマドンナみたいな感じ!? ( ←例えが古っ!(^^;) )

男を惑わすセクシーぼくろ。

男じゃなく、里親様を惑わせちゃったのね~!(笑)




ぶちぶちブッチーは口元だけでなく、目も右と左じゃアイラインの有る無しで感じが違う。

1粒で二度おいしいって顔。

まっ、結局何でも可愛いってことさっ!





白目むき出しで爆睡中
2007_0829_4.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


せっかく褒めたのに・・・・・


前言撤回!






Edit  |  23:50 |  保護ワン ブッチー  | コメント(0) | Top↑
2007.08/28 (Tue)

納得いかない・・・ 



点(旧:テン)の里親様が、そら・タラ・ブッチーにとオヤツを送って下さいました!



2007_0828_1.jpg




オヤツの中に 「 タラ 」 があったので、タラに共食いさせますね。(笑)

お気遣い頂き本当にどうもありがとうございます。




ブッチー : 「 ありがとう! 食べ尽くして心置きなく嫁に行きます!」
2007_0828_2.jpg





同封されていたお手紙によると、

この間の日曜は夏休み最後の日曜だったので、ご家族全員で秋川渓谷の上流へ

川遊びに行かれたそうです。

そして何と・・・・・



点(旧:テン)は川で泳いだそうです!!!



川に浮かぶオヤジ顔。

想像しただけで笑える。(^^;)







そういえば、点(旧:テン)は車酔いを克服したのかな?

ちなみに、ぶちぶちブッチーは全く車酔いしない。

それはセンターから引き出した時に分かった。

最初は後部座席に置いたキャリーの中でずーっとウロウロ、ウロウロしてたので

「 あぁヤバイ、もしかして吐くかな!? 」 と心配してたんだけど。

我が家までの1時間強の道のりの最後には後部座席が妙に静かに。

「 おかしいな 」 と思って振り向いてみたら・・・・・



横になってガーガー爆睡しているぶちぶちブッチーの姿が!!



コイツ、太っ腹・・・・・あっ違った、神経ず太いタイプだわ、と妙に感心した。(笑)




ブッチー : 「 失礼ね! 私は繊細よーーーっ! 」
2007_0828_3.jpg





先日の里親様宅でのお見合いでも長時間車に乗ることになったけど全然平気。

騒ぐでもなく後部座席でずっと大人しく寝てた。

たま~に起き上がってオスワリし、窓の外に映る景色を眺めたりなんかして。

全然手がかからず、車に乗せるのはとっても楽チンなぶちぶちブッチー。




ブッチー : 「 だってワタシは深窓のご令嬢 」
2007_0828_4.jpg





我が家のオンボロ車にはカーナビどころかETCさえも付いていないので(汗)、

高速道路の料金所ではもちろん 「 一般 」 ってゲートに入って高速料金を支払う。

先日の里親様宅でのお見合い時も何回か料金所を通過した。

走行中は後部座席で大人しく寝ているぶちぶちブッチー。

料金所で支払いをする度に、「 何? 何?? 何??? 」 と慌てて起き上がり、

後部座席から身を乗り出して様子を伺う。

そして、魔性のオンナぶりを遺憾なく発揮!

料金所のおじさんに愛想を振りまくのを忘れない。




ブッチー : 「 おじさん、ビンボー保護ハハのために高速料金を負けて! 」
2007_0828_5.jpg





料金を支払うと、大抵おじさんが 「 お疲れ様です 」 とか 「 ご苦労様です 」

と一声掛けてくる。

その時に後部座席からキラキラ光線を発しているぶちぶちブッチーに気付くらしく、

「 おっ! ワンちゃんがいる! ワンちゃんもご苦労様♪ 」

たまたま犬好きのおじさんばかりだったからかもしれないけど、

里親様宅から我が家に帰るまでに通過した料金所では必ずこう言われた。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ぶちぶちブッチーは全然苦労してねぇーーーっ!!

保護ハハが必死で運転している最中、コイツはずーーーっと爆睡してるだけ。

それも里親様宅の広い庭ではしゃぎ回ったり、脱走騒ぎを起こして疲れたから。(爆)

心身ともに本当にお疲れなのは保護ハハの方なのだーーーーーっ!!




こう叫びたい衝動に何度も駆られたが、それは出来ない。

だってぶちぶちブッチーは優雅に後部座席でおネンネ。

保護ハハは必死こいて運転。

どこをどう見ても、ぶちぶちブッチーのお抱え運転手なのよ、保護ハハは。(泣)

う~む、納得いかない・・・・・




ブッチー : 「 私の下僕として一緒に嫁入りする? 」
2007_0828_6.jpg







Edit  |  23:59 |  保護ワン ブッチー  | コメント(6) | Top↑
2007.08/26 (Sun)

魔性のオンナ 



センターに収容され、明日は殺処分という部屋にいたぶちぶちブッチー。

しかし、愛嬌の良さとピカピカの笑顔でセンター職員を虜にしてしまい、

「 この子は譲渡できる! 」 と見込まれ検疫部屋へ移動。

そこで、センターの見学に行った保護ハハとうっかり(?)遭遇。

節操の無い ツルッパゲ 腹見せ自慢を目の当たりにし、保護ハハまでもが虜に。(笑)

で、気が付けばいつの間にか我が家に居候。

あらゆる人間を瞬時に虜にしてしまうオンナ、それがぶちぶちブッチー。

実は魔性のオンナなのかも!?



ブッチー : 「 みんなこの笑顔にイチコロね♪ 」
2007_0826_1.jpg





じゃ、今度は誰を虜にするんだ???

ってことで、次に虜になったのは・・・・・

そうです!




ぶちぶちブッチーの里親様決定です!!!




ひゃっほ~!  さすが魔性のオンナ。

あっという間に本当の家族を見つけました!




里親様はご夫婦だけのご家族。  ご結婚されたお嬢様も近くにお住まいです。

里親様は30年に渡り計7頭のワンコを飼い、全て最期まで看取っています。

今年5月、保護したワンコを甲状腺癌で亡くされ、現在ワンコはいません。

ワンコだけでなく、野良や保護したネコちゃん達も多数飼っていて

現在は5頭のネコちゃんがいます。

保護ハハなど足元にも及ばないほど犬猫の飼育経験が豊富なご家族です。




里親様は本来大型犬が好きで、アフガン・ハウンドの多頭飼育などもされていたのですが、

年齢を重ねるにつれ、大型犬を看取る際の体力面に自信がなくなってきたことから、

自分達が責任を持って最期まで看取れる中型犬以下の犬を・・・ということで探され、

ぶちぶちブッチーに目を留めて下さいました。

応募の際、里親様は 「 純血種や血統には全くこだわりません 」 とのことでした。

いやいや、それは仰らなくてもよ~く分かります。

だって、ぶちぶちブッチーはどこをどう見ても 「 雑種 」 。

純血種や血統にこだわる方は、まず応募してこない風貌ですから。(笑)




ブッチー : 「 正真正銘、イケイケの雑種です! 」
2007_0826_2.jpg





里親様宅のネコちゃん達はずっとワンコと共に生活し、今までワンコとのトラブルは無い

とのことでしたので全く心配していませんでしたが、問題はぶちぶちブッチー。

恐らくネコとの生活は初めてで、どういう態度を示すのかがイマイチ不明。

そこで昨日、里親様宅のネコちゃん達との相性などを確認するべく、

ぶちぶちブッチーを連れて里親様宅を訪問させて頂きました。




里親様宅に通され、大きな窓に映る広~~い芝生の庭を目にしてまず唖然。

そして、ふと庭の隅にあるモノに気が付き、目が釘付け。

も、もしやあれは・・・・・

プール!?




「 ここは私の家よ! 」 と言わんばかりに広い庭で悠然とオシッコをするブッチー
2007_0826_3.jpg





保護ハハ、ブッたまげです!!!

ぶちぶちブッチーじゃなく、保護ハハが里子に行きます!

ぶちぶちブッチーに成りすまし、何食わぬ顔で生活させて頂きます!(笑)

いや~、ビックリです。

保護ハハ、浮かれまくってしまいました。(^^;)




ぶちぶちブッチーのネコちゃん達に対する反応も問題なさそうだし、

ぶちぶちブッチーはすでに我が物顔で里親様宅を歩き回って探検しまくり。

何よりぶちぶちブッチーのことを里親様ご夫妻が大変気に入って下さいました。

広~~い庭ではしゃぎまくるぶちぶちブッチーを嬉しそうに目を細めながら

ひたすらデジカメで動画撮影する里親様。

と、思ったら・・・・・



ぶちぶちブッチー、いきなり庭から脱走!!!



庭で走り回っていたと思ったら、忽然と姿が消えました。

慌てて皆で庭じゅうを探していたら、里親様宅前の道路から満面の笑みでこちらを見つめ

「 ちょっと遊びに行ってくる! 」 とばかりに悠然と去って行くぶちぶちブッチーの姿が!

サンダル履きのまま必死でぶちぶちブッチーを追いかける奥様。

保護ハハはオヤツで釣ろうと家の中へ戻り、オヤツを持って追いかけようとしたところ

奥様がぶちぶちブッチーを抱きかかえて戻って来ました。

「 名前を呼んだら止まってくれました! 」



『 ブッチー 』 なんて小っ恥ずかしい名前にしなきゃ良かった・・・



保護ハハは心底後悔しました。

ぶちぶちブッチーは、どうも閉めておいた柵の隙間から脱走したようです。

里親様宅は閑静な住宅地にあり、車はあまり通らないので轢かれずに済みました。

良かったよ~!  無事に戻って来てくれて!!(号泣)

安心するとともに、保護ハハは冷や汗ダ~ラダラ。

お願いだから脱走の実演は勘弁してくれ!!




ブッチー : 「 えへっ♪ ちょっと調子に乗りすぎちゃった 」
2007_0826_4.jpg





図らずも脱走騒ぎがあったことで、里親様も脱走の危険を実感されたようです。

今後は細心の注意を払って下さることと思います。

「 災い転じて福と成す 」 といったところでしょうか。

でも、何か素直に喜べない。(^^;)




まっ、そんなこんなでいろいろなことがあった ( ありすぎ! ) お見合いですが、

めでたく里親様決定と相成りました。

センターに収容され、もしかしたら今はこの世に無かったかもしれない命。

それが望まれてとんでもない玉の輿に乗ることになりました。

運命というのは本当に分からないものです。

魔性のオンナの成せる技でしょうか!?(笑)

なお、お届けは9月1日を予定しています。




ブッチー : 「 ワタシ、お嬢様になりま~す! 」
2007_0826_5.jpg





Edit  |  22:15 |  保護ワン ブッチー  | コメント(28) | Top↑
2007.08/24 (Fri)

経済観念 



以前、留守時や就寝時はぶちぶちブッチーをサークルに入れていたけど、

今はずっと室内完全フリー。

ぶちぶちブッチーは 『 噛み様 』 なので、最初に室内フリーで留守番させた時、

家に帰るのはもうハラハラ、ドキドキ。

家の中がとんでもないことになってるんじゃないか、と。



で、家に帰ってきたら・・・・・

あ~らビックリ!!  ぜ~んぜん何とも無い。

あっ、もちろん大雪は降らせてるけどね。 ( オモチャの綿出しのこと )

柱や壁や家具を噛んだり、ゴミ箱を漁ったりなどのイタズラは全く無し!

留守中はただひたすら綿出しに精を出しているだけらしい。

保護ハハ、ちょっと拍子抜け。



ブッチー : 「 んっ!?  腰抜け!? 」
2007_0824_1.jpg




オモチャの綿出しも、とにかく綿が出せれば満足するらしく、

ぶちまけた綿をオモチャに詰め直してオモチャ箱に戻しておくと、

それをまた引っ張り出してきてブンブン振り回した後、またまた綿出し。

これを延々と繰り返す。  ケチな 保護ハハとの不毛な戦い。

ぶちぶちブッチーのために100均で綿入りオモチャを大量購入したけど、

そんなこんなで結局使ってるオモチャは今のところ2個だけ。

まぁ何て経済的!




保護ハハがいる時でも構わず早業で破壊していたタラのベッド。








1週間で陰も形もなくなると読んでいたのに、結果はコレ。





2007_0824_2.jpg






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ネズミか!?

我が家にはネズミがいるのか???



ブッチー : 「 別名 『 ネズミ 』 で~す! 」
2007_0824_3.jpg




何じゃ!?  このしみったれた破壊の仕方は!?

やるならやるで、もっと豪快にやれ!!

中途半端な噛み方なので買い替える必要もなく、まだ充分に使える。 ( ケチ!(笑) )

これまた経済的。




ぶちぶちブッチーは経済観念が高いのか。

それとも、状況判断が鋭いから保護ハハがビンボーだと悟ったのか。

家計に優しいイタズラになるよう、一応気を遣っているらしい。

気を遣われて嬉しいような、悲しいような・・・・・



ブッチー : 「 経済観念が高く、気配りもデキるオンナなのさ!」
2007_0824_4.jpg





Edit  |  23:45 |  保護ワン ブッチー  | コメント(4) | Top↑
2007.08/23 (Thu)

進歩 



日々進歩を遂げるオンナ。

それは、ぶちぶちブッチー。



にゃは!
2007_0823_1.jpg




この間まで、散歩のオヤツタイムは 「 辛抱たまりません! 」 状態で

いつもそらやタラの分も隙あらば横取りしようとしていたのに。

今じゃすっかり余裕のよっちゃんイカ。 ( ← 子供の頃、すんげぇ好きだった )

「 マテ! 」 とコマンドを出せば、ソワソワしたり後ずさりすることなく

じーーーーっと待っていられる。

ってことで、こ~んな写真も撮れるようになった。



白っ子チームのツーショット!
2007_0823_2.jpg




ちゃ~んと同列に並んでオスワリして待ってるでしょ!?

まぁ、コイツのことは置いといて。



タラ : 「 どうせ僕は茶色っ子・・・・・イジイジ 」
2007_0823_3.jpg





そんなタラをなだめすかしてやっと撮れた貴重なスリーショット!!





2007_0823_4.jpg





両端の2頭・・・・・

バカ丸出しだな。( ボソッ )





Edit  |  22:45 |  保護ワン ブッチー  | コメント(10) | Top↑
2007.08/22 (Wed)

三文字 



以前、ぶちぶちブッチーを引き出した日のセンターの様子をご紹介しました。  

その時の記事は、コチラ

これを見たチロママさんが、収容されている2頭を引き出して下さいました!



ルノ ( ♂ )




マール ( ♀ )




私が撮ったセンターでの写真とは別犬のように穏やかな表情の2頭を

是非チロママさんのブログでご覧下さい。

チロチロ日記 ~ブログ編~



もしかしたら今はこの世には無かったかもしれない命。

でも、チロママさんのお陰でこの2頭はガス室に送られることなく、

“ あかるい未来 ” へのスタートラインに立つことが出来ました。

これからこの2頭の犬生が光り輝くよう、そして素敵な里親さんが見つかるよう

応援をよろしくお願い致します!







さてさて。

我が家で 暑苦しいまでに無駄に 光り輝いているぶちぶちブッチー。

そんなぶちぶちブッチーを一言で言い表すならば・・・・・






2007_0822_1.jpg








ついでに、そらは・・・・・







2007_0822_2.jpg








でもって、タラは・・・・・







2007_0822_3.jpg






たった三文字で全てが言い表せてしまうコイツらって一体・・・・・





Edit  |  23:25 |  保護ワン ブッチー  | コメント(6) | Top↑
 | HOME |  NEXT